タグ:フィロソフィ ( 9 ) タグの人気記事

モフモフ自慢


昨年 腎不全で12歳で

亡くなってしまった愛犬サフィー



別れの日が来るのは覚悟していたけれど

彼女のいない日々は本当に悲しくて

ただただ別れを惜しみ

ただただ悲しむ時期を過ごそうと



子供達の受験が終わるまでは

新たな仔犬を迎えることなんて出来やしない

と思ってたけれど




"え、反抗期冷めやらぬ 感じ悪目の

男子受験生が2人いるの?

そんな家庭内地獄はワンコがいないと

乗り切れないわよ"


と学生時代からの友人に言われ



! ! !



昨年新しいモフモフちゃんを迎えました


受験生とぶつかり

心が殺伐としたら

このムチムチのモフモフを

ギュッと抱きしめる


d0339681_18114516.jpg
















険しい私の顔を

大きな瞳で見つめて

シッポをパタパタ



ワンコがいて本当に良かった



お気に入りの靴をガブガブに

噛まれても怒る気にもなりません(笑)


木蓮が咲きました

アンジェリーナの店頭には2つの鉢植えがあります。


1つはハリーポッターが愛用する魔法の杖と同じトネリコの木



d0339681_18155004.jpg















もう一つは昨年 隣のお花屋さん

カントリーハーベストから頂いた木蓮の木です


木蓮は春先に真っ先に花を咲かせます



d0339681_18151281.jpg















木蓮と言えば紫の花がポピュラーですが


アンジェリーナの店頭の木蓮は淡いピンクかがったホワイトで


3月の誕生石である珊瑚のエンジェルスキン に近い色合いです



d0339681_18164825.jpg















一億年前の化石に木蓮が見つかったということですから


はるか昔から地球に春が訪れるのを毎年知らせていたんですね




花言葉は "自然への愛"

地球のサイクルに合わせて生命を謳歌する木々や花々を

春の訪れと共に祝福する愛らしくも美しいキューピットです


"宝石姫"になればいい  2

〝宝石姫を目指せ”

前回からの続きです


先日いらしたのは

理知的なアーモンドアイに

上質なニットワンピース姿で

誰からも愛されそうな30代のお客様



そのお客様からのご要望は

どんな時も周りに流されずに

自分らしさを表現できるようになりたい”



そうあり続けるのをサポートしてくれる

パートナージュエリーのガイドでした



なんで、どんなことがあって

そう思うのか聞いてみると

彼女は幼いお子さんを

抱えながらお仕事をなさってるそうです



働くお母さんなら誰しも同じでしょうが

時間に追われあっという間に

毎日が過ぎていってしまう



彼女の職場では理解のある

同僚達に恵まれているそうですか

何故か皆さん

愚痴を話すことが多いようで…



仕事中に空き時間など

それぞれが仕事や

職場のスタッフの不満

ばかりが話題になるそう



そんなに悪いことばかりではないはずなのに…

そう思いつつ幼い子供のいる

自分に便宜を図ってくれている同僚に

反論するのは忍びなく

毎回その愚痴に同調してしまうのですが

あとで胸がチクチクと痛む



そしてお子さんの幼稚園が一緒の

ママ友達との会話も

子育てや家庭の不満が話題に

のぼることが多くて

その場をうまくやり過ごしたいから

やはり同調してしまう



そしてその後は

自分らしくない言葉を

話したことで悶々としてしまうのだとか




周りの人の仕事や子育ての大変さを

理解してあげたい

でもその不満の言葉の洪水を

簡単にやり過ごすことが出来ずに

溺れてしまいそうになる



彼女の優しさと感受性の

豊かさならではの悩みであり

そんな素敵な人だからこそ

勇気をもって

本当の自分らしさを表現してほしい



言葉は簡単に発することの出来る

エネルギーであり本人はもちろんのこと

周囲の人や聞く人のマインドや

エネルギーに影響を与えます





ここでやっと『宝石姫』のお話しですが

宝石姫が話す度に

唇からこぼれ落ちる

宝石や花びらというのは

実は美しい言葉のことなのではないかと

おもうのです




逆もしかりで

宝石姫のお姉さんの口から話す度に

飛び出す毒虫やイボガエルは

人を不快にさせてしまう

不満や悪口だと言えることでしょう




宝石も花も人の心を癒し

豊かにするエネルギーをもっていますが

それは言葉も同じこと



せっかくのご友人の話しの輪を

拒むことはありません



"そんな風に思えることもあるよね"など

一度 相手の話を否定せず

頷いて受け取ってあげてから

"でもこんないいこともあるんじゃない"

とあなたが思う別のポジティブな

側面をあなたらしく言葉にすればいい



初めは相手にびっくりされるかも

しれないけれど

大丈夫、ちゃんとあなたらしい

言葉を重ねていくうちに

相手は いつかあなたが感じる

ポジティブな側面に

共感してくれるようになるでしょう




すぐに理解されることを望むのではなく

あなたが思うあなたらしい

宝石のような言葉を

表現することを大事にして下さい



あなたの中に いつもあの

"宝石姫"がいることを思い描いて下さい




あなたの中の"宝石姫"のエネルギーを

高めるパートナージュエリーは

素直に内面の美しさを表現させる

モルガナイトやクンツァイト、

ピンクサファイアがお勧めですよ


d0339681_13242934.jpg


美しいボキャブラリーが増えれば

それはあなたの能力となり

人生の更なる可能性を広げてくれます

ね、素敵なおまけでしょう178.png






節分の日こそ今年のスタート

今日は節分ですね

いよいよ新たな年がスタートする節目となる日です


1月は

昨年経験したことから

自分がどんなことを学び

新たな発想を得たかなどを見直して


それを活かしつつ

新たな今年はどんなことを経験し達成したいかなど

考え明確にすることがいいとされていますよね


ですから毎年1月は

アンジェリーナにご来店下さるお客様から

新たな年の抱負を聞かせて頂く機会がとても多く

先月も沢山の素晴らしい刺激を頂きました




私自身の目標は

昨年は "今まで培ってきた能力を信頼して発揮するために常に置くべき自分の在り方"

がはっきりと掴めたわけですが

それには今までの私の在り方では不充分だし

ブレてしまうこともあり

まだまだ移ろいやすいセルフイメージであります


だから


その自分の中心に置くべき軸を

ブレずに完全に自分のものにするためには

無意識に思考する時でさえ

新たなセルフイメージのままであることを目指していきます



伝わりづらいのですが

昨年見出した目指すべきセルフイメージと今までの私、

それを調和させ発展させるのが今年の目標なんです



そんな私が欲しい今年のパートナージュエリーはエメラルド

エメラルドは 完全な信頼と新たな新芽の成長を意味します



d0339681_16091433.jpg











自分の人生を完全に信頼するからこそ

新たな挑戦に挑めるもの

今年は新たなチャレンジと

小さな成長を積み重ねることを楽しむことにします


d0339681_16102621.jpg















174.pngショートセミナーのおしらせ

29日㈯ 13時~16

初心者さんのための

〝願いを叶える私になるをテーマに

ジュエリーのエネルギーを知るショートセミナー


目標とする新しいセルフイメージを

組み立てて活用すべきジュエリー使いをお伝えします



ご興味のある方は

info@angelina.co.jp

までお問い合わせ下さいね

日時 2月9日(土)13時〜16

参加費 8000


翡翠のハートペンダント

昨日 母娘でいらしてお客様が 目に留めて褒めて下さったのは翡翠のペンダント



深い森のようなグリーンでありながら

ハートにカッティングされた大振りな翡翠のルースの珍しさに心惹かれ

買い付けたもののなかなかデザインが決まらず

デザインと制作に数年も掛けてしまったペンダントです





d0339681_16114992.jpg



翡翠は 東洋において宝石の中でも別格の存在であり

“五徳を授ける石”として孔子が愛した宝石としても有名


五徳とは儒教で人が守るべき道とされている



仁、義、礼、智、信



他者を助け、礼節と知恵を持ち信じる心を尊ぶというような意味ですが


それらを自分の軸にすることで

災いから守られ人徳と忍耐力を持ち、

正しい知恵と冷静な判断力が育まれることで

結果的に“成功と繁栄”を手にするのです




薄いカワセミの羽根ようなグリーンな翡翠も素敵だけど

濃い深緑は 人が足を踏み入れることを拒んでいる

神聖な深い森のようで神秘的でしょ




森の奥でひっそりと眠り続けている眠り姫の護符として

相応しいイメージが宿るように

3本ラインのテクスチャーを加えたゴールドも贅沢に使ったものです




d0339681_16144459.jpg



褒めて下さったのは

男の子をご懐妊中のお客様でいらっしゃいましたが

翡翠は息子に贈りたいと思うナンバーワンの宝石かもしれません




177.pngイベントのお知らせ

11月16(金)、17()18日(日)、

23()24()25()

の週末の6日間をアンジェリーナでは

『声の波動測定』のイベントを開催します。

6月の開催時はご好評をいただきすぐに満席となってしまいました。

ご予約頂けなかったお客様が多くいらしたので

今回改めて『声の波動測定』のプロフェッショナルを

お招きしご予約頂きましたお客様それぞれの

声の波動を計測し発揮すべき潜在能力や

ラッキーアイテムとなるジュエリーを解説します。

(測定したデーターはお持ち帰り頂けます)

「声」それは 自分の心、魂、身体から

発せられるエネルギーであり「その人独自のもの」です。

人の身体の磁場に現れるオーラと同じように

声の波動を測定することで発せられるエネルギーの特徴を

計ることが出来るのです。

普段当たり前のこととしてあまり意識を向けることのない

自分の声ですが他の人との関係をつなぐ大切なエネルギーであり

その特徴を知ることで 〝発揮すべき本来持っている自分の能力

が明確になります。

自分の声の波動をジュエリーとの相乗効果で

高める方法やその楽しさをお伝え出来たら嬉しいです。

まだご予約の枠が若干残っておりますので

ご興味のある方は是非お問合せ下さいませ。



完成させることへの想い2

子供もティーンエイジャーになったら
母親の忠告なんて
なかなか聞いてくれないでしょ




いつ見ても中途半端に
テストや作文を仕上げて
提出している息子
どう話したら彼が今までのやり方を
変えられるのであろうか




大きな目標を掲げても
完了していない中途半端なものを
積み重ねることは砂の城を建てているのと同じで
築く前に下から崩れていってしまう




それをわかってほしくて
話したのは私の体験談
息子以上にダメダメだった
私が仕事を通じて
〝完成させることを意識する”
大切さを学んだことについて



それは



私が20代のころ
自分の仕事に誇りを持つことが
出来ませんでした





何故なら単純に自分が好きで
している仕事に対して
誇りをもつなんて可笑しいでしょう
だってこの仕事は自分の幸せなんだもの





選んだ宝石が素敵なジュエリーに
なるように制作することは
私にとってとても楽しいこと
でもそれで誇りを持つなんて
ずうずうしくておこがましい
と思っていたのです




d0339681_17540721.jpg
ちなみにCLASSYに掲載された
25歳の私です(笑)






でも仕事を続けるうちに
この仕事を本気で続けたいと願うなら
そこに誇りを見出し覚悟を持たなければ
仕事についてまわる困難を越えられないことに
気が付きます
自分の寿命より長くあり続けるジュエリーを
作り出す仕事が
そんなに甘い業種であるはずはないのです




どうしたら仕事に誇りを持つことが
出来るのであろうかと…
答えを見つけることはなかなか
出来ませんでした





より良いものを制作する
そんなことは好きなのだから当たり前
努力のうちにはいらないでしょう





単に好きなことをしているだけ
お買い上げくださるお客様が喜んで
下さるのはとても嬉しいけれど
それだって自分の幸せでしょ
どうあれば自分に誇りがもてるのか…?





それまで好きで制作したジュエリーが
売れなかったとしても私にとって困るとか
不良在庫になるという概念はありませんでした
だって金庫のなかにあるだけで嬉しいのですから




でも金庫の中で長らく眠っている
ジュエリーを眺めているうちに
ふと
いつか誰かがこのジュエリー達を
気に入って着けてくれる日が来るのかな?





なんて考えた時
急に金庫の中で長らくしまわれている
ジュエリーに申し訳なく思えました




ジュエリーはやはり持ち主に巡り合い
その人に喜ばれ
その人の人生に彩を与えて
はじめて役割を果たせるのではないか





デザイナーが制作し終わった段階で
満足しているようでは
そのジュエリーの真の
存在する意味を満たすことが出来ない




宝石をジュエリーとして
仕上げたら1つの仕事を完了させたと
考えていた私はあまりにも未熟者




石の上にも3年
といいますが





お客様としていらして下さる方々の
ご家族に贈るときのジュエリーの想いや
ご自身の未来のためにジュエリーを選ぶ
多くの場面に立ち会えてやっと


宝石をジュエリーに作り上げ
それを持ち主となる方の人生にとって
価値ある存在になるように
そのジュエリーのエネルギーを
活用して頂けて初めて私の仕事は
1つ完了するのだと気が付くことが出来ました


それからは


その1つ1つの仕事を完了することを
意識して少しづつ積み上げたことが
私の誇りになっていったのでした




d0339681_17543160.jpg
ちなみに20年前に25ansで
アンジェリーナをご紹介頂いた時のページ


息子が将来どんな仕事を選ぶのか
それは自分で決めればいい


でも親として望むのは
どんな仕事であれ
自分と出会った仕事を信頼して
その1つ1つを完了させて
自信を積み上げ誇りをもつこと



その道は今につながっているから



〝僕は自信なんかないんだ”
なんてのたまう前に
与えられた課題を全部とは言わないが
これはやり遂げたいと思ったことは
完了させることを意識する



完了させたものを積みあげたとき
初めて自信が生まれ
いつかそれが誇りになることを
私は体験したのだから



なんて話していたらもう夜中に!
明日から期末テストが始まるのであった
ほらっ、しっかりやり遂げて(笑)









177.pngクリスマスイベントのお知らせ

12月20日㈬~26日㈫

三越日本橋本店1階にて
アンジェリーナのポップアップストアOPEN


完成させることへの想い 1

"ケアレスミスだってば
 ケアレスミスで40点も減点しちゃったんだ”


昨夜は次男の担任の先生との面談日


得意なはずの数学のテストの散々な結果に
対しての次男の言い訳です


この言い訳は小学生の時から
聞き続けているのよね…



ケアレスミスでの減点
ということは
問題を解いても完成度を高めるための
見直しをしていないということであり
成績どうのこうのの前に



彼が自分の作り上げたものに対し
見直すという行為を面倒くさがり
完成度を高めるという意識にかけ
それまでに努力した労力を無駄にしている
ということとしっかり
向き合っていないことを意味します




ということは数学だけではない
文章作成だって
アートだってすべてに
その思考パターンは影響してるはずだから




このまま今までと同じ思考パターンを
繰り返していたら2年後の
大学受験はストレスの大きいものになる



目を見据えて諭す私に


〝うるさいな、母”
何を思っているか
一目でわかるふてぶてしい
表情で押し黙っている(笑)




d0339681_17454753.jpg



それにしても親子って似るものですね



私も若かりし頃は
物事を完成させることへの
意識が低く自分のその問題自体にさえ
気がついていなかったことを思い出しました



デザインを始めたばかりのころ
ワクワクしながら
新しい石に手を出すくせに
せっかく仕上がったジュエリーに満足してしまい
裏のカーブのつくりのチェックや
楊枝で1ピースずつ
つつきながら確認する石留のチェックなど
職人さん任せにしていたのです



数十歳年上の職人さんに
ダメ出しをすること自体を避けたかった
というのもありますが
やはり完全に完成させるという概念を
しっかりと理解し受け止めていなかった



1つ1つを完成させること
そしてそれを積み重ねること



うざがる息子を前に
私が仕事から教わった
〝完成させるために持つべき想い”
勉強とはちょっと違うのかもしれないけど
明日へと続きます







177.png アンジェリーナ店頭イベント
 11月24日(金)~30日(木)
 
 期間中は完全予約制となりますのでご了承ください


177.pngクリスマスイベントのお知らせ

12月20日㈬~26日㈫

三越日本橋本店1階にて
アンジェリーナのポップアップストアOPEN


願いの先の夢

先日お客様から頂いたメッセージカードには
こう書かれていました


″願いを叶えるさきの
女性に夢を与えるジュエリーを
作り続けてくださいね”


そんなメッセージを頂けることは
なによりも嬉しいことです


願いを叶えるをコンセプトに
ジュエリーを制作し続けてきましたが
でもその先の夢って!?


そのメッセージをはっきりと
つかみたくて早速スタッフ達とミーティング開始


大人の女性が描く夢について
とことん話し合いました



d0339681_17383525.jpg




子供の頃は
″どんな夢をもってるの?”
と聞かれたものですが
充分大人に発育したら
″あなたの夢はなあに?”
なんて聞かれなくなりますよね


だって夢と願いの違いを考えた時
願いは
こうありたい像がはっきり描きやすい
それに比べて夢は
もっと漠然としていて
フワフワしたイメージがあるでしょ



自分の夢を形にする道を歩んできた
大人の女性にとっては
フワフワしたものを追うのではなく
未来の展望をはっきりとした
言葉で言い表せる願いの方が相応しいと
思ってましたからね


そして


スタッフ達と″大人の女性の夢”
について意見を出し合った
結論は



″いつまでもキラキラして生きること”
なのではないかと


キラキラして生きるとは
年齢とは関係なく
いつまでも女性として
自分を慈しみ
人生を楽しむことだと
そんな答えに落ち着きました


そう大人の女性の夢は
フワフワじゃなくてキラキラなんだよと(笑)



年を重ねることは
生命力としてのエネルギーは失うけれど
若い頃には知りえなかった
自信や失望、喜びに悲しみ、
慈愛や知恵を得ることが
大人になることなんだと思います


強い光を放つ
ジュエリーは若い娘よりも
大人の女性を輝かせるもの


何故ならジュエリーは持ち主の
生命力を高めその人らしさを
表現させるものだから



お客様から頂いたメッセージを
胸に抱き感謝しつつ
女性が自分を慈しみ人生を楽しむための
ジュエリー制作をアンジェリーナの基盤にしたいと
改めて強く思いました




さて来年もさらにキラキラと輝くために
年末に近づく11月
ランチ会を企画しています



今回はスピリチュアルリーディングで
ご活躍なさっているレイアさんを
スペシャルゲストにお招きし
″2018年を効果的にアップさせるジュエリー選び”
についてお話頂きます


日程は

11月15日 水  11時半~13時半
11月18日 土  11時半~13時半


どちらも表参道界隈の素敵なレストランが会場
参加費はランチ代実費(約3500円)となりますので
ご興味のある方は是非下記の申込フォームから
ご連絡ください



177.pngクリスマスイベントのお知らせ

12月20日㈬~26日㈫

三越日本橋本店1階にて
アンジェリーナのポップアップストアOPEN









昨日会った天使

昨日いらして下さったお客様は
アンジェリーナのお客様では
多分最年長であろう80代の方


戦後のまだまだ日本が苦しい時期
その方のおばあ様が大切にしていた指輪を
お父様から贈られたのがきっかけに
ジュエリーが大好きになられたんですって



その思い出いっぱいの
指輪のリフォームをデザインさせて
頂いたのをご縁にアンジェリーナに
時折いらしてくださいます



いらして下さるたびに
アンジェリーナのジュエリーを
1つ1つ手にとり丁寧にご覧になりながら
デザインを誉めてくださるのが嬉しい♡



そして戦後の幼き日々や
ご結婚なさって海外に駐在なさってた頃など
人生を振り返って様々な思い出を
聞かせて下さいます




どのシーンのストーリーも
HAPPYという単純な枠でくくれるわけでは
ないのですが そのお客様が話して下さる
ストーリーの1つ1つが宝石のように美しくて
毎回お話しを伺うのが楽しみ



d0339681_17472771.jpg



私が25歳でアンジェリーナを始めたとき



ジュエラーになるということは
こんなにもお客様の
人生の様々なシーンのお話を聞かせて
頂く機会があるものか
と驚いたものです



そうジュエリーとは
単に身を飾る道具ではなく
その持ち主となる方の人生の
その瞬間のフィロソフィを宿し
その後を共に歩むパートナーとなるもの



ブランドロゴを目立たせ
主張するデザインは嫌い
だってジュエリーが主役になる
必要はないでしょう



ジュエリーデザイナーたるや
その後の持ち主の人生にも光を放ち続ける
その時のお客様の想いを汲み取って
表現する力量こそが大切であると
私は思っています



最近ちょっとスランプ気味で
新しいデッサンが描けなくて
期日も心配で
うんうん唸っていたのですが
あ、ブログも書けなかった(笑)




昨日いらしたお客様のジュエリーの
思い出をを伺っているうちに
新たなインスピレーションをキャッチして
やっとスランプに終止符を打つことが出来ました



いつも形は違うのだけど
周りに天使がちゃんといて
必要な時にメッセージを運んでくれるんだと
信じています




















篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.