excite

Exciteブログ トップサイトマップ


雨上がりの日記が消えてしまいました。
キレイな青空だったのに残念、、、そしてまた雨の週末がはじまりますね!


今週は久しぶりのおめでたいニュースが届いて、ご結婚お祝いを贈ることができてうれしかった〜。あいにくお茶を入れる道具は最早、贈れなくなってしまいましたが、気に入りの花たちをたくさん!お届けすることができたのでとても嬉しく思っています。お花たちは型もあるし、何か別の素材で作れたらいいなあ。などとぼんやり考えています。


こちらは、最後の紅白のタチアオイ。赤い色が大好きなフランスの友人に贈りました。


ただ包みをあけただけの場面ですが、なんとなく素敵に見える、空気が違う。と思える写真が送られてきて、やっぱりうれしい。


f0038600_22021618.jpg


じつは今週は、キュリー夫人疲れ(激動すぎて!)で、若干ペースが乱れ気味でした。^^;

次女のエーヴ・キュリーが書いた、そして河野万里子氏訳(サガンの新しい訳などを手がけた方)の本はとーっても素晴らしいですが、濃かった。入り込み過ぎて、自分もポーランドで、そしてカルチェラタンで生活しているような濃い時間に浸かってしまい....疲れました(笑)。今は改めて、岩波少年文庫の方でクールダウン中です。


さて、読書もほどほどにして、今月には仕上げなければならない課題に向き合わなければ。

大好きな仕事がたくさん待っているし、早く整えて軌道に乗せて、、、それからがまた楽しみです!


ようやく出来上がった『アールグレイ・リヴゴーシュ』、新しいアールグレイは、ベースのダージリンにもアッサムにも、そして、セイロンもこだわりの農園の茶葉を使っています。もちろん天然のベルガモット香料を少しだけ使いました。


キュリー夫妻の実験室のあったカルチェラタンもまた、リヴゴーシュにありました。
パンテオンとか、カルチェラタンとか、サンジェルマンデプレとか。。。文学的であり芸術的な雰囲気もある左岸。リュクサンブール公園も素敵ですね。

Café de FloreやLES DEUX MAGOTSなどの有名なカフェがあるのも左岸(リヴゴーシュ)です。

来週以降、改めましてきちんとご紹介いたします。


どうぞ良い週末を!





# by enchan-the | 2019-06-14 22:02 | 日々

東京も梅雨に入りました。
昨日は雨の中、久しぶりにDora姉さんが遊びにきてくれました。

本当に瞬く間に時間が過ぎて、友人にもご無沙汰ばかりで、いつから会っていなかったっけ?
なんと、Doraのレジオンドヌール勲章の受賞パーティ以来。どうしてこんなに時間を無駄に使っていたんだろうと若干焦りもしますが.....まあ、これからこれから!

f0038600_12425286.jpg


今年からの彼女のテーマはパピヨン(フランス語の蝶)。日本各地を世界中を優雅に飛び回りながら活躍中。で、お茶の中に蝶々を見つけて喜んでいます↑


来週に発売される新刊は『好きなことだけで生きる』(大和書房)。何年か前に出版された書籍の文庫版です。近頃は似たタイトルの本も出ていますが、Doraが最初。そもそも発想やコンテンツはフランス人ならではですし、ここまで書いちゃう?という内容がまた新鮮です。


歳を重ねるほど、女性の人生には「好き」が必要になる。好きなこと、好きな人、好きな場所、好きなもの。いくつ答えられますか? というキャッチには、確かに〜。と、その方が間違いなく楽しいですからね。おそらく自分もかなり好きなことだけで生きているように思えますが、考え方次第で如何様にも、毎日の中に、好きなこと、楽しいことだけをもっともっと見つけていけそう! さっそく予約しました(笑)。


Dora(ドラ・トーザン)の本(たくさん出版されています!)は、とくに若い女性や男性も読むといいと思います。多様な考え方に触れることは、間違いなく自分の可能性を広げてくれますし、日常に新しい彩りも加わることでしょう。さらに魅力的な自分になるための一歩になるかもしれません。

誰の人生にも山も谷もあって喜びもあれば悲しみもあり、常に平坦ではないけれど、いつでもポジティブに、まわりを明るく照らすような強さを持って生きている著者のその魅力的な考え方、生き方の理由の数々も本の中から見つけられるはずです。


f0038600_12512664.jpg



さて、落ち着いたお天気の週末。
遅れた衣替えをしつつ、本日は『Madame Curie : キュリー夫人伝』を夢中になって読んでいます。深い感動、感激が止まりません。

古典や哲学書には心が洗われるものが多く、心の安寧や勇気をもらえますが、偉人の伝記も同じ。昔々に想像を超える努力をして、さまざまなものを生み出してくれた人々がいたからこそ、今の私たちがこうやって暮らせることに感謝できたり謙虚になれたり。人類はすごいし、自然も素晴らしいし。同時に一人の人間ができること、能力や可能性は限りなく大きいということも学べて、うっとりします。


f0038600_13074485.jpg


もちろん本を作ってくれる人々がいるからこそ、こういう幸せな時間を堪能できるわけで。
これもまた非常にありがたい限りです。


どうぞよい週末を!!



# by enchan-the | 2019-06-08 12:22 | フランスのこと

いいお天気の1日でした。
ケータイを忘れて、あちこち外出をしていたものの、案外どうにかなるものですね。
たまには、却ってスッキリして良いかも。と思いました。


さて、今週は、うれしいことに、にぎやかなPorte-bonheur(幸福を運んでくるマスコット、お守りみたいなもの)たちがいろいろ。わが家に集まってきました。


ピンクの子ブタ、ターコイズのGlumo、おみくじ子鹿@春日大社は、久々の大吉♡ 普通のおみくじの方も大吉で(2回も引きました)、久しぶりの【大吉】に喜びもひとしお。。。
ここ数年、けっこう厳しかったですから(笑)。


f0038600_20182077.jpg



そして、本日は、2名の超大物も仲間入り。
88歳と95歳の 魅力的な 老人 偉人、超人は、とーっても、かわいい〜っ。


この年齢でバリバリの現役、日々、人並み以上の勉強と仕事を怠らず、進化成長しまくりの素晴らしい人生の先輩方を見習わないと!と、つくづく思います。WもCも手のひらサイズと予想以上の大きさで、存在感もすごいです。
眺めているだけで楽しくなるかわいさですが..... 勉強しないと、仕事しないと怒られそうにも思えてきます。^^;



f0038600_20181400.jpg


でも大丈夫。おかげさまで、ようやく自分の仕事に集中できる理想的な環境が整って、安堵しつつ、楽しく働ける環境をとってもうれしく思っています。


静かにコツコツと労働して勉強して、また少しでもみなさまのお役に立てる仕事ができるように経験も能力も重ねて磨いていきたいですし、やりたいことがまだまだあるので、マイペースでがんばります。



Porte-bonheur*は、魔除けにもなってくれるようで、心強い限りです(笑)。

久々のチョコキャラメルもおいしかった!キャラメルだけでない、チョコレートだけでない、チョコキャラメルというのが(時々)とても恋しくなります。
merci mille fois。

さて、明日もいそがしいお茶作り!がんばりましょう〜♫




# by enchan-the | 2019-06-06 20:22 | 日々

うれしい!6月がやってきました。

さわやかな季節は、キレイなうすい色が似合いそうな雰囲気。

先ほどの帰りがけに、何週間か前から、しつこくしつこくMさんにお願いしまくっていた^^;子ブタたちをいただいて。思いっきりうれしい月曜日となりました。


薄いピンクと薄いグレーがたまらなくかわいい子ブタたちです。
加えて、この表情がたまりません。

f0038600_18444128.jpg


f0038600_18442669.jpg


アイシングクッキーにもさまざまありますが、やはり、作る人によって出来映えもさまざま。

絵の上手なMさんの作るアイシングクッキーは、本当にたまらなく魅力的です。
下地のクッキーも型を使わず、フリーハンドでナイフでささっと、難しい形だって作ってしまうのです。

お菓子も。。。。やはりセンスに尽きますね。
こんなにかわいいブタ、みたことない。 Merci maiko !!


f0038600_18443447.jpg


さて、フレーバーティといっても、作られる国、会社によってさまざまです。

風味もみためも様々ですね。入っているフィロソフィーやエスプリだって、まったく異なります。

もちろん、原料をただ混ぜるだけ。。。ではありません。(当然ですが念のため!笑)


一口飲んだだけで『ENCHAN-THÉのお茶だ!』と、わかっていただけるような。おいしくて魅力的なお茶を作って、ご案内してご紹介していきたいと心がけています。


近くに置いてあるだけで、うれしくなるような。(子ブタたちがいるだけで、今日はとっても幸せ!)そういうお茶になりたいと、また今月からがんばります!





# by enchan-the | 2019-06-03 18:58 | 紅茶とおいしい組合わせ

土曜日は朝イチで芦屋へ到着。

久しぶりにここでお茶できるのがうれしい @ ESSENZA & BRADIPOさん。
同じく久しぶりに、とても好みのキッシュに出会えました。 おいしい紅茶にも!

f0038600_21372269.jpg


f0038600_21381406.jpg


何回めかの訪日になると、寂しいことに東京をスルーしてしまう方々も多く、LILLEのご家族も今回は西日本のみ。ということで、再会はややローカルな?西宮にて。 

自分もフランスへ行ってもパリに寄らないことはけっこうありますし。地方の魅力が格別なのは、どこの国も一緒ですね。日本では関西のひとつの街を拠点にすると、大阪、京都、奈良、宇治、神戸と気軽にあちこち行けちゃうのでとても便利。ということを知りました。


さて、久々の再会は本当に本当に楽しくて嬉しかった。。。大好きな人たちとの再会いうのは、10年以上ぶりには思えないくらいすぐに元に戻っちゃうのが不思議です。
小さなRは音楽のプロデューサーになっちゃっていました。仕事がすごく楽しいと、相変わらず礼儀正しいところがかわいくて。でもZAZはイケテナイし、若い人は聴かないよ。って笑うのが悔しいですが(笑)。
で、今、おすすめのミュージシャンを教えてもらうと。

日本人として出てきたのが、Hiroshi Yoshimura , Midori Takada.

フランス人メインで教えてもらったのは(フランスじゃないのもありますけど)、Jeanne Added, Tizah, Parcels, Hot Chip, Foals, Altin Gun, Flavien Berger, Agar agar, Tame impala... おかげで楽しみが増えました!


再会がうれしすぎて、Aの傍からずっと離れず、懐かしい話からこれから先の楽しみまで、話しても話しても足りないくらい楽しい時間というのはあっという間ですね。心地よくてとーってもリラックスできた週末でした。



せっかく関西まで来たので、奈良にも寄り道。

たくさんの自然の中でエネルギーをチャージしたかったようです。
朝ごはんは春日大社で。8年ぶりですけど、ここは何故かとても惹かれる場所のひとつです。


f0038600_22343656.jpg

春に生まれたらしい子鹿たちにも会えました。

f0038600_22344655.jpg



f0038600_22345348.jpg


f0038600_22350009.jpg

さて、6月です。
今月もまたがんばりましょう!



# by enchan-the | 2019-06-02 22:02 |



フランス紅茶 日本茶 おいしいものの話。フランスのこと、旅のこと、日々のことなど...フランス紅茶とテーブルの上を愛するオーナーによるいろいろ。
by enchan-the
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する
copyright (c) 2010 enchan-the.com
all rights reserved.

・アンシャンテについて
・フランス紅茶とは
・美味しい紅茶の淹れ方
・ホームページ

カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
フランス紅茶の話、フランス人の普段の素敵な暮らし方、紅茶会社のこと、フランス地方菓子のレシピなど、今までにご紹介したかったたくさんの素敵なことや人々についてを一冊にまとめました。



Copyright c Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム