excite

Exciteブログ トップサイトマップ


春分の日。あたたかくなりましたね。

銀座に用事があったので、PHILIPPE CONTICINIへ。
ここのカウンターは居心地がよくて、目の前でお皿を組み立ててくれるのをじっくり見ていられるのも楽しいです。

パフェは初めて。いつもはあまり選ばない柑橘系に惹かれて、春のはじめによく似合うお菓子を選んでみました。簡単にパフェという言葉には納まりきれないようなお菓子で、もう、おいしくて止められないほど、夢中で味わってしまいます。

柑橘系の果物の魅力を思いっきり引出していて、ジンジャーの使い方も、クリームの柔らかさもさすがのおいしさでした。

f0038600_18481061.jpg

ティーブレンダー嬢も私もですが、自分たちの好みのものばかりをラインナップに入れるわけにはいかず、「ÉQUILIBRE : バランス」が大切といつも言い合っています。
このパフェの組み立て方で思い出すのが「テ・デ・ヴァカンスビオ」。このお茶もやはりフランス人ならではの発想で重なるような風味が作られています。ジンジャーの使い方も柑橘系ももっと学びたくなりました。

パフェと一緒に頼んだ紅茶の入れ方もとっても上手でおいしかったです。



銀座に行ったので、ローズベーカリーさんのカンパーニュがどうしても欲しくなり、寄ったついでにPâquesのにんじんケーキも買ってしまいました。

ローズベーカリーさんのカンパーニュは、いつも冷凍庫に入れて置きたくなるくらいくせになるおいしさです。バゲットはVIRONさんのが好き。

春分の日が来た途端、パンやお菓子が欲しくなるくらいリラックスできていることに気がつきました。これから3ヶ月、春をたっぷり満喫したいですね。

f0038600_18571013.jpg

SAKURAも咲きましたね。
今年は日本の新茶も早そうです。


C'est le printemps !



# by enchan-the | 2019-03-21 19:10 | 紅茶とおいしい組合わせ

今日のお茶はとってもおいしかった。暖かくなって、気に入りのお茶が似合う季節に戻ってきたということもありますが、今週(まだ火曜日ですが)一番おいしい一杯でした。


それは、来日した海外のサプライヤーさんから大好物をおみやげにもらったから...だけではなくて!一緒に携わったおおよそ初めての仕事で育てた懐かしいお茶をおいしく共有できたから。

最近、某シェフのインタビューや記事を聞いたり読んだりする機会が多く、とても耳に残っている、記憶に残る印象深い言葉が「Partager」というフランス語です。日本語にすると、分け合う、共有する。ともにする。という言い方が自分にとっては一番しっくりくるので、そう解釈しているのですが、食も、お茶の時間も、ともにする。共有するということが、歓びのひとつでもあるでしょう。


もちろん、いつでも、お茶の人たち!との時間は歓びでいっぱいで、ENCHAN-THÉ の高級ラインのお茶も決まり、樹齢300-500年の稀少なお茶までラインナップに加えることができるようになってホッとして、やっぱり今日のお茶はとってもおいしかったのです。


f0038600_23172086.jpg

最近は、もっと学びたいこと深めたいことが次々出て来てしまって、まだまだまだまだがんばりたいこと頻りです。

フランスでお世話になった方々から教わった

「わたしたちはお茶を販売すると同時に夢を売るんですよ。お客様に喜んでもらえるよう、そのお茶で楽しい、心地よいひとときを過ごしてもらえるよう、素晴らしいモノを提供するんですよ。」という言葉は最初から常にココロに刻んでいますが、

心地よいお茶の時間、団らん、ホッとする穏やかな時間。
お茶のもたらす役割をもっともっと深めて、ご案内していくことが目下の一番大切な仕事です。

毎日、おいしいお茶を味わえる楽しさ、豊かさを多くの人々とPartagerできるようがんばる!のが自分の楽しみ。少しづつでも前に前にと進めるよう、成長できるように、日々、工夫して尽力します。


Bonne semaine.


# by enchan-the | 2019-03-19 23:17 | 日々

3月も後半になって、だいぶ調子も戻ってきました。

たまった資料を片付けてみると、結局、いつも残る大事なものはずいぶん前から変わっていなくて、忙しい間に溜まってしまったモノは案外、無くても大丈夫なモノが多い。
余裕がないと、いかに無駄が多くなってしまうか〜。残念な習慣も見直しつつ、反省できるのも片付けの良いところです。


残す組みに分類されたフランスの雑誌をみていると、大好きな「PHILIPPE CONTICINI : フィリップコンティチーニ」の記事がありました。
フランスでは、デザート界の巨匠として、神に近いくらいの存在の大御所です。
日本では、GINZA SIXのB2Fにお店があるのですが、あまり宣伝をしていないせいか、知られていないのかな。


大好きなサントノレ de PHILIPPE CONTICINI . みているだけで目眩がしてくるほどおいしそうです。生クリームの力強さ、キャラメリゼしたシューの美しい飴色。ため息がでるくらい惚れ惚れしてしまいます。


f0038600_16290503.jpg

フランス菓子は美味しくて美しい。
ホンモノの持つ力強さはお菓子にだって宿るんですね。食の文化は様々ですが、丁寧に作られたモノの魅力を改めてじっくり味わいたいと強く思うこの頃です。

f0038600_16291930.jpg

乳製品のおいしさはやっぱりフランスには適いませんけど。土が違う、草が違う、それを食べる牛が違うのだから仕方ないですね。

さて、このサントノレに合うお茶の法則について熟考している休日です。



こちらは毎回、残す組みに分類される雑誌 『Ku:nel』. 片付けの時にしかその存在を思い出さない保存版なのですが、なんと、2003年発行です。2003年っていつよ?ってくらい昔のですが、とってもおいしそうなパンケーキの特集があって、手放せず。^^;
贅沢に丁寧に作られている一冊です。

また次回の片付けに再会するのを楽しみに。保存棚の下にkeepしています。

f0038600_16293953.jpg

さて、今週は、久しぶりに PHILIPPE CONTICINIに行ってみよう。


*欠品していたルイボス系は今週入荷予定です*


Bonne semaine.




# by enchan-the | 2019-03-17 16:49 | 紅茶とおいしい組合わせ

やっと落ちつくことができた土曜日。
ひとつの事業を卒業することができる安堵で、心底ホッとしています。


出張でお客様にいただいてきた焼菓子がいっぱいあるので少し持ち帰って、新しいお茶
「BERLIN」といっしょに。

f0038600_14433053.jpg


フランスも好きだけど、ドイツも好き。
とくにベルリンは居心地がよかったです。

f0038600_14462877.jpg

f0038600_14464293.jpg


赤いけど、快適だったカンペールのホテル。

f0038600_14465270.jpg


f0038600_14470176.jpg

また行きたい。

いろいろなモノを見て、感じて、味わって、ENCHAN-THÉの世界に反映させて、おいしいのはもちろん、魅力的なお茶の数々を作って、心地よいお茶の時間をご案内していけるようにがんばろう。


集中できる時間が戻りつつありうれしい限りです。

さて、週末はアタマの中の洗濯!
整理整頓に励みます。


Bon week-end.







# by enchan-the | 2019-03-16 14:54 | フランス紅茶

今回の仙台では、朝から予定を詰め込んで、伺いたかったお取引先様をいくつか訪問したり、9年ぶりくらいのお取引先様にも再会できたり。充実の出張でした。


仙台への新幹線の中で、フランスのティーブレンダー嬢とメールのやり取りをしていると、
「仙台に行くなら、bibliothèque (図書館)に行くべきよ。スゴく美しいから」と。
何年か前にご子息と一緒に、松島とか仙台を旅したことがあるんですね。

「忙しいから無理かな〜」「みた方がいい」「・・・行ってきます」


ということで、土地勘がまったくないし、車も多くて道路も混んでそうなので歩いてしまおう。と、
あちこち歩き回って、図書館へも徒歩で。おかげですっかり中心地の道を覚えました。

f0038600_16085555.jpg
f0038600_16084674.jpg


フランス人から仙台のオススメを聞くとは思いませんでしたがステキな建物でした。

フランスの図書館はあまり覚えていないのですが、南仏のモンペリエにいた時に、AntigoneのOlympic Poolのカッコ良さに驚いた記憶があります。日本のプールとはカッコ良さが全然違って、その界隈の雰囲気も良くて、用もないのにAntigoneへ通っていたことも思い出しながら....歩き疲れて休憩。

結局、ここのショップでも欲しい本を見つけてしまって、重いのに!それらを背負って再び歩いて藤崎さんまで行くことに。もう十分すぎるくらい仙台を歩きました。


f0038600_16092985.jpg


午後は昨年パリで出会った、輸入ヴィンテージ家具屋さんを営むご夫婦と再会。
CHICKADEE さんといいます。とっても魅力的で元気なご夫婦。

家具の倉庫やお店、ご自宅にもお邪魔させてもらったのですが、素晴らしい本物の家具の数々に圧倒され、まるで喋る家具辞典のように何でも!ご存知のご主人の熱量にも圧倒され、毎日が好きなことと好きなものに囲まれて、好きな人たちと仕事をしているライフスタイルにも大いに刺激を受けました。


せっかく、今、生きているんだから、好きなことを思いっきりやらないで何するんでしょう?
心地よく生きていかないでどうするんだろう?と、思いっきりインスパイアされました。^^


それにしても.....本物のWEGNERがあるんですよ。いっぱい。仙台に。

ご自宅にはいちばん気に入っているという家具の数々が置かれていました。

好きなモノに囲まれた毎日っていいですね。 自分もお気に入りのイームズのラウンジチェアに座って本を読んでいる時がとっても幸せです。


f0038600_16101243.jpg

f0038600_16094801.jpg


好きなものを極める人の熱量は本当にすごいですね。

こだわりがあるっていいことだなと改めて思いました。


f0038600_16103772.jpg


何だか....目が覚めた感じです。

脱皮しよう!


どうぞよい週末を♪



# by enchan-the | 2019-03-15 21:36 |



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム