大切な人の死に後悔が残るあなたへ 2

昨日は311ということもあり



10数年前に突然お母様を亡くされた

お客様のリクエストに

ついて書きましたが

今日はその続きです




友人の旅立ちから

5ほど過ぎた頃でしょうか



私は以前から1年に一度

長年お付き合いのある

チャネラーさんに仕事の方向性など

頭にモヤモヤとあるイメージを

明確にするために

アドバイスを頂いていますが



その年も恒例のチャネラーさんの

アドバイスを頂きに行きました。



一通りセッションが終わり

帰り支度を始めていたら

いつもは私の質問のみに

返答下さるチャネラーさんから



『後ろの方がお伝えしたいことがあるそうです』



と声を掛けられました



びっくりして振り返ると

いつものように私の頭上辺りを

リーディングしながら




"いつも許してほしいと話しかけるけど

私はとっくに全てを受け入れてあなたを許してる

何度もそのメッセージを送ったのに

あなたはそれを決して受け取ろうとしてくれない


許しを受け取って欲しい"



と告げられました

「何のことかわかりますか?」

と聞かれて慌ててうなずくと

溢れてくる涙を必死に

こらえながら三日月が

浮かび上がる夜の通りに飛び出しました




足早に歩きながら

さっき告げられたことがなにか

私には充分わかっていると

気が付いていました




墓前で手を合わせた時の

包まれるような暖かさ


肩にとまろうと羽を広げた蝶


見上げた夕暮れ時の空の

涙が出るほどの美しさ



あれは偶然じゃなくて

確かに彼女からのメッセージだった



「私は受け入れたよ

だからあなたも許しを受け取って」



そう何度も

私に告げてくれてたよね

それなのに

何事もなかったかのように

無視し続けていた

それが正しいと信じて疑わなかったから



d0339681_17450431.jpg



〝自責の念”

それはエネルギーであり

これが心の一部を大きく占めているのなら

それを通してでしか現実が見えなくなる



特に長い年月

それを抱き続けたなら

それがあることが当たり前の

アイデンティティとなり

自分らしさの一部となる




ジュエリープラクティショナー

ガイドにおいて



”自分の全てを許す”



とは次のステップに進む前に必要な

リセットするための

大切なプロセスです




でも私自身がおざなりにして

自分をその中に閉じ込めようと

していたのでした




「罪悪感があれば同じ過ちを繰り返さない」



そう考えてしまいがちですが

それには逆の作用もあり

本当の自分らしいニュートラル

な判断を選ぶことの妨げにもなる




失敗を詫びること

後悔しても

許しをきちんと受け取り

失敗から学んだ知恵を

自分の一部とすること




あの出来事はお互いがお互いにとって

今世で大切な存在だったからこそ

最後に学ばせてくれた

痛みを伴った

ギフトだったのだと



d0339681_17402267.jpg



許しを受け入れるのをサポートするのは

グリーンアメジストが

ポピュラーですが

以前はグリーンアメジストを

着用しようとすると

どうにも拒絶感がありました



彼女のメッセージを

信頼して自分を許すと決め

グリーンアメジストを通して

許すという浄化のエネルギーで

満たすことができました




だからあの時の私のように

大切な人の死に

あなたが自分を責めているのなら



亡くなった大切な人は

あなたのそんな自分を

罰し続ける姿を

望んではいないことを

本当は知っているはず



だからもしあなたが

罪悪感と共に生きることを

選んでいるのなら

どうかあなた自身を許して欲しい




この世を去ったあなたのお母様は

きっとこう伝えたいはず



「私がこの世を去ったことを

受け入れて許してね

そして自分に罰を背負わせることは

終わりにしましょう


私が心から愛して

あなたを育てたことを

どうか思い出して


そして


自分を許して

空からおくる愛を感じて

受け取る強さをもってほしいの」




あなたが自分を許した先に

続く道にはきっと沢山の美しい

花が咲いていて

亡くなったお母様はいつでも

あなたに逢いにきてくれるはずですよ





<< バラを背負って登場したい 大切な人の死に後悔が残るあなたへ 1 >>

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.