excite

Exciteブログ トップサイトマップ

Parisの午後とクレモンティーヌ。

いよいよパリのシャンゼリゼもノエルの装いとなったようですね。
クリスマスまであと4週間。
お茶の時間も少しづつ、華やかな雰囲気に包まれてきたような気がします。


ENCHAN-THÉというと、フランスらしい「テ・アロマティゼ」が主役と思われがちですが、テ・アロマティゼと同様におすすめなのが(全部オススメですけれど!)ノン・フレーバーティのブレンドです。

こちらもフランスらしい美食へのこだわりを存分に発揮して作ったオリジナル・ブレンドです。日本ではなかなか出会えない風味を多く揃え、一緒に楽しむFOODを引き立てます。

その「テ・ナチュール」のティーバッグに『パリの午後』が加わることとなりました。12月上旬に出来上がる予定です。とても汎用性の高い紅茶ですので、さまざまなお茶のシーンで活躍します。ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。(リクエストの多いルイボス・ソレイユも出来上がります!)


PARIS, APRÈS-MIDI :パリの午後

パリの美しい風景に似合うのは、ティーカップに注がれた、オレンジ色の水色が美しい上品でエレガントな紅茶です。

軽めのブランチや食事、午後のティータイムに最適なアロマ豊かな透明感も魅力。リラックスする時間にも向くように、タンニンが少なめの高地産のセイロンとダージリンをブレンドしました。カップにオレンジのスライスを半分浮かべてもお楽しみいただけます。



f0038600_21223294.jpg


f0038600_21222521.jpg


さて、フランスにて、冬のテーブルの主役といえば、別名・冬の太陽とも呼ばれる『クレモンティーヌ』。柑橘系のお茶は夏向きと思われがちですが、万能なオレンジ風味のお茶は一年中、活躍します。マドレーヌやCAKE、マフィンなど、しっかりとした粉のお菓子とも好相性。冬のおやつの時間にもオススメです。


CLÉMENTINE :クレモンティーヌ

「SOLEIL DE L’HIVER : 冬の太陽」ともいわれるテーブルの主役、クレモンティーヌ。スウィートオレンジとビターオレンジのフレッシュでみずみずしい香りを組み合わせた、明るい太陽のような紅茶です。気分転換やリフレッシュの時間、そして、CAKEのような焼菓子にもピッタリ! 何にでも併せやすく、どなたにも選んでいただきやすい紅茶です。



f0038600_21223988.jpg


f0038600_21225018.jpg


気温も湿度もアップダウンが激しくて、、、忙しい日本の晩秋ですね。
お天気に振り回されてちょっと疲れた....という時は、どうぞ温かい紅茶の心地よいお茶の時間でリフレッシュしてください。


Bonne semaine !





by enchan-the | 2019-11-25 21:28 | フランス紅茶
<< みつばちたち Un conte de Noël. >>



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム