<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夏の終わりの装いは

d0339681_11474974.jpg
虫達の鳴き声に
秋の気配を感じます



明日からもう
九月なんですね



私も今朝出掛けに
白いパンツを履こうとしてやめました



季節感がない感じがしますものね



表参道を歩いていたら
偶然にも知り合いのファッションエディターにバッタリ




あ、秋物着てる!!!



今年秋冬流行の
モーブ色のボウブラウスに
ベージュのパンツ



とても素敵だけど 暑くはないの?



そういえば彼女は真冬に涼しい顔で
素足でルブタンのオープントウのハイヒールなんて
履いているオシャレさん




暑いって
エミってもしかして更年期





ウギャー、違います!




やはりオシャレな人は
体質まで違うのね




表参道のブティックの
ショーウインドウに飾られているのは
もう毛足の長いセーターなど秋物ばかり



暑苦しいなんて言ってたら
流行りのファッションには
付いていけないのね(笑)

友人の死から学んだこと

ブログを全然書くことの出来ない時期がありました


せっかく読んで下さる方がいらっしゃるのですから
書けないと言っても
あれを食べたとか こんな所へ行きました
程度のことは書けるのですが
皆さんとシェアしたかった心に響いた気づきなど
全然書くことが出来なかったのです



何故かといえば それは私にとってかけがえの無い親友を
亡くしてしまったから



心にあることを書こうとすると悲しみが一緒に
吹出てしまうような感じでなかなか混乱状態から
抜け出せなかったのです



今年を振り返れば あんな震災があったのですから
きっと多くの方が大切な人を失い悲しい思いをなさったに違いありません
でも正直なことを言えば
私にはそんなことは起きるはずがないと
傲慢にも信じていたのでした



だから彼女が亡くなる前に 私に死が間近に迫っている
ことを打ち明けてくれた時も それを認める
ことなんて到底出来なかった




そんなことがあるわけないじゃない
絶対に大丈夫なの!
あなたが生きることを信じなくちゃダメじゃない




なんて言ってしまいました
彼女の言葉を受け入れることが出来なかったのです



彼女は私の反応に口をつぐみ
そして それから一ヶ月もしないうちに
旅立ってしまいました




取り返しがつかないことって
こういうことを言うんだろうと思います



彼女とはお互いに同志のような関係
若くしてお互い経営者になったので
抱える悩みも似ていたし
チャレンジすることや仕事への思いなど
なんでも話し合えたし理解し合えた



お酒を飲みに行ったりはあまりしなかったけれど
よくランチとかお茶をしては
熱く語り合ったものです




彼女の気持ちを思えば素晴らしい御家族の介護があっても
死を前に不安だったろうし親友の私にだからこそ
伝えたいこともあったはず
私は現実を受け入れることが出来ず
彼女を送り出してあげるチャンスを自ら失ってしまいました




あの時、真剣に彼女の言葉を受けとめていれば
私に出来ることが何でもいいから出来たはずだし
彼女の安らかな旅立ちを手伝うことも出来たはずで
それは彼女の為ではなく自分自身が納得するために必要な時期
であるのに その大切さを愚かにも気が付かず見逃してしまったのでした



彼女の旅立ちから三ヶ月



私自身の気持ちが少し整理出来て いま思うことは
人生はハッピーバースデーだけではなく
死は必ずやって来るということ



死を迎えることは
その先が見えないから恐いし
不安にもなる



いま持っているもの全てを手放さなくてはならず
人間関係も肉体さえも失い本当の無になる


それを想像すると足がすくんでしまうけれど…


でもその魂が消えるわけではない
次の見えないステージに旅立つだけ



今世での永遠の別れはとても悲しいものだけど



出産や誕生と同じ 人生の1つの通過点と同じで
この世での役割りを終えて旅立つ時であり



死そのものは不運でも不幸でもないんだ
と思えるようになりました



今になって時折 彼女は平均的な寿命よりかなり早く
死を迎えることを気がついていたのかな?
と思うことがあります


何故なら


私は自分の大切な人とは100%の誠実さで付き合うの
だってもしも相手が急に亡くなってしまったらきっと後悔するでしょう

と生前よく話していたから



私は フーンって感じで聞いていたけれど
彼女は確かに誰に対しても誠実だった
自分自身に対してもね
彼女が去った時
思い残すことはもちろんあったと思うけれど
いつも人に対して誠実だった彼女は
人に対して後悔はなかったはず
残された私の方がよほど悔んでいる



そして彼女が亡くなったあと
随分後になって私に届けられたメッセージは


本当にありがとう
もっと生きたっかた



短いメッセージ
そのカードを握りしめて泣いてしまったけれど
彼女の正直な気持ちそのものをやっと
受け取ることが出来ました


そしてこのことをきっかけに
もっと生きるということに真摯に向かい合って
毎日を過ごしたいと考えるようになりました



死を迎える時
全てを失い 何も持って行くことは出来ない
もし持って行くことが出来るものがあるとすれば
それは記憶の断片だけ



私がいつか突然 死を迎えるのなら
抱えていきたい記憶は

愛したことと愛されたこと

そして

自分に対しても他の人に対しても誠実である

ということだと気が付きました


あとは沢山笑ったことや沢山喜んだことかな



今 この瞬間を生きる


よく聞く言葉ですが
その本質的な意味が彼女のおかげで
ようやく掴めたようです



ちょっと長かったですね
最後までおつきあい頂き感謝です



d0339681_11474919.jpg

女子一人飲み

最近

友人とよく話題に出るのが

仕事帰りの一人飲み



ええ、私だって

やりますとも




子供達のお迎えがなければ

書類をまとめながら

エチカでグラスシャンパン

とかね




女子一人飲みお勧めのお店は

表参道ヒルズ三階の

はせがわ酒店
d0339681_11475052.jpg





カウンターで

好みの日本酒を

飲ませてくれますよ

d0339681_11475015.jpg


はせがわ酒店 http://www.hasegawasaketen.com/shop/omotesandou/index.html

宮沢賢治と宝石

詩的で美しいストーリーの中に
宝石にまつわる記述が登場すると
おっ、きたな!
とワクワクします


そんなストーリーを書く代表選手といえば
オスカーワイルドと宮沢賢治



オスカーワイルドは戯曲サロメや
幸福の王子など童話でも有名ですね



宮沢賢治の書くストーリーには
いつも宝石の描写が登場します



ひかりわななくあけぞらに
清麗サファイアのさまなして
きみにたぐへるかの惑星の
いま融け行くぞかなしけれ



これは「敗れし少年の歌へる」という晩年の詩


リズム感があり目を閉じれば
そのサファイアのブルーがせまりくるよう


賢治は また宝石の鉱脈を見つけるのも
得意でビルマではルビーの鉱脈を見つけたり
していたようです



先日 六本木にある青山ブックセンターで
宮沢賢治と鉱物に関する本のコーナーを発見し
大興奮


d0339681_11475018.jpg



さんざん立ち読みした揚句


「賢治と鉱物」


d0339681_11475117.jpg



を購入
写真のきれいな本で毎夜ページをめくるのが
楽しみです

イメージチェンジって

学生の頃は

学年が変わる時とか学期が変わるときに

イメージチェンジをしたくなったものです



それまでとは違う服装にチャレンジしたり

髪形にしてみたり



今までの自分より

もっと素敵になれる装いがあるかも

と期待をこめてのチャレンジですが

失敗と成功を繰り返し

自分らしさを探していくのですね




そしてアラフォーともなると

自我が確立するので

大きなイメージチェンジには

手が出しズラい




私も 先日いつもの髪形に飽きたので

若手美容師さんに頼んで

髪をバッサリ切ってもらいました




たかが髪の毛



そのうちに伸びるし未練はないわ

と最初は思っていたのですが




周りの反応は結構大きく

会う人ごとに必ず

どうしちゃったの?

と何故か笑いながら聞かれます





確かに鏡に映る自分にも

違和感がありまだ慣れません




でも素敵なアラフィフを

見る度に思うことですが



あら若い頃と変わっていないのね

髪形も服装もあの頃(旬だったころ)のまま…

というのはちょっと寂しくも感じます





だって

やはり憧れの女性だからこそ

進化し続けるのを見たいわけです

d0339681_11475197.jpg




というわけで

バッサリおかっぱ頭にチャレンジしたわけですが

失笑を買う毎日になるとは計算外




毎夜髪を早く伸びろと

引っ張っています

バースデイランチ

ご近所の仲良しの友人が
仕事の合間をぬってバースデイランチを
企画してくれました


d0339681_11475125.jpg



場所は最近よく利用する
モザイク
http://www.restaurant-mosaique.com/


デザートを運ぶ時のお約束 
バースデイソングつき


d0339681_11475166.jpg



毎年欠かさずお祝いしてくれる
友人たちに感謝です


d0339681_11475194.jpg



d0339681_11475109.jpg

負けず嫌いのGOLD

いま 価格の上昇が話題になっている

GOLDですが



ゴールドだって鉱物
宝石言葉があります
それは


誰にも負けない!!



そうか
負けず嫌いなんだ


私もゴールドは大好きな鉱物ですが
負けず嫌いではないので
多分その要素が欲しくて惹かれるのかもしれません



ゴールドにまつわる古代ギリシャ神話のストーリーを紹介します


勇者プロメテウスは神の怒りの象徴である
火を盗み出しました


この世から災いをなくすには
神の怒りである火をなくしてしまえばいいんだ


と思った故の人々に貢献する為の
行動でしたが プロテウスは神の逆鱗に触れ
捕らえられ はずすことの出来ないゴールドの指輪を
はめられてしまいます



そのゴールドの指輪には
自分を犠牲にしても人々の為に働くと言う意味があり
以来、人々の為に働くというシンボルとして
多くの権力者が身につけました



古代では指輪がはめるのを許されたのは
身分の高い人だけで 庶民に広がっていったのは
11世紀以降なんですよ



ゴールド その輝きは太陽の強さを持っています
身に付けると 内からの自信を引き出すと
言われています



d0339681_11475143.jpg

コンセプトカラー

アンジェリーナに届けられたフラワーアレンジメント


d0339681_11475207.jpg



パリでも人気のグリーンと白を基調に
アンジェリーナのテーマカラーの紫が
全体を引き締めています


とてもキレイで凄く嬉しい


アンジェリーナの元スタッフがバースデーに贈ってくれました


アンジェリーナももう創業18年
その長い年月の分
その時アンジェリーナに必要なスタッフが支えてくれたわけで
以前働いてくれていたスタッフと接する度に
その頃のことを思い出します



こうして思い出すとピンチの時も嵐の時も
いつもちゃんと支えてくれるスタッフや友人がいて
やはり私は幸せ者



いま 調度新しいアンジェリーナのコンセプトカラーを
選び直しているところなので美しい花のアレンジは参考になります



オープン当時は薄いピンクとグレーだったけれど
あの頃は私も20代前半
随分感性も変化したわけで…



渋めの紫色と他の色の組合せをコンセプトカラーにして
包装用紙やレターセット、一部内装などを
秋頃変える予定です




ちなみにこれはアンジェリーナのコンセプトムービー
よかったら是非!
http://www.angelina.co.jp/about/index.html

軽井沢に来ています

毎年夏は


祖父の建てた那須の別荘で過ごすのが


恒例となっていますが


今年は 違う場所で過ごしてみようと


軽井沢へやって来ました




さすがにハイシーズンの道の渋滞は


凄まじいものがありますが


高原の空気は澄んでいて気持ちがいい

d0339681_11475214.jpg



ホテルに泊まったり


貸別荘を借りたり のんびり・・・





それにしても


日増しに色黒になっていく


美白とはほど遠いですな

d0339681_11475263.jpg

なぜ恋愛運?

巷でよく見かける 恋愛運アップの
パワーストーンブレスレット


ローズクオーツ



薄いピンク色の水晶のブレスレットですが
男性でさえ腕にはめているのを見掛けることもあります




それをみたら女子は逆に引きやしませんか?
とも思いますが恋愛運をあげたい時は
誰にだってあって当たり前




それだは何故恋愛運アップにローズクオーツなのでしょうか?




ローズクオーツにはハートのチャクラを活性化し
許しや無条件の愛などとつながる作用があるから





ジュエリーカウンセリングでも恋愛運につまずく方のパターンの多くは
ああじゃなくちゃダメとかこうでなくてはいけない
という固定観念に縛られている方





基本的に思考パターンというのは一貫性があるので
他人に批判的な感情を抱きやすい人の場合は
自分に対しても批判的な感情を無意識に抱きやすいのです




そしてその批判的な思考のパターンにさえ
自分で気が付いていない人も結構多い




ローズクオーツは
自分への批判的な感情を解放し
他人を拒絶する感情のパターンを許しや愛といった感情へ変容するのを
サポートしてくれる宝石なので恋愛運アップの石

と言われています




私自身 精神的にとても傷ついてダウンしていた時は
ローズクオーツのペンダントしか身に付けたくなかった
そしてゆっくりゆっくりローズクオーツの波動を吸い込むように
日々を過ごしていると確かに癒されていくのを感じました





恋愛運アップにローズクオーツ
そして自分のすべてを愛し
出会う他の人を批判せずそのままを受け入れるという視点を持てば
恋愛運急上昇は間違いないかもしれません




d0339681_11475282.jpg




アンジェリーナ夏期休暇のおしらせ
アンジェリーナでは8月13日から16日まで
夏期休暇を頂いております
どうぞご了承くださいませ

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.