excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:フランス紅茶( 504 )

新しい紅茶『Saint Sébastien : サン・セバスティアン』のご用意ができました。

サン・セバスティアンは、フランスとの国境に近いスペインのバスク州にあるとても素敵な街です。


f0038600_23401824.jpg



キラキラ光る美しい海。たくさんのイヴェントが開催される賑やかで楽しい界隈。そして、バスクの素晴らしい美食の文化。

温暖で過ごしやすく快適で、まるでパラディのようなこの街に似合う、もちろん、おいしいピンチョス!にも合うように、爽やかで軽い風味の紅茶(OPタイプ)をご用意しました。


ワインにたとえると、白ワインのような口当たりのよさと微かに感じるフルーティな風味は、春から秋にかけての季節に特におすすめです。(ミルクティにはあまり合いませんので、ぜひストレートでお楽しみください。もちろん、アイスティにも最適です)



f0038600_23402571.jpg


f0038600_23423397.jpg


f0038600_23404783.jpg


f0038600_23410061.jpg


f0038600_23403621.jpg




f0038600_10464680.jpg


by enchan-the | 2019-07-27 22:22 | フランス紅茶

長々と雨の季節が続いていますが、やっと!太陽が顔をだしてくれました。

それだけで、気分もぐんぐん上がり気味です。


赤坂まで行ってきたので、都会のオアシスにて、ルイボス・オランジュリー ビオのアイスティを。
雨上がりの湿度の高さには、オレンジの香りがフレッシュで冷たくておいしくて〜!生き返りました。


おいしい上にミネラルもたっぷり入っているのがルイボスティの優れたところ。夏のパートナーにおすすめです。


f0038600_15434923.jpg

そろそろ夏らしい暑さもやってくるようですね。
ルイボスティでの暑さ対策!! どうぞお早めに。


ルイボスジャンジャンブル・シトロン』のティーバッグも出来上がりました。
ジンジャーとレモンの組み合わせは、私たちのお気に入り。こちらもぜひ、お試しください。



こちらもまた夏の楽しみ、 尾花沢すいか。↓
忘れた頃のふるさと納税!スバラシイ・サプライズです。(去年末に申し込んでいたのをすっかり忘れていました) 昨日、会社に持って行って今年初の尾花沢すいかをみんなで楽しみましたが、まだ3個ある!さらに、5Lか6Lサイズを何個か頼んでいたことも思い出し。。。♡

小玉なら一日1個。^^; くらいのスイカ好き。
やっぱり他のすいかと全然違う!尾花沢すいかのレベルの高さにうっとりしています。


と、書いていたところで、スイカのアンフュージョン。
夏には夏の楽しみが欲しいですからね。来年こそは準備したいと思っています。


f0038600_19103620.jpg


どうぞお楽しみに。




by enchan-the | 2019-07-23 18:06 | フランス紅茶

7月14日を過ぎると....フランスでは本当に!多くの人がヴァカンスへ旅立ってしまいます。


毎年、3週間も4週間もお休みして、よく回るなあと感心しつつ、山や湖や海辺からのテンション高めのメッセージを受け取って楽しい連休明け。 こちらはまだまだ、選挙もあるし、夏休み前にやりたい仕事もたくさんあるし。少しづつ侵されそうなヴァカンス熱に気をつけなければ!^^;



f0038600_22201707.jpg


数日前の日経新聞に『ヴァニラの香りの成分に痛みや筋肉の緊張を和らげる沈痛作用がある』ことをマウスを使った実験で確かめたという医療研究チームの記事がありました。

かねてから、ヴァニラの香りには、リラックス作用があると言われていますが、神経系への影響を科学的に確認したのは初めてだそうです。
ストレスによる頭痛や肩こりなどを軽減するのに、役立ちそうとのこと。うれしいですね!


ENCHAN-THÉの『ヴァニラ シャンティイ』。フランスに数あるヴァニラの紅茶の中でも、とびっきりの高級ヴァニラを使用した、とてもオススメの紅茶です。

ノンカフェインでは『ルイボス ヴァニーユ』をご用意しております。こちらもルイボスならではの穏やかさに加えたヴァニラの香りにリラックス作用は高いかと思います。


不安定なお天気が続くこの季節。ヴァカンスに向けてもエネルギーを充電させないといけませんから(笑)、おいしい香りのヴァニラのお茶でたっぷりとリラックスを。ホッとできる心地よいお茶の時間をぜひお楽しみください。


f0038600_22365166.jpg


Bonne semaine !!







by enchan-the | 2019-07-16 22:22 | フランス紅茶

ぐずぐずの梅雨空のおかげで、肌寒いくらいの過ごしやすい日が続いていますね。


こちらが涼しいと、ヨーロッパは大変な暑さというパターンの通り、フランス方面は、夏を超えるくらいの熱々の日が続いているようで、はやくもヴァカンスの気配。


おかげさまで、少し身軽になった今年の夏は、自分もたっぷりとヴァカンスを満喫しようと、フランスの地図を眺めながら、電車の時刻表をチェックしながら、わくわくしています。こんな気分の夏休みは久しぶり。

会いたい人たちにもたくさん会えそうですし。初めての場所にもあちこち行けそうですし。今からとっても楽しみです。



さて、この夏に特におすすめしたい! ティーバッグも、来週末にはできあがる予定です。
その頃には少しづつ、日本中も夏らしいお天気になるかと。


夏はやっぱり、ジンジャーです。 生姜です。 アイスティにしてもおいしい!!
海にも山にも、連れて行っていただけるように。ルイボス ジャンジャンブル・シトロンビオ 初めてのティーバッグです。



欠品していた高級ラインの日本茶シリーズ*KIMONO も *ゼンの庭も、同時期に出来上がります。

九州産と静岡産の上質煎茶をブレンドした緑茶のテ・アロマティゼは、水出しアイスティにもおすすめです。ぜひ、夏の楽しみのひとつに加えていただきたくご用意いたしました。

f0038600_17335711.jpg


スタンダードな味に戻りたい時には、『アンシャンテ・ブレンド』や『パリの午後』をおすすめします。

ダージリン+ユンナン、ダージリン+セイロンと、ベースにダージリンを使用したブレンドですから、特に春から秋にかけての季節に似合う軽やかな紅茶です。


それから新商品の『サン・ゼヴァスティアン』。この季節の美しいサン・ゼヴァスティアンを想ってください。 キラキラ光る美しい海。賑やかで楽しい界隈。おいしいピンチョス!
夏の宝物のような、あの街にぴったりの紅茶です。ぜひ、このままストレートで、ホットでお楽しみください。


f0038600_17361071.jpg


さて、弊社は、7月も8月もカレンダー通りに営業しております。

お盆休みもございませんので、どうぞお気軽にご利用ください。



Bonne semaine!



by enchan-the | 2019-07-08 23:13 | フランス紅茶

お待たせしました。
ボックス入りのティーバッグのご用意ができました。


f0038600_15452418.jpg


f0038600_15454572.jpg

f0038600_15455935.jpg


大きなサシェ:10個入り (1,900円:税別)

スウィートアールグレイ、バラの紅茶、ブルターニュのキャラメルティ、ショコラ をご用意しております。
白い(赤もあります!)リボンもおつけできますので、どうぞお気軽にお申し付けください。



湿度が高い日に、温かいアールグレイを飲むとホッとします。

週末の今日は、スウィートアールグレイの気分♪

どうぞよい週末をお過ごしください。




by enchan-the | 2019-07-05 15:55 | フランス紅茶

少しづつできあがってきました。
新しいENCHAN-THÉ.


f0038600_15541410.jpg


テーマは、ラ・パレット。



f0038600_16533593.jpg



f0038600_15544081.jpg



さて、どうやってまとめていくか。楽しみです!

Bon week-end.





by enchan-the | 2019-06-28 15:55 | フランス紅茶

とっても良いモノをいただきました。

f0038600_15284030.jpg

ワイングラスの名門 RIEDEL.
日々、ほとんど sans alcoolの生活を送っておりますが、ブドウの香りを試すのは大好き。テイスティングは茶と共通する部分も多いです。その味わいを引き出す力がグラスにあるというのも大変興味深いですね。



f0038600_15290620.jpg

さっそく、今年のお気に入り♡ 春摘みダージリンを味わうことにしました。


まずは、業務用のいつものカップで試します。

f0038600_15304625.jpg


オーガニックのSeeyok. これはENCHAN-THÉによく合う、とても透明感があって、美しい柔らかな甘みを感じるDarjeeling. お気に入りのひとつです。花の香りも果実の風味も感じられる女性的で上品なお茶は、どんなカップでもそのおいしさを堪能できます。


紅茶用のカップは香りが立つように口が広がっている方が良いですが、熱が逃げるのはやや早いです。
もちろん、紅茶の種類によっても合うカップは変わってきますが、上等なお茶ならやはり、できるだけ口が薄いものをおすすめします。 お茶の色がよくわかるのは、内側が白いカップです。



さて、RIEDEL. グラスなので少し熱をとったお茶を入れました。


笑ってしまうほど.....そのお茶の持つ味の隅々まで出てきました。驚きました。
なんて活き活きしている液体なんだろう!
とくにフルーティな果実の風味が増しますし、抽出されたお茶のすべてが口の中で主張するのを、微かなものまではっきりと感じ取れるようでした。

カップでも同じ要素は感じますが、グラスの方がよりはっきりとしています。


f0038600_15310054.jpg

f0038600_15310900.jpg


素晴らしい。。。

風味がわかりやすいだけに、冷めると渋みも強く感じるようになるので、さらにベンキョウが必要ですが、もっといろいろなお茶をいろいろな形状で試してみたい。

楽しみがまた増えました。

un grand merci !!





by enchan-the | 2019-06-26 17:09 | フランス紅茶

毎日、涼しかったり暑かったり。時々、雨。と、忙しいお天気が続いていますね。

こういう時こそ、お茶の時間が何よりの気分転換になります。
毎日、ホッとできる心地よいお茶の時間を楽しんでいらっしゃいますか?


おいしいお茶を入れるために、欠かせないのが茶葉の計量です。

計量というと、少しだけ難しそう、面倒くさそう。。。と思われるかもしれませんが、どうぞご心配なく。
いちいち、秤を出してきてグラム数を図るのは、プロのテイスティングの時だけで十分です(笑)。

いつものお茶の時間なら、おおよその計量で大丈夫。お茶の葉の適量がわかれば、ほぼ、おいしく入れられます。


そんなときにとっても便利で、適量の目安となって、おいしい一杯へと導いてくれるのが、私も長年愛用しているこの『ティースプーン』です。


f0038600_16380224.jpg

おいしいお茶を入れるための適量は、お茶の葉っぱの形状によって変わってくるのですが、アンシャンテのお茶の場合、ほとんどが大きな茶葉ですから、このスプーンに中山盛り1杯が一人分です。

このスプーンさえあれば、間違いなく、おいしいお茶を入れるための適量をはかることができます。
ということで、いつでも、どこにでも置いてある、お気に入りです。(社内のいろいろな場所に置いてあります。^^ もちろん、自宅にも!)


おいしいお茶の入れ方ですが、ポイントは4つだけ。

*お茶の葉の量、*熱湯の量と温度、*蒸らし時間 です。

このポイントさえ守れば、どなたにもおいしいお茶が入れられます。


もうひとつ、かわいい道具をご紹介します。上の画像の右側にあるのは、コットン製のフィルターです。
通常は、ティーポットにセットして使いますが、とても大きいので、大きめのマグカップなどに直接入れて、お皿で蓋をすれば、ティーポット代わりにもなります。
オフィスなどでも便利に使えると思いますので、こちらもおすすめです。

ご使用後は、茶葉を捨てて、熱湯ですすいで干しておくだけであっという間に乾きます。
繰り返し使えるところも、環境にやさしくて、気に入っています。


f0038600_16432847.jpg


f0038600_17221880.jpg

どちらもかわいいお茶のための道具です。

適量をはかれるティースプーンというのは、案外、お持ちの方も少ないようです。
紅茶と一緒に贈り物にすると。。。とても喜んでいただけるかと!


簡易の包装↓となりますが、ペーパーバッグをご用意しておりますので、かわいくシンプルにまとまります。{ できる限りゴミを発生させない包装を検討中です }


f0038600_15232008.jpg

f0038600_14594283.jpg



梅雨ももう少し続きそうですね。
どうぞ、おいしい!お茶の時間をお過ごしください。



by enchan-the | 2019-06-25 16:56 | フランス紅茶

久しぶりに新しいサシェ(ティーバッグ)ができあがりました。

『ブルターニュのキャラメルティ』
フランスのブルターニュ地方には、質のよい新鮮なバターや天然塩をたっぷり使ったお菓子がたくさんあります。その代表「塩バターキャラメル」をイメージして作られたお茶です。ベースには半発酵茶を使用。茶葉に隠れるシアワセのモチーフ、白い蝶々もお楽しみ。


紅茶ほどの強さはなく、柔らかくてやさしい風味が特徴です。

烏龍茶をベースにしたお茶は、ここ数年、とくにフランスで人気が高く、紅茶よりも少しだけカフェインも少ないことから、夕方〜夜に楽しむお茶としても好まれています。アイスティにもとってもおすすめですから、これからの季節はぜひ、アイス・キャラメルティもお試しください。


力強いお菓子に合わせるには若干、物足りなさも感じますが、こんなにおいしそうなキャラメルの香りのお茶にはお菓子はいらない。かもしれませんね?!


f0038600_11353127.jpg



さて、すこしだけ早い誕生日プレゼントに大好きなお店(だけど遠くて行ったことがない)のドイツパンをいただきました♡
もはや、花より。。。ですけれど!うれしいっ。さっそく新商品の『ベルリン』といっしょに楽しみます。

お待たせしました『東フリージアのお茶』も揃いましたので、バターをたっぷり乗せたパンと一緒に試してみようかな。





f0038600_18353582.jpg


フランスのパンも大好きですが、ドイツパンも大好き!
ありがとうございました!!




by enchan-the | 2019-06-19 11:10 | フランス紅茶

数日前の暑さも収まって、日が暮れると少し肌寒くなるような感じが、南フランスの山の上辺りにでもいるような空気を思いださせます。とても気持ちの良い5月も終わりの夜ですね。


暑さはおさまったけれど、私のZAZ熱は治らず。。。フランスも恋しくなりました。


f0038600_21310981.jpg


プロヴァンスのフルーツティ』は、南フランスのコートダジュールやプロヴァンス地方をイメージして作られた、ノンカフェインのお茶です。
プロヴァンスのラベンダー、ウスベニアオイ、野ばら、林檎、パイナップルやレモングラスなど。南フランスの美しいイメージがそのまま! うっとりするほどの香りとともにお茶の中に現れます。

肌寒い日には温かいフルーツティを。もう少し暑くなってきたら、プロヴァンスのアイス⭐︎フルーツティを。


ここに居ながらにして、旅するように爽やかな時間を過ごせるのは、卓越したブレンド技術を持つ『フランス紅茶』ならではの醍醐味です。


f0038600_21532202.jpg

ここは、ニースに近い山の上でした。

地中海沿いにイタリアに近くなると、なんといっても柑橘類。レモンをたくさん見ることになります。
柑橘系の紅茶の代表は、(アールグレイを除いて!)『クレモンティーヌ』。数種類のオレンジをたくさん使った紅茶です。焼き菓子にはとても併せやすいですし、アイスティにもおすすめです。

青いレモンのお茶も欲しいなあと想像しつつ、オリーブの林の向こうに見えるのは、マティスの美術館。


f0038600_21413225.jpg



f0038600_21460855.jpg

レモンの木、かわいいですね。


さて、これから季節が移ろうに連れ、楽しみたくなるお茶も変わってきます。

梅雨にはやはり、柑橘系。アールグレイをはじめ、様々な柑橘類のお茶をおすすめします。
雨の日には、アールグレイ・クラシックやスウィートアールグレイをぜひお楽しみください。


*アールグレイ・リヴゴーシュは只今、現地で製造中です。入荷まで、もう少々、お待ちください。




by enchan-the | 2019-05-30 22:22 | フランス紅茶



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム