excite

Exciteブログ トップサイトマップ

Une tasse de thé : カップ一杯のお茶

お待たせしておりました夏向きの緑茶やミルクティ向きの紅茶、香りのいい紅茶。待望のコットンフィルターも到着いたしました。

超ハイペースで思いっきり働いていた時は感じなかった(感じないようにしていた?)ものの、ゆったりペースで仕事をするようになると、過去の無理すぎる働き方の数々を思い出し呆れながら、久しぶりに.....なかなか疲れる仕事だと実感しています(笑)。




Une tasse de thé : カップ一杯のお茶_f0038600_17073539.jpg




この目の前の一杯の紅茶を楽しむために、本当に多くの人の手を経ていることをしみじみとありがたく実感しながら、今こうやってお茶を味わえることを幸せに思える午後となりました。


インドやスリランカ、中国そして日本などのお茶の産地で、苗木からお茶を育てて製品を作り、それを運んで、私たちのお茶の生産国、フランスやドイツで再び、専門技術者の手でオリジナルの製品を生み出して作って。

そこから再び運んでくるのですが、現地の会社のスタッフたちから、運送の人々、空港で貨物に関わる人々、私たちの貨物をハンドリングしてくださる会社の方々、そして、厚生省や税関職員の方々の仕事を経て、煩雑な手続きを行なってくれる方々の尽力で、ようやく私たちの倉庫へと運ばれることになります。

空港から倉庫へと運んでくださる方がいて、お願いしている倉庫の方々のたくさんの仕事のおかげで、やっと! これからお取引先様の元へ配達し、店内でのサービスに、店頭へと並べていただくことができるのです。
もちろん、船や飛行機を動かしている方々も上げるとキリがないですが、どのくらいの数の人々の手を経ているかと思うと。。。それを見て、感じられる立位置にいられることは、まったく楽しくて!本当にありがたい仕事です。


さて、こんなに長い旅のことを思うと、また嬉しくなって、お茶のある生活がますます良いものに思えてきます。 この一杯のお茶のおかげで、関わっているたくさんの人々がHAPPYになっているのですから。 やっぱりすごいことだと、心から大きく感謝です♡






Une tasse de thé : カップ一杯のお茶_f0038600_17200818.jpg



最初の画像はパリ・ディズニーランド!のおみやげのボンボン。食べてしまったチョコレートもNoirで美味しかったですし、パッケージに描かれたネズミさんもクラシックな雰囲気で、日本で見るものとは違って大人向きに感じました。同じものにもお国柄がでるものですね。



小さなアトリエの小さなコーナーもなんとか整いました。 

また少しづつ新商品のテイスティングにも励もうと思います。



みなさまもどうぞ、ゆったりと心地よいお茶の時間をお楽しみください。








by enchan-the | 2024-06-11 17:00 | フランス紅茶
<< La saison des p... 横浜フランス月間:Mois d... >>



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム