excite

Exciteブログ トップサイトマップ

アフタヌーンティいろいろ

連休ですね。
ここのところ、イベントやいろいろな仕事が重なって、思いっきり仕事が
たまってしまったので、会社は一週間程お休みにしてしまいました(苦笑)。
幸い、フランス側はお休みではないので、こういう時にはゆっくり仕事ができます。
息抜きしつつ、マイペースで仕事ができるのがうれしくて、まずは、
ストレス解消に事務所の大掃除!!をしました。  
お天気は良いし、い〜い気持ち。掃除と料理は手っ取り早いストレス解消法です。

あとの連休は、本を読んだり、徒歩や自転車でお散歩したり、お茶したりで、
満足できそう。けっこう安上がりな人間なのです。


と、いいつつ、先日は、ちょっと贅沢なお茶をしました(笑)。
リッツ・カールトンのアフタヌーンティ。
45階(だったかな?)の眺めが良いラウンジの心地よいソファでゆっくりしました...。

f0038600_0575312.jpg

f0038600_10649.jpg


さて、居心地、雰囲気はとても良かったのですが、あいにく、お茶にはがっかりでした。
カップの紅茶が少なくなると、スタッフが来て、大きなポットにたっぷり入った
お茶をサービスしてくれるのは良いのですが、そのポットの中には茶葉が入れっぱなしなのです。
ティーウオーマーで温められて、どんどん渋くなった紅茶をおかわりして喜ぶ人は
いないですよねえ。 残念ながら、おいしく飲めたのは、最初の一杯だけ。

スタッフはたくさん居て、あちこちに気を配っているのですが、それならば、
最初から、適度に抽出した紅茶のポットを移し替えて(茶葉は捨てて)
お客さまにサービスすれば、もっとゆったりと、おいしい紅茶をいつまでも楽しむ
ことができるのに...。
オペレーションの問題もあるとは思いますが、それなりのお値段設定なのだから、
お客さまにおいしいお茶を提供することを第一の目的としてサービスしてもらいたい
ものです。

こういうことは、原料を供給する側がしっかりと、ホテル側に伝える事だと思いますが、
いろいろ問題もあるのでしょうねえ。。。
フランスも同じで、取引先もよくアタマを痛めていますが、やはりサービスの基本は、
お客さまを喜ばせる事。 ちょっとの手間は厭わず、努力して欲しいものです。

ラウンジに漂う良い香りも、ピアノの生演奏も、スタッフの細やかなサービスも、
たった一杯のお茶で台無しになってしまうのは、非常にもったいないことだと
思うのでした。
by enchan-the | 2008-04-30 01:21 | フランス紅茶
<< みどりの日 新茶 2008 >>



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム