excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:フランス紅茶( 503 )

日に日に秋めいてきました。


f0038600_21295514.jpg

お待ちかね!
秋冬シーズン一番の人気『冬の紅茶』のティーバッグができあがりました。

嬉しいことに、秋冬シーズンだけでなく、通年のメニューに入れていただいている場もあるくらい、たくさんの愛飲家の方々を持つ紅茶です。


f0038600_21292942.jpg


f0038600_21290946.jpg


もちろん、通常の7個入りのティーバッグも揃っています。


薄曇りの日に肌寒さを感じたら。
秋の陽の短さに心細さを感じたら。

そっと包み込むように暖めてくれる『冬の紅茶』をどうぞ。

ミルクを加えてもおいしくお楽しみいただけます。




by enchan-the | 2019-10-21 21:47 | フランス紅茶

乾いた空気と金木犀の香りが秋を感じさせる、肌寒い1日。
午後のお茶の時間も少しづつ、秋向きのコクのあるお茶が似合うようになりました。


LE THÉ PAIN D'ÉPICES : パンデピス

ヨーロッパのお茶やさんに置いてある焼き菓子。多くの人たちの大好きな「パン デピス」をイメージして作りました。

焦げ茶色にこんがりと焼けた生地にショコラやカルダモン、ジンジャー、カネルなどのおいしいスパイスを混ぜ込んだ、しっかりとボリュームのある風味はそのままです!後味の良さもお楽しみください。



f0038600_16134661.jpg

お待ちかね『冬の紅茶のティーバッグ』が出来上がりました。
ティーバッグ・プティも揃いました。大きめのカップでタップリとお楽しみいただけるサイズです。


アンシャンテ のサシェで、どうぞ暖かいひとときをお過ごしください。
(パン デピスはリーフのみのご用意です)



f0038600_17364997.jpg




by enchan-the | 2019-10-16 16:30 | フランス紅茶

少しづつ、秋らしくなってきました。
たくさん飛んでいる、赤とんぼや蝶たちも、なんだか嬉しそうに見えたりします。


到着が待ち遠しい『プラリーヌ』をはじめとする新商品の数々。
幸い?!秋も遅れているようですし、もう少々、お待ちいただきまして、良いタイミングで登場できることを願いつつ、タスクの片付けに追われる今週です。^^;


こちらも『プラリーヌ』のひとつ ↓ ピンクのプラリーヌのブリオッシュです。

なかなか止まらなくなるほど、おいしいのですが、このパン屋さんで作っている、タルティーヌ用のプラリーヌのペーストがとーってもおいしかった。PATE À TARTINER AUX PRALINESというものです。お砂糖とアーモンドがメインですが、ノワゼットも少し入ることで、もっとおいしくなっています。

私たちの『プラリーヌ』にも、もちろん!2つ(以上の!)おいしい風味を加えていますので、もっとおいしくなりました。どうぞお楽しみに。

f0038600_15321672.jpeg


さて、昨夜は、仕事が詰まってしまっていたところ....ちょうど、サヴォアのご夫婦がグアドループ(フランス領の島)から、子犬をアドプテ(養子にした)したというので、その動画を延々見てしまいました。^^; たくさんの犬たちが飛行機でパリに到着した様子や、グアドループを出発する前のところなど。
ボランティアの大きさや行動の仕方も、国によってずいぶん違うんだなあと勉強になりました。 犬の名前もさまざまで....。

現在、サヴォアの家の庭を走り回っている子は「シューケット」。そう、日本人には「中に何も入っていない!」と驚かれるシュークリームの皮だけにお砂糖をまぶしたお菓子です。
女の子なので、かわいい名前ですね?!


残念ながら、ENCHAN-THÉの新商品には、「シューケット」はありませんけれど!

f0038600_15411986.jpg


と、お茶もお菓子も恋しくなってきたところで、
もうひとがんばりです。



by enchan-the | 2019-10-09 15:55 | フランス紅茶

秋晴れ過ぎる!週末ですね。

普段、あんまり使っていないアタマを使いまくった一週間。
久しぶりにアタマに汗をかいてぐったり....だったので、かわいくて、おいしいものに癒されよう♡と、久しぶりに紅茶缶180シリーズの『ラササヤン』を自宅に連れてきました。


雨粒のドロップ、南の国のフルーツのタネをモチーフにしたデザイン。(そのままではつまらない。と、逆さにしてくれたのがさすが!デザイナーさんのセンス!)

じっくり見れば見るほど、かわいくてホッとします。

f0038600_10580782.jpg

そして、フト、今週のお客様からのメッセージに目を通してみると、
『紅茶は人生に欠かせないもの!』と、ゆっくりと楽しみに味わいたいといううれしいコメントに出会いました。


さまざまな場所にお住まいのお客様方の、さまざまなテーブルの上で、ENCHAN-THÉの紅茶をお楽しみいただいている場面を想像するのが大好きです。私にとっては一番ほっとする、とってもうれしいひととき。おかげですっかり癒されました。 ありがとうございます。



f0038600_10583425.jpg


ティーバッグ・プティは、少しだけストックがあるようです。が、新しいラササヤンも来月頃から登場する予定です。もちろん、バージョンアップいたしまして、女の子から少女へ。といったように少し大人っぽくなる雰囲気。はい。成長します!^^ 詳細はまた改めまして。


さて、仕込み作業もあと.....1-2週間。はやくトンネルの向こうへたどり着きたい!(笑)。



どうぞよい週末を。




by enchan-the | 2019-10-05 11:11 | フランス紅茶

なぜかわからないけれど、日本には、(東京には?)忙しい病。というのがあるのではないかと....。
思ってしまうほど、時間の流れが不思議で、忙し過ぎの方々には、ぜひ、一杯のお茶を...処方してみたいものだと。久しぶりにメトロに乗った本日の感想。

とはいえ、自分もまだまだ少し油断すると、感染しそうになるので、^^;しっかりコントロールできるよう、集中しているこの頃です。



同じく不思議な、日本の果物。どうしてこんなに大きいんだろう。。。と、梨をたくさん買いたかったのに重くて3個しか買えなかった帰り道。りんごも桃もぶどうも洋梨も...etc。
フランスのものより驚くほど大きい!という謎にしみじみしつつ、イチジクだけは、大きくておいしいっ!愛知県産のものがいいと、今シーズンは既に何回もリピートしてます。すっかり、イチジクの季節ですね。


と、最近は、イチジク三昧に加え、今月のお茶でもご紹介している『イチジクのお茶』を楽しんでいます。
ベースに白茶も使っているので、紅茶ほどの強さはなく、上品で透明感のある風味が秋のはじめにふさわしい。ほっと和む味わいは、お菓子だけでなく、フルーツやドライフルーツも引き立てます。


f0038600_23164770.jpg


どこか忙しない空気が感じられる世の中、増税前のプレッシャーで、ますます忙しくなっているのかな?という気もします。

これが本当に、国民のためになるのでしょうか。。。ねえ。 まったく不本意ですけれど、実行される以上は、思いっきり期待してみたいと思います。と、政府へプレッシャーをお返ししておきましょう。



さて、まずは、お茶でクールダウン&リラックス。

本格的な秋に向けて、ミネラルやビタミン補給も忘れずに。ルイボスティとフルーツの組み合わせもおすすめです!




by enchan-the | 2019-09-25 22:22 | フランス紅茶

再び、3連休ですね。

病み上がりでやや体力が低下しているので、少し運動しようと、昨日の朝はハイスピードで歩いて会社まで往復したら..... 結局、シエスタの時間ばかり増えてしまった日曜日でした。^^; 今日は懲りずに、初めての陰ヨガ。楽しみです!


新しいカタログの準備にとりかかりつつ、昔作った小冊子を改めて見てみました。自分の、ENCHAN-THÉのメッセージはほぼ、ここに集約されていて、発行してからもう12年も!経つのに何も変わらず。戻ってくるのはいつもここなんだなあと。自分たちの持っている素敵なものに改めてしみじみ感謝しながら、どうやってまとめようか思案しているところです。



f0038600_12482255.jpeg



f0038600_12522780.jpeg


冊子に載っている、小さかったJは、隣国にてバロックのヴァイオリニストを目指して猛勉強中。運良く、ヴァカンスで帰省していた合間の半日だけ会えて、ファッションの好みも変わって、また少し大人っぽくなった姿にうれしくなって。レッスン前に紅茶を飲むといいし、学生たちにはティーバッグが便利!と、『プティ』をたくさん手渡して。


「いつか日本にコンサートに来てね。」
「いつか....!でも、日本でもバロックってポピュラーなの?」
「うーん.....ポピュラーとまではいかないかな? ^^;」


硬くなっている手のひらや指先からどんなに頑張っているかが感じられて、目指すところに向かって努力している姿にもまたうれしくなりました。
学生といっても自立したので、もちろん、自分のヴァカンス費用は自分で稼ぐ。ジェラートやさんでアルバイトして貯めた資金で自分のヴァカンスを満喫しながら「自分で働いた」と「自分の仕事」を説明する言葉の後ろに嬉しさとか自負心などが見えて、これにもまた微笑ましくうれしくなり....。新しいカタログにも出てくれるらしいので!楽しみです。


年の離れた長女のLは、Heavy metalのベーシストとして活躍していて、身体中にますますタトゥーがいっぱい。増える一方だけれど、あいかわらず美人で昔から変わらず、とーってもかわいい。

誰でも、それぞれの人生を自分でしっかりconduireして味わうべきだと言うように、何をしても、それぞれの選択をリスペクトして離れて見守る大人の姿も、またかっこいいなあと。人間関係についても、フランスで学ぶことが多いのですが、いずれにしても、自分が惹かれること、心地よいこと、楽しくてうれしいこと、スッキリすること!喜びを感じることを毎日できるのがいいですね。



ラディッシュ。の食べ方を初めて!教わったのも、このお宅でした。
テーブルにあるだけでかわいくなるから大好きです。

一杯のお茶を楽しむのと同じように、本当に小さな楽しみですけど!

f0038600_13184932.jpg

さて、仕事に戻ります。^^




by enchan-the | 2019-09-23 11:50 | フランス紅茶

すっかり暑くなりました。暑い日は会社に限る。。。つくづくそう思いながら、会社にこもって嬉々としてお仕事しています。

ご注文のお品物の発送も、路線便は来週いっぱいお休み&日本郵政のみの配送体制となりますが、この夏は休業なし!で稼働中です。『旅からもどる日にお届け!』などの配達日指定も承っておりますので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。



早くも、お盆の留守番体制で落ち着いた時間がとれた本日は、たっぷりと試飲三昧です。
届いたばかりの山のようなサンプル。今回は夏らしいパイナップルやココナッツ、ジンジャーにフランボワーズ、たくさんのハーブと、この香りが漂うだけでうっとりするほど...フランスのお茶やさんの香り!くらくらするほどうれしくなる。至福のひとときを堪能した一日でした。


サンプルの中には、フランボワーズとショコラのお茶もできあがってきたものの、もう少し何かを加えないとおもしろくない。涼しい室内でないとアタマも冴えないので....やっぱり夏は「篭って労働」が最高です。^^


f0038600_22051320.jpg


さて、本日の思いがけない発見。

アールグレイ・リブゴーシュと、豚のパテとたっぷりのムタール(マスタード)!すばらしく相性がよくて驚きました。お昼のサンドウィッチの話しですが。アールグレイ・リブゴーシュの味の輪郭が際立って、このお茶のよさがぐーっと出てきました。豚と柑橘も好相性ですね! 今度はもう少し軽いリエットなどでアペロを用意して....それに合わせてお茶をいくつか選んだり。夏の夕方から夜にかけての大人のお茶会(アペリティフ風)も楽しそうだと考えたり。おいしいアイディアが次々膨らみます。^^


フランスでは、長距離電車に乗る時、日本の駅弁のようなものがあまりないので、サンドウィッチを用意する人を多く見かけます。もちろん駅にはパン屋さんがあるので、そこで買ったり、自分で(あるいは誰かが)作ったものを用意している人もいます。日本人にとっての「おにぎり」みたいなものでしょうか。

いつだったかパリへ戻る電車に乗る時に、ティーブレンダー嬢がフォアグラのサンドウィッチを持たせてくれたことを思い出します。手作りっておいしいですよね〜。仕事大好きで大変アクティヴなおかあさんですけれど、遠くに住む息子たちに手作りジャムを作って渡したり。彼女の作るお茶には、こういう愛情がたっぷり入っているんだと、納得できるエピソードをたくさん見せてもらいました。


豚パテのサンドウィッチとアールグレイ・リブゴーシュを持って電車に乗って、車窓の景色を楽しんだらどんなに素敵だろう。。。と、うれしい想像も広がりました。


f0038600_22251338.jpg


もう少し暑い日が続きそうですが、いよいよ3連休!今週末から夏休みの方も多いかもしれませんね。


どうぞ楽しいヴァカンスをお過ごしください。Bonnes vacances !!







by enchan-the | 2019-08-09 22:01 | フランス紅茶

暑くなりましたね。
強制されなくても自ら進んでサマータイムを導入したくなる....8月です。


朝から茶葉のチェックをしつつ、猛暑時には必須のアイスティを。
ENCHAN-THÉでは、紅茶の持つおいしさを残らず引き出すために「オン・ザ・ロック式」で作るアイスティをおすすめしています。

アールグレイのアイスティを楽しみたいという、特に飲食店様からのご要望が多かったため、新商品の『アールグレイ・リブゴーシュ』は、アイスティにも向くようにと作られました。

もちろん、温かい紅茶はとても美味しく、紅茶本来の味と風味に奥行きと豊かさをもたらすため、ベースには、3つの地域の紅茶葉を選び調合しています。


いつものように熱湯で紅茶を抽出している間に、大きめのジャグに氷をたっぷり用意します。
*アイスティ用に茶葉と熱湯の量を調整する必要があります。
*できあがったアイスティを冷蔵庫で冷やしすぎると風味が変わるため長時間の保存には向きません。



f0038600_12123561.jpg

そこへ熱々の紅茶をいっきに注ぐと.... 氷がぶつかる音も立つ香りもとてもキモチよくて、途端にまわりの空気が澄んで涼しくなるようにも思えます。 まだ泡が立っています。↓濁らずキレイなオレンジ色のアイスティができあがります。


一般的にタンニンの多いアッサム種の茶葉でアイスティを作るのは難しいと言われていて、実際にそうなのですが。。。『アールグレイ・リブゴーシュ』は、作りやすさを優先して風味の軽いアイスティにならないように。アッサムならではのコクや甘さも味わえるようにと工夫して、少しだけアッサムも加え豊かな風味を目指しました。ベルガモットの香りは穏やかです。


スウィートアールグレイ』や『アールグレイクラシック』よりもアイスティが作りやすく、もちろん温かくても美味しい万能キャラクターです。

イメージ的には、『アールグレイクラシック』のようなエレガントさや『スウィートアールグレイ』のような華やかなかわいらしさとは少し違う、誠実で真面目..... やや控えめで非常に好感の持てる『アールグレイ・リブゴーシュ』です。ぜひ、お試しください。

f0038600_12155303.jpg


私たちのいるこの辺り・文教地区では、学生の姿も減って、すっかり夏休みモードです。


適度な暑さは開放的な気分も連れてきて、ついつい夏休みのように読書三昧したくなり...久しぶりのブリア・サヴァラン。

初めて読んだ10代の頃は、さっぱりわからないものばかりだったのが、大人になるにつれ、わかることが増えてくる。というのも人生の楽しみのひとつなのですねえ。


f0038600_12283876.jpg


例の若鶏についても少しだけ書かれているのですが....1800年代から美食家のお気に入りとは!本当にすごい鶏ですね〜。この本の時代にはパリでは手に入らないと書かれていました。
暑さにもかかわらず、おいしいものが欲しくなる^^;ところも、この本の素晴らしさです。



さて、しばらく暑い日が続くようですね。夏休み中の方はよりリラックスして、お仕事で忙しい方々は、少しだけでも、ぜひぜひ、ほっとできるお茶の時間をお楽しみください。



*今シーズンのバルク仕様『夏の紅茶』は完売いたしました。ご利用いただきまして、誠にありがとうございました。小売用パッケージ商品はまだご用意がございます。9月までの販売予定です。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。*





by enchan-the | 2019-08-06 12:20 | フランス紅茶

突然やってきた本格的な夏に、昨日はどうなることかと驚きましたが、2日め。
やや落ち着きました。 冷房の効いた室内で、仕事が捗ることほど楽しい時間はありません。^^


紅茶のチカラもアイスフルーツティのチカラも、身を以て体験した月曜日。大変興味深くておもしろい体験でした。

昨日は、暑い上に週明けの朝でバタバタしていたこともあり、出社後の日課、朝の紅茶も用意しないまま業務に入りました。数時間経つと冷房で身体も冷えつつあるのを感じながら、午前も後半、『BORA BORA』でのアイスフルーツティ(オンザロック)の作り方を教え、冷たくて美しい BORABORAをたっぷりと用意して。


できあがったアイスフルーツティは、暑い場所で作業をしてくれていたスタッフには、身体に染みるくらい(クエン酸やビタミンが!)おいしいようです。

それを自分も一緒になって、おいしがって飲んでいたところ。。。

気がつけば、寒い、寒い。アタマが痛い、その上、喉も歯まで痛くなってきました。。。足元から冷え冷えで、冷房の温度を上げても寒くて窓まで開けるほど。ヒドイ風邪のような状態です。昨日のスカート丈の短さも災いしました...。

f0038600_16171416.jpg

そうそう、紅茶が足りてない!!と、急いで熱い『ベルリン』を。3分待つのももどかしいくらいにお茶を求めて、ようやくなんとも言えない、このやさしい紅茶のあたたかさ、なにか穏やかなものに体中を包まれるしあわせを実感しながら。。。生還。^^; 


身体が冷えている時には、ポリフェノールがたくさん入った少しコクのあるお茶がおいしく感じられます。『アンシャンテ・ブレンド』や『アイルランドブレンド』『ボルドー2002』また、リュクスのシリーズですが『ロカマドゥール』もおすすめです。


ベルリンもそれは素敵なお茶です。
針のように細くキレイな茶葉は、ベルリンらしい男性的な力強さの奥に、とてもエレガントでフラワリーな品のある甘さが感じられる風味豊かな紅茶です。一年を通してどの季節にもおいしく感じられる万能なタイプで、いつでも傍に置いておきたい。好感度の高いキャラクターです。

f0038600_16335383.jpg


本日からは、同じ轍は踏まない(笑)。暑い中、会社へ着いた時や、外気に当たりすぎたとき、冷房のない時には、アイス・ボラボラティはOK.
長時間、冷房の中にいるときは、温かいのみものが必要。


温かい紅茶を飲みながらデスクワークに取り組むと、もともと紅茶のテイン(カフェイン)は、少しづつ長く持続する性質がありますから、捗ります。お仕事や勉強、スポーツの前に飲むことに向いている飲み物です。身体の芯から温まり、ココロも安定して、良いことばかり。特にオフィスワークの女性にはおすすめです。


と、書きながら、現在は、スウィートアールグレイを堪能中。
隠し味で、少しだけヴァニラが入っている、めずらしいタイプのアールグレイです。リラックス効果のあるヴァニラのチカラも、気温差の影響を受けそうな自律神経の強い味方ですね。


さて、夏がはじまりました!

身体の温度調節には気をつけつつ、やっぱり、この暑さも!楽しみたいですね。
おいしくて栄養のあるものと睡眠をたくさん摂って、十分に労働して、好きなこともたっぷり楽しむ。

そして、暑い時には、アイスフルーツティを忘れずに!^^
もちろん、アイスルイボスティもおすすめですよ。


この夏もどうぞ、ENCHAN-THÉのお茶と一緒に。

Vive l'été !!






by enchan-the | 2019-07-30 18:26 | フランス紅茶

新しい紅茶『Saint Sébastien : サン・セバスティアン』のご用意ができました。

サン・セバスティアンは、フランスとの国境に近いスペインのバスク州にあるとても素敵な街です。


f0038600_23401824.jpg



キラキラ光る美しい海。たくさんのイヴェントが開催される賑やかで楽しい界隈。そして、バスクの素晴らしい美食の文化。

温暖で過ごしやすく快適で、まるでパラディのようなこの街に似合う、もちろん、おいしいピンチョス!にも合うように、爽やかで軽い風味の紅茶(OPタイプ)をご用意しました。


ワインにたとえると、白ワインのような口当たりのよさと微かに感じるフルーティな風味は、春から秋にかけての季節に特におすすめです。(ミルクティにはあまり合いませんので、ぜひストレートでお楽しみください。もちろん、アイスティにも最適です)



f0038600_23402571.jpg


f0038600_23423397.jpg


f0038600_23404783.jpg


f0038600_23410061.jpg


f0038600_23403621.jpg




f0038600_10464680.jpg


by enchan-the | 2019-07-27 22:22 | フランス紅茶



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム