excite

Exciteブログ トップサイトマップ


5月らしい気持ちのいい連休ですね。

休日出勤も終わり、ようやくリラックスモードへ。
急遽、出産のお祝いにと、思いがけず刺繍をすることとなりまして、久しぶりに針と糸で遊んでいます。

漂白していないコットンのスタイは、随分前にフランスの刺繍やさんで、いくつか買っておいたもの。ようやく日の目をみることになって何より!と、ほとんどやったことがないクロスステッチがパズルみたいにおもしろくて。どんな色を乗せていこうか考えるのも楽しいです。



Point de croix : クロスステッチ_f0038600_15563467.jpg


それにしても、刺繍はスマホよりも目によくないかも。と、裸眼で奮闘していますけど、これでは、おばあちゃんになった時に針と糸を持つなんて。。。けっこうムズカシそうです。クロスステッチではなくて、普通に下図を書いて刺繍する方がラクかな?

まあ、楽しめる時にたっぷり楽しんでしまおう!ということですね。


Point de croix : クロスステッチ_f0038600_16020257.jpg



昨日もまだありました。さくらんぼ!
少しだけ、鳥が食べたような跡を発見しました。^^


Point de croix : クロスステッチ_f0038600_16062112.jpg


家の中ではやりたいことがたくさんあって、窓の外にはたくさんのグリーンが広がっているし、少しだけお散歩できれば、十分満足な連休です。


休日のお茶、刺繍のパートナーは、ほとんど『パリの午後』。ダージリンの1stほど軽すぎず、春から初夏にかけてはちょうど良い心地よさのブレンドです。朝から夕方まで繰りかえし、時々、『サンセヴァスティアン』か、ダージリン。おいしいお茶の時間は至福ですね。


さて、このクロスステッチ、2日で仕上げることができるでしょうか?!


引き続き、どうぞ良い休日をお過ごしください。



# by enchan-the | 2021-05-04 15:45 | 日々

ようやく、滞っていたEU勢からの貨物にも見込みが立って、おかげでお休みは1日無くなりそうですけれど、まずはまずは良しとして、少しだけ安堵。

時々、ホントーに大変だなあと思いながらも19年、フランスの会社とのやりとりは続いていますが、客観的に見ると面白すぎることがよく発生しますので、笑えることが何よりでしょうか。笑うしかないケースもよくあるのが彼の国です。^^;

とりあえずは、ゴールデンウィークですね!


早朝出勤をした今朝の雨上がりの通勤路。

ふとみあげると、さくらんぼ? ご近所の木の枝にたくさん。雨に濡れてキラキラ光っていました。


東京でさくらんぼを見かけるのは、初めてかも? それもこんなにたくさん!
おいしそうより真っ赤な実がかわいくて、朝からうれしくなりました。


Rasa Sayang : ラサ サヤン_f0038600_20492160.jpg



Rasa Sayang : ラサ サヤン_f0038600_20470904.jpg


真っ赤な果実をたくさんブレンドした紅茶が『Rasa Sayang : ラサ サヤン』です。

赤いフルーツと花々で飾った「ラサ・サヤン」は、エキゾチックな現地の言葉で「愛する気持ち」。
落ち着きのある雰囲気を醸し出すようカシスを加え、ほんの少しの柑橘系の香りで風味を引き上げました


キラキラ光るさくらんぼうのようにかわいい『Rasa Sayang : ラサ サヤン』。
フルーティでありながら、後味がさっぱりしているので、生クリームをいっぱい使った洋菓子やパフェなどと一緒に楽しむのもおすすめです。お休みの日の午後ののんびりした雰囲気(南国でのヴァカンスのような雰囲気!)にもとっても良くあいます。



さて、今年もまた、会社のオリーヴもローズマリーも絶好調で、ぐんぐん育っているようです。
お出かけできるとかできないとか、どうでも良くなってきた感もありますが、動植物にとってはまちがいなく、環境が良くなってきているように感じられることがとてもうれしい連休です。



どうぞ良い休日をお過ごしください!




# by enchan-the | 2021-04-30 20:44 | フランス紅茶

そして、再び、静かな時間がはじまりました。

なぜか4月は慌ただしくて、気がつけば、けっこうお疲れ;でしたので、ちょうど良いタイミングでやってきた静寂の時間が、うれしく思える日曜日です。


慌ただしいときに癒しを運んでくれるのが、お昼休みのAちゃんの子供時代の話し。

「スーホの白い馬」ならぬ「アXXの虹色の山羊」!の話しに、すっかり心をつかまれ、揺さぶられました。

彼女の家には200匹くらいの山羊がいて、山羊たちは早朝から草を食べに出かけます。昼にヤギが帰ってくると、まずは2-3人の子どもたちで全部の乳搾りをするのが日課。雨の日と冬以外はまいにち、まいにち。小さな頃から10年以上も続けていたと。
「手が痛くなって本当に疲れた!」そのあとは、搾乳したものを加工して。夕方になると、こんどは牛が帰ってくる!そうで。。。

まいにちの暮らしが生きることで、家族が力をあわせて日々の生活を営んでいくのが当然で、そうやって賢く育って、知恵があって勉強もできる彼女。根底には、力強さとやさしさと思いやりと愛情がいっぱい詰まっていて〜。ええ、産業革命以前の話ではないんですよー!つい、15-25年前の話。

ヒツジはバカだと、ヒツジとかヤギのモノマネをしてくれるのを聞いていると、少し前にハマっていた「フランス語版!アルプスの少女ハイジ」のハイジに話を聞いているようにも思えてくるけれど、とても近いものがありそうです。^^


物理的にも広大な土地での暮らしによる視野の広さは、心の広さにも、器の大きさにもつながるように思えて、それはやはり豊かで大変贅沢なことだと。狭いところでの密度の高い暮らしでは、近視眼的な傾向になることも、すぐ近くの人間と比べたりするような意味のないことをしたくなることも、意識して変えなければ、仕方がないのかもしれない。というように感じたりしています。


silence !_f0038600_13453897.jpeg


留まっているのは広がらないことで、終わっていること。遠くに移動したいと思うけれど、まずは1歩でも前に進みたい。もちろん、思考の中でですけれど。そんな風に、ひさしぶり進化したいと思うようになったのは、なかなかうれしいことでもあります。

しばらくは、閉じこもり生活が続きそうですが、いつでもどんなときも、心は大きく広く持って、楽しく過ごしたいものですね!


Aちゃんの故郷に、大きくて素敵なスポーツ施設ができたそうで。

「そうやって自然を壊しちゃうのはよくないんじゃない?」

というと、Tちゃんまで、「本当にすごーく広いから、自然は全然無くならない!」と。


まだ訪れたことのない土地なので、まったく想像ができないけれど、ほとんどの人がそのスポーツ施設を利用しに、馬でやってきて、運動したあとまた馬で帰っていく。。。というのも、なかなか想像ができないものでありました。^^;


「自転車みたいに置いておいて、馬が盗まれちゃったらどうするの?」というわたしのつまらない問いには、

「馬は自分で家に帰ってくるでしょお!(あたりまえ!)」と、2人して笑うのでした。


知らないことって、たくさんありますね。


虹色のヤギの話はまたの日に!


Bon dimanche.


silence !_f0038600_14170854.jpeg




# by enchan-the | 2021-04-25 14:09 | 日々

再び、気持ちのいい陽気になりましたね。
美しい緑がいっぱいに拡がる、うれしい季節のはじまりです。

少し前に買っておいた、イタリア産のオーガニック・古代生アーモンドをおやつにしようと、ローストしてみました。
古代アーモンドというのは、品種改良していないアーモンドの原種です。アーモンド好きにはたまらないおいしさですが、ローストしたばかりのものはもう、格別!ですね。(がまんできずにオーブンから出したばかりのものを口に入れて、火傷しましたが。。。^^; )


Pour le BONHEUR :  C\'est par là !_f0038600_15302620.jpg


幸せ行き → 。 それはそっちよ ←。

これは、ドアかどこかにかけるものなのか、何年か前に、アルカッションの食器屋さん(エビのお皿を買った!)で、ティーブレンダー嬢が買ってくれたもの。彼女はよっぽど気に入ったらしく、お友達の分までお土産に買っていました。もうひとつ「アルカッション ここは、天国!」という赤色のものもプレゼントしてくれたのでした。


相変わらずの状況は続いていますが、お茶の時間には、カップの中には、シアワセが見つかる。

ホッとできる時間はやっぱりシアワセです。ホッとして、落ち着いて、自分を大切にして。
お茶の時間から広がる柔らかい愛が、少しでも多くの人に届けば、今より少し!良い世の中になると思います。


忙しくて忙しくて、心も体も疲れていたら、明るさも元気も、良いものがみんな消えてしまうと思いますから。心を亡くしたら、ダメなのですねえ。


この札?!をもらった頃の自分は、忙しさを通り越して消耗しきっていた状況で、みかねて買ってくれたのでしょう。『もっと人生を楽しみなさい!』と。『人生は思っているより短い』そんなことも言っていました。


Pour le BONHEUR :  C\'est par là !_f0038600_15490309.jpg


このおだやかな陽気の中、鳥の声を聞いて(アーモンドを食べて♪)いると、去年の今頃がつい昨日のようにも思えてきます。


幸福を運んでくるミュゲ(スズラン)も咲き始めました。ご近所のミュゲ(スズラン)、まちがいなく去年も写真を撮りましたけど、あれからもう1年なんて!


Pour le BONHEUR :  C\'est par là !_f0038600_16075827.jpg


フランスでは、大切な人にスズランを贈って、幸せを願う5月1日。

こういう小さなシアワセが広がっていく習慣や楽しみがあると、やっぱり暮らしが豊かになりますね。


余裕がある今だからからこそ、大切な人をまわりの人を思いやって愛を送って、ゆっくりお茶を飲んだら!? もっともっと、暮らしやすく、楽しく過ごしていけそう。な気がします。ね!


L'heure du thé avec ENCHAN-THÉ !!






# by enchan-the | 2021-04-21 15:44 | 紅茶とおいしい組合わせ

気がつけば、金曜日。肌寒い日が続きますね。

なかなか解決しない不自由な状況は相変わらずですが、余裕ができたおかげで、忙しい時には気がつかなかったことや便利なことを見つけては、楽しんでいます。


例えば、もう絶版になってしまって、日本の専門店でも手に入らないと言われてしまったフランスの本。例の大きなネットの本屋さん(.frです)を使えば、フランスのどこかの古本屋さんからすぐに送ってもらえるんですね。探していた2冊の本は、あっというまに好みのコンディションとお値段のものが、2つの古本屋さんから届きました。

これがもし、旅先で見つけようと思っても、せっかくの旅行中に古本屋さんでたくさんの時間を費やすわけにはいかないし、そもそもどこへ行けば見つかるかもわからないものを、探してもらえる。というのは、つくづく便利だなあと思いました。海外から届く荷物にも、ちょっとわくわくしますし。ね!


ゆとり。_f0038600_12550786.jpg


とはいえ、パリのカルチェ・ラタンにあった有名な、100年以上続く本屋さんが閉店してしまったそうで、とっても残念でした。前はパリに行くたびに一度は寄っていましたけど、そういえば、ここ数年は足を運んでいなかったかも。
東京の近所でも、あったはずの場所に目当ての本屋さんが無くなっていてショックを受けたことが2回もありました。

便利な世の中ではありますが、本屋さん好きとしては、やはり実店舗はあってほしいと思うわがままな気持ちとの板挟みで困ってしまいます。今年も来年も、しばらくはまだ、いろいろな変化がありそうですね。


さて、今週は、日経新聞夕刊にあった、料理研究家・土井善晴さんの連載:食の基本は「一汁一菜」が大いに楽しめました。フランス料理と日本料理を学び進んでこられた方の思想も興味深いですし、何よりとってもおいしそう!ということで、すでに4冊の著書が目の前に。。。^^

食事はすべてのはじまり。おいしいものと一緒の心地よい時間はやっぱり幸せですね。


どうぞ良い週末をお過ごしください。





# by enchan-the | 2021-04-16 21:35 | 日々



フランス紅茶 日本茶 フランスのこと、旅のこと、日々など...お茶の時間を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
画像一覧
ファン
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム