excite

Exciteブログ トップサイトマップ

THÉS AROMATISÉS : フレーバーティ

先週からずーっと、とてもたくさんのお茶を入れています。
仕事でお客様にご紹介したり、試飲&試飲、そして先日は恒例になりつつある部活(笑)でもまた、たっぷりのお茶を楽しみました。

今回のショコラは『JEAN-PAUL HÉVIN』。やっぱりおいしいですねー。とても好きなショコラティエです。ラプサンスーチョンを使ったガナッシュ入りのJ'aimeなど、個性的なショコラもおいしかったです。ショコラに加え、マカロンも楽しんだのですが、ライムが入ったマカロン!とーっても気に入りました。

これに「8月のプロヴァンス」を合わせたら、まったく素晴らしく、口の中にプロヴァンスの風が吹いているような、ヴァカンスの満ち足りた気分になりました♪ おいしくて良い組合わせが出来上がると、メンバーがますます饒舌になるのが楽しいです。おしゃべりがとまらなくなり、夏の夕方、プロヴァンスのカフェでおしゃべりしているような錯覚を楽しんだのでした。(安上がりです)

ライターのEさんのお気に入りは「ショコラ」。久しぶりに飲んでも「おいしい!」と満足してくれてました。アールグレイ入りのガナッシュを少し酸味のあるビターなチョコレートで包んだものと合ったようです。チョコレートにアールグレイの紅茶を合わせるのではなく、アールグレイを使ったチョコレートに、ショコラの香味&本物のショコラが入った紅茶を合わせて遊んでみました。


個人的には好きな茶園別のダージリンの反応が今ひとつなこともあります。おいしいけれど、楽しさに欠けると。そしてたくさん飲めないと。ダージリンは三ツ星レストランのような雰囲気で、フレーバーティにはサロン・ド・テの甘くて楽しい雰囲気があるのでしょうか? ヌワラエリヤのOPは、あまり知られていない隠れ家的カフェ?(笑)。
週明けに入荷する今年のヌワラエリヤもおいしいです。


THÉS AROMATISÉS : フレーバーティ_f0038600_20363590.jpg



最近、新しいお客様に紅茶をご紹介する機会が多いのですが、 最初は「フランスのフレーバーティは苦手」と言う方が多かったのです。それが実際に飲んでいただくと....。
こんな味には出会ったことが無いとびっくりされて、当初考えていたダージリンやアッサム系のブレンドなどの定番メニューに、アンシャンテのフレーバーティがどんどん増えていくという、うれしい傾向があります。

同じフレーバーティでも、国やメーカーによって味はとても違いますし、フランス紅茶も千差万別なのです。とくにウチのティーブレンダーが作る紅茶は、ベースの味がとてもしっかりしていて香りもやわらかく、見た目にかわいいのも特長です。フランスでも、とてもユニークな存在なのです。


紅茶だけで飲むのもおいしいですけれど、お茶にはやはり一緒に食べるものを引き立てる役目もあります。相性が良い組み合わせでは両方がとっても引き立ちますが、相性がよくないと、両方ボケてしまうことも。
新しい味を知るコトは旅することと一緒だと、フランスで習いました。ぜひ、いろいろ試してみてください。本当に、少しだけ世界が広がりますよ!
by enchan-the | 2009-06-26 20:46 | 紅茶とおいしい組合わせ
<< 裏庭 師匠のお店から。 >>



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム