excite

Exciteブログ トップサイトマップ

カテゴリ:紅茶とおいしい組合わせ( 147 )

土曜日。ブランチにパンがなかったので、スコーンを焼いてみました。

ローズベーカリーのローズさんのレシピを少しアレンジして!

このローズベーカリーのレシピ本も、丸の内の1号店で見つけたので、もう10年くらいになるでしょうか? ずいぶん前に買っていたのですが、一度も作ったことがなく...。^^;
ようやくゆっくりとページを開くことができました。


ローズベーカリーさんは、体に良い食べ物が揃っているというのが一番の魅力ですね。そして、かわいい。
このパンも、バターもお砂糖も驚くほど少なくて、うれしくなります。これで本当にできるのかなあという一抹の不安も、あっというまに払拭された....おいしさ!!!

もちろん、この前と同じく、VIRON社の粉の力が大いに影響していると思いますが、(見た目については目をつぶっていただきたいのですが....; )感動的なおいしさでした。モハベレーズンがあったので、入れてみたら、ちょうど良い甘さになって、ジャム不要なのもうれしいです。


一緒の紅茶は、ブランチであれば、アンシャンテブレンドか、ボルドー2002ベルリンダージリンの2nd flush、もちろん、ブランチ・ブレンドあたりをおすすめします。午後のお茶の時間には、どれでも!お好きな紅茶といっしょにどうぞ。


brunch._f0038600_18082572.jpg


他にもたくさんの魅力的なレシピがいっぱいあって、これ一冊あるだけで、日々の楽しみがぐーんと膨らみます。
サラダもスープも野菜のタルトもたくさん載っていました。

久しぶりに作ったスコーンも、こんなに簡単で良かったんだっけ?と思うくらいあっという間に出来上がり。ハンバーグなどを作るより、ずっと簡単! 計量だけ済ませておけば、朝ごはんにも作れそうです。毎日が忙しいと、そんなことは考えたくもないかもしれませんが....^^; なんでも習慣の問題なのかもしれないなあと。思えた週末です。



brunch._f0038600_18083308.jpg


基本のレシピを学んだら、自分の好きなようにアレンジして、好きな味を見つけて楽しむのも、家で作ることの魅力ですね。

作りたいと思った野菜のCAKEは、某フランス人有名シェフのレシピをアレンジしたものだと書いてあって、ますますうれしくなりました。家に気に入った粉が置いてあるというのも、うれしいし、やっぱりお菓子が焼ける時の匂いも楽しいですね。


寒くなりそうな週末は、手作りで暖まるのも良さそうです。

Bon dimanche.






by enchan-the | 2020-03-28 18:20 | 紅茶とおいしい組合わせ

世界中で、多くの人が自宅でゆっくり休養中。

こんな前代未聞の状況も、また新しくやってくる時間やこれからの時代が明るいものになるなら、忙しすぎた多くの人々の骨休み。ということで、しっかり充電するのもいいのかなあ。とも思える日曜日です。
地球もこれで、少〜しだけ深呼吸できるのではないかなあ?と、うれしくなったり。彼女にとってはすばらしい春の到来ですね。
地球=La Terre(フランス語では女性名詞なので彼女です!土とか地面とか...みんな terreです!)


それにしても、久しぶりの人たちから連絡が来るのは、とってもうれしいことですね。
自分がつながる人たちは、indépendantな仕事をしている人が多くて、だいたいみなさん、いつもは、超がつくくらい忙しいことが多いので。。。
そんな人たちが、さまざまな国や場所で、家でおとなしくしている姿を想像するのも楽しいものですが、まあ、本当に。たまには良いことです。


数年前にマレーシアでとってもお世話になった「ベーカーズ・ジャーナル」のJからも、久しぶりにうれしいメッセージが届きました。あちらも完全に外出禁止。パン屋さんもレストランもお休みになってしまったそうで、自宅で、おきにいりの「KIMONO」を飲みながら、メールを書いてくれたそうです。^^ 


こうやって、ENCHAN-THÉのお茶がいろいろな場所で、多くの方々のゆったりとした時間の役にたてていることを知るのは、自分にとっての大きな歓びです。何よりもうれしいことです。どんなに遠く離れた場所でも、私たちのお茶を楽しんでいてくれるなんて!


ということで、私も彼らのおいしいお菓子を思い出して、先日のリベンジに励んでみました。

はい。今日はやや真面目に。^^;

これだけの材料を使って、普通の味になっちゃったらどうしようという、若干の不安もありましたが。。。
まあまあ、なんとか。食べたかった安心する味ができあがってホッとしました!

Quatre-quarts._f0038600_17560462.jpg


グラニュー糖は使わないので、上品なお菓子にはなりませんでしたけど、ざっくりとした素朴な、粉とバターと卵と砂糖だけのシンプルなお菓子ができました。
ミキサー類は全部会社に持って行ってしまったので、ロクな道具もなく。 全部、手動で....バターも卵も...。
これで今日の体力をすべて使い果たしてしまいましたが、^^; 前回よりは家庭用オーブンの調子も良くなって、お菓子が焼ける匂いが漂ってくるしあわせも味わえました。


Quatre-quarts._f0038600_17562087.jpg

どんな紅茶にも合わせやすい、シンプルなお菓子はいいですねえ。
お菓子に柑橘系の香りを加える代わりに、柑橘系の紅茶を合わせたり。ヴァニラやキャラメルの香りを加える代わりに、ヴァニラシャンティイなどと楽しんだり。お好みで、いかようにも楽しめるのが、シンプルなお菓子の魅力。

来週のおやつの楽しみもできました。

Quatre-quarts._f0038600_17563092.jpg


さて、2週間の予定が6週間に伸びるかも。などというウワサもあるFRANCEですが、みなさん適応力も高く、それなりに新しい楽しみを見つけているようです。

落ち着きたい時や気分転換にも、お茶の時間はおすすめです。


もう少し、もうしばらくですね。がんばりましょう〜!



by enchan-the | 2020-03-22 17:07 | 紅茶とおいしい組合わせ

Chocolatに飽きたら和菓子。

ということで、久しぶりに懐かしい味が恋しくなって、先日、自転車で芋坂の団子やまで。

本店の近くにカフェができているのを、昨年末に印刷屋さんへ行く時にみつけたので、いつか行こうと思っていた日がやってきました。
この日はお団子ランチとして、日本橋の海苔やさんやゴマやさんとのコラボお団子を楽しみ、いつも上品でキメの細かい柔らかいお団子が焼き立てだと、さらにおいしくて!
とまらなくなって、お土産にも買ってきたもの。↓


思いがけず、エルメスとの相性も良く。。。


2種類の紅茶は同じお茶ですが、器によって、見える水色も変わりますので参考までに。


WAGASHI._f0038600_21484243.jpg


メニューを開くと、森鴎外がおやつに「餡団子3本、しょうゆを1本」食べたこと、岡倉天心がお酒と一緒に団子を楽しんだこと、夏目漱石の猫の話にでてくるくだりなどが書かれていて、時間がずーっとつながっていることに思いを馳せながら、小学校の遠足で電車に乗る時は、ここの本店の前を通って、延々駅まで歩いていくのが苦痛だったことを思い出したり。。。と、タイムスリップ。


年末やお盆に帰るところがある人たちをずーっとうらやましく思ってきたけれど、こういうホッとする場所もやっぱり故郷っていうのかな。

場所柄、お商売をしている方々も多く、しゃきっとした感じの女性たち(ほぼお一人でお団子を食べに寄っていました)や、元気で粋な年輩の男性などと一緒の空間にいると、子供の頃はいつもこんな大人に囲まれていたことを思い出し、少しホッとできた週末でした。


和菓子もいいですねえ。




by enchan-the | 2020-02-18 21:55 | 紅茶とおいしい組合わせ

早いもので、仕事納めまであと1日。

本日は、ダイエットに成功したサンタさんが、北の国から...。いえ、今年最後のお客様が、クリスマスのお菓子を抱えて、西欧の北のほうから訪ねてきてくれました。ありがとうございました!!


この方たちは、とびっきりハイクオリティの素晴らしいお茶ばかりを扱っている、とっておきのサプライヤーさんなのです。
久しぶりにお茶の話がたっぷりできて、来年の新茶の話題はもちろん、とびっきりのアッサムとかムーンライトのダージリンとか、見ただけで驚いてしまうようなチャイニーズティとか...。レアなお茶もたくさん紹介してもらって、とっても楽しいひとときでした。


On a besoin d\'une bonne tasse de thé !_f0038600_20063182.jpg


おみやげにいただいたお菓子は、チョコレートのかかったパン・デピス。パン・デピスといっても、ケーキとクッキーの間のような食感のお菓子で、アルザスなどでも時々、みかけるものです。

チョコレートの香りとたまらなくおいしそうなスパイスの香りが良い具合に混じり合って、クリスマスっぽさを醸し出してくれるのでした。たぶん、日本でいうと、チョコパイ的な存在のようなお菓子だと思いますが...。
彼の国のどこの家庭のテーブルにも置いてあって、この時期には家族のみんなが手を伸ばしてパクパク食べる姿が想像できるようなポピュラーなお菓子。なのだろうと思っています。^^ 星型とかハート形とか、日本ではなかなかみかけない素朴さがかわいくて気に入りました。とてもボリュームのある量だったのではやくも持ち帰ってきました。↓ ごちそうさまでした!



On a besoin d\'une bonne tasse de thé !_f0038600_20064842.jpg

ミーティング中のお菓子には「パリの午後」をあわせました。

お茶会社の人たちは大概、いつでも、ダージリンばかり。ダージリンといっても、ものすごい種類が様々にありますし、同じダージリンでもさまざまな表情をみせてくれるので、飽きることがありません。味と向き合う時の楽しさは格別です。ティーブレンダー嬢などは気に入ったダージリン(1st)を10kgも!プライベート用に購入しますし(1年分です)、やはり自分もプライベートでの約85%以上は、さまざまなダージリンを選んでしまいます。無いと寂しすぎる。間違いなく習慣ですね。^^


さて、ダージリンとセイロンをブレンドした「パリの午後」も、なかなか風味があると、「おいしい!」をいただきました。風味のバランスとわかりやすさのバランスがちょうどよく、軽いお食事から午後のお茶まで、さまざまなシーンでお楽しみいただけるように作りました。

もちろん、お正月のお料理のあとにもふさわしいブレンドです。ぜひ、お楽しみください。


さて、あと1日。がんばりましょう〜!





by enchan-the | 2019-12-26 20:20 | 紅茶とおいしい組合わせ

とても良いお天気の週末@東京でした。

お昼くらいからヘリコプターの音が聞こえるようになってくると、なんとなくわくわくして、家からは約6kmくらい。会社からだと4kmくらいの向こうで行われるパレードの明るい雰囲気に心を躍らせながら、たっぷりのお菓子と紅茶で、長〜い午後のお茶を満喫した日曜日。


秋晴れの日には、焼き菓子がよく合います。

イチョウが黄葉する時期と焼き菓子+紅茶のイメージもぴったり重なって、久しぶりに何種類かの焼き菓子と紅茶を試してみました。


ノルマンディー出身のパティシエが作ったりんごとカルバドスを使ったCAKEは軽さも食感もよくて、気に入りました。
ノワゼット、プラリネを使ったフィナンシェやCAKEを試したり、お店によって味もさまざまなパン・デピスや、抹茶の使い方はやはり難しいですが、ポワールと合わせた新しいCAKEはやや新鮮だったり。と、あるレベル以上の味が持つ安心感を改めて実感し、いろいろなタイプ、ジャンルのお菓子について、考えを巡らせていました。


本日活躍した紅茶は、ロカマドゥール。
焼き菓子を引き立てるのに相応しい強さはもちながら、紅茶ならではの甘みが十分感じられ、大きく包み込むような柔らかで上品な風味は、6km向こうの華やかさにも似合う雰囲気もありました。

Avec des gateaux secs._f0038600_22453949.jpg

画像は『アンシャンテ・モナムール』。↑
これこそ、華やかな日にピッタリのお茶でありました。併せるお菓子は必要ないくらい満足度の高いお茶なのですが、お気に入りのデザートやお菓子と組み合わせ、新しい味を発見する楽しみも味わっていただけたら幸いです。お食事と一緒にもどうぞ!


さて、今年はたくさんのクリスマスの紅茶のサンプルを試しましたが、いつもと同じ『クリスマスの紅茶』をご用意しました。ブッシュドノエルにはもちろん、ヴィエノワズリーのようなおやつにも良く合います。

2019年のクリスマスまで6週間!思い立ったらノエルの始まり。^^『クリスマスの紅茶』でたっぷりと、クリスマス気分を盛り上げてください☆(バルク商品は残り少なくなって参りました。)



Bonne semaine.



by enchan-the | 2019-11-10 22:30 | 紅茶とおいしい組合わせ

ここのところ、うれしいことに、ジャムとか蜂蜜といった瓶に入ったおいしいもの♡をいただく機会が続きました。


ブルーのラベルのものは、じつは、先日お会いしたフランスからのお客様が作ったもの!

ご主人の方が、長年、ものすごい激務で働き続けて消耗してしまったそうで、自分の人生に2つの職業を持つことにした。と、5年前に養蜂家を始めたのだそうです。


日々、集中して激務をこなす一方、自然の中で自然や生き物と触れ合って、プレッシャーも少ない仕事をするというのは、自分のバランスがとれる。と、山の上にあるシャレーの話やはちみつの話、アトリエではちみつを作る動画なども見せてもらって、いただいたはちみつを味見すると....微かにレモンやオレンジの味も感じられ、軽くて楽しさがたくさん入った「フランスのはちみつの香り」にうれしくなりました。


今ではけっこうな量を製造するようになっているそうで、趣味ではなく、完全に職業になっているところがすごいなあと。蜜蜂や自然の声を聞いているとどんな景色が見えてくるんだろうと、うらやましく思いながら感心しているところです。

Miel : 蜂蜜_f0038600_12210025.jpeg

自分の人生を自分でクリエートする。自分の時間を自分でクリエートする。
誰にでも平等に与えられたうれしい贈り物であり、素晴らしい権利ですね。


もうこれからは「地球温暖化」「環境破壊」といった言葉、状況、問題を、何かで包んでぼんやりとしたものにしておくのではなくて、なんとなく遠くから眺めているだけ。ではなくて、受け身ではなくて、自分たちの問題として、小さなことからでも行動していかないと。と、強く思っています。多くの人の意識が変われば、きっとなんとかできるはず。



と、自然のありがたさ、大切さを考えながら、はちみつの向こうに見える山の風景やフランスの景色に思いを馳せつつ、パンといっしょに、ヨーグルトと一緒に、もちろん、紅茶と一緒にたくさん楽しみたいと思います!



どうぞよい週末を。



by enchan-the | 2019-10-26 12:30 | 紅茶とおいしい組合わせ

朝5:30のミルクティ (par Bordeaux 2002)。

北フランスの友人からもらったゴーフル(みかけは素朴だけどとってもおいしい!)と一緒に。

フランスからたくさんのいいもの!を持って帰ってきたおかげか、デトックスも終了したせいか、この1-2週間はとっても流れがよくて、少し眠ってはパッと目が覚めて、ノートに書く。書く、書く。をずっと繰り返し、アイディアが溢れるようにどんどん出てくるのに驚いています。


長い間忘れていたようなこの感覚は、自分が一番求めているものに、好きなものに、やりたいことにフォーカスしないとたどり着かない。ごくシンプルなことだったようです。
人から、まわりから求められる役割ではなくて、自分が一番なりたい自分。やりたいこと。居たい場所。作っていきたい世界。それを求めなくちゃ、本当に良いものはできないし、楽しくない!^^ と、つくづく思えるようになりました。



Thé au lait._f0038600_14384191.jpeg


思い立って、フランスでお世話になった人たちに、自分がもらってとっても嬉しかったカレンダーのハンカチを作ってみました。(こういう日本のお家芸的気配り系アイテムは、海外の方にとても喜ばれると思います!別件ですが、何年か前から認知されつつあった『BENTO / 弁当』も、今やすっかり『ベントー』としてフランスに溶け込んでいます。これは、お弁当箱のことですけど!)



初めてだったので、刺繍やワッペンやらを盛り込みすぎて、もはやハンカチとは思えないお値段になってしまいましたが(汗)、それでもまだ足りないかなあ。。。
あとは、きっと、それぞれの人たちが間違いなく、好きなように手を加えるでしょうから、それをまた楽しみに、紅茶の手紙と一緒に送ることにします。


Thé au lait._f0038600_14501940.jpg


さてさて、今週からは、本格再起動。
Courage !!





by enchan-the | 2019-09-16 08:38 | 紅茶とおいしい組合わせ

うれしい!6月がやってきました。

さわやかな季節は、キレイなうすい色が似合いそうな雰囲気。

先ほどの帰りがけに、何週間か前から、しつこくしつこくMさんにお願いしまくっていた^^;子ブタたちをいただいて。思いっきりうれしい月曜日となりました。


薄いピンクと薄いグレーがたまらなくかわいい子ブタたちです。
加えて、この表情がたまりません。

Bonjour Juin !_f0038600_18444128.jpg


Bonjour Juin !_f0038600_18442669.jpg


アイシングクッキーにもさまざまありますが、やはり、作る人によって出来映えもさまざま。

絵の上手なMさんの作るアイシングクッキーは、本当にたまらなく魅力的です。
下地のクッキーも型を使わず、フリーハンドでナイフでささっと、難しい形だって作ってしまうのです。

お菓子も。。。。やはりセンスに尽きますね。
こんなにかわいいブタ、みたことない。 Merci maiko !!


Bonjour Juin !_f0038600_18443447.jpg


さて、フレーバーティといっても、作られる国、会社によってさまざまです。

風味もみためも様々ですね。入っているフィロソフィーやエスプリだって、まったく異なります。

もちろん、原料をただ混ぜるだけ。。。ではありません。(当然ですが念のため!笑)


一口飲んだだけで『ENCHAN-THÉのお茶だ!』と、わかっていただけるような。おいしくて魅力的なお茶を作って、ご案内してご紹介していきたいと心がけています。







by enchan-the | 2019-06-03 18:58 | 紅茶とおいしい組合わせ

5月の清々しさに誘われて、相変わらず、片付けばかりしたくなる週末です。

最後のチェストに手をつけたら、もうずいぶん前にフランスで買ったお菓子の型がでてきました。
どこで買ったんだっけ。。。遠い記憶を辿ってみると、確か、フランス北部のリールという街の調理道具やさん。
Lilleは、パリとベルギーの間にある街です。ここにも用事があって、過去に何回か尋ねたことを懐かしく思い出しました。もちろん、リールで出会ったたくさんのおいしいモノの記憶とともに!


せっかくなので、フルーツティでゼリーを作ってみることにしました。
白ウサギは牛乳で。

自宅にあるお茶は、試作品やサンプルが多いので、本日は、未発売のザクロのフルーツティ(リンゴも入っています)を。ハイビスカスは入っていないので、色もやや落ちついています。


Infusion._f0038600_15150797.jpg


作る時間は準備も入れて10分くらい....と、簡単すぎて作るという程のものでもないのですが ^^; 温かいうちに少しだけお砂糖も加えました。

冷やして固めるのに約40分-1時間くらいでできあがり!
コラーゲンがたっぷりのおやつは、女性にはとってもうれしいですね。
もちろん、市販のゼリーはどこでもお手軽に購入することができますが、自分で作る方がもっとおいしく感じると思います。



さて、ウサギさんたち。着地位置を指定したにもかかわらず、失敗。一匹は若干、負傷しましたが、とってもおいしくできました♡
自分で作ると、好みの固さや甘さに仕上げられるのもうれしいです。

ノンカフェイン同士で、ルイボスティのヴァニラと併せてみました。

Infusion._f0038600_15153011.jpg


Infusionのフルーツティを飲むときに、少し多めに作って半分をゼリーにすると、楽しみが2倍に広がります。

もう少し先にやってくる夏に備えて、お茶の時間のビタミンCとコラーゲン補給!はいかがでしょうか。もちろん本物のフルーツを加えてより贅沢に仕上げると、もっとうれしくなるかも。。。

これから早速、別のフレーバーでも試してみたいと思います。


Bon dimanche !



by enchan-the | 2019-05-19 13:27 | 紅茶とおいしい組合わせ

新しい時代がはじまりました。

雨さえも、止めてしまう!さすがですね。 良いエネルギーに満ちた時代になるといいなあ。

さっそく、Reiwaを「Darjeeling Early First Flush」ではじめてみることにしまして、予約した4つの農園のモノを堪能しました。去年の魅力とは異なる2019年の新茶の香りを味わい、外観をみているだけで気分が上がってきます。春摘み特有の繊細な風味は、美しくエレガントでとても好きです。
詳細はまた追って!


いただきものの焼き菓子もゆっくり試食しながら、お茶しました。

食感や香り、中に入っているものなどを感じながら、ゆっくり味わう。こういう楽しみってつくづくいいなあと思います。

おもしろいもので、贅沢な嗜好品のダージリンは、焼き菓子や甘いモノにはあわなくて(と、自分は思います)はちみつを使ったフィナンシェなどは、かなり厳しい組み合わせです。
ダージリンのとくにEarly First Flushは、単独で、お茶だけを楽しむためのものと言えるほどの気品もある、特別なお茶です。


Bonjour L’ère Reiwa !_f0038600_14485836.jpg


焼き菓子には、お菓子に負けないくらいしっかりしたお茶がおすすめです。
新商品の『ベルリン』を合わせてみると、はちみつのフィナンシェも生き返って、最後にはしっかりとはちみつと紅茶が調和しました。テ・アロマティぜ(フレーバーティ)を使うと、組み合わせの幅がもっと広がって、たくさん楽しめます。


フランボワーズとココナッツのサブレから『リル・ド・ココ』を感じてうれしくなり、少し向きを変えて、ヴァニラやキャラメルを合わせてみたくなったり。


サブレと焼き菓子の間のような食感がとくに気に入ったブタのカタチをしたお菓子は、シンプルでやさしい味。砂糖を数種類使ったり、少しだけ塩を効かせてあるのもおいしくて。このブタなら、柑橘系でも楽しめそう。『クレモンティーヌ』と試してみたくなりました。


パイ好きなので、特に楽しみだったパルミエのようなお菓子は、その薄さが魅力でした。最後にカネル(シナモン)が出てくるので、『パン・デピス』であわせるとどうなるのか。『スウィート・ホーム』でも試したく、傾向が異なりますが、アンフュージョンのフルーツティとも相性が良さそうに思えました。
もちろん『旅する紅茶』はベストな組み合わせでしょう!


Bonjour L’ère Reiwa !_f0038600_14491484.jpg


こんな風に、お茶とお菓子の組み合わせにも楽しみがいっぱい見つかります。


こういう時間や楽しみを増やしていきたい。^^
Bonjour L’ère Reiwa ! よろしくお願いいたします。



引き続き、どうぞ楽しい連休を。お仕事の方々はがんばってください!!




by enchan-the | 2019-05-01 15:15 | 紅茶とおいしい組合わせ



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム