大切な人の死に後悔が残るあなたへ 1

先日お客様から届いたメールです



10年以上前にお母様を亡くされた時のこと

が書かれてありました



その頃は 様々な事情で

お母様に思いやりのない

冷たい態度で接っしていたのだそう



思い返すたびに

冷たい自分の態度が

なんとも腹立たしい




そしてそんな時期のある日

お母様が突然この世を

去ってしまったのでした




お礼もお別れも言えないまま

取り返しがつかないことを

してしまったと

自分をいくら責めても責めたりない




それから心に穴が

空いてしまったようで

あれから自分を責めています



と綴ってあり



自らを責めることで

自分を罰している彼女の

リクエストは

〝亡くされたお母様へ思いを伝えたい”

とのことでした




d0339681_16121585.jpg




アンジェリーナのジュエリーガイドでは

〝亡くされたお母様へ思いを伝えたい”

というリクエストに対しては



〝お母様に想いが伝わっていることを

 信頼できる自分”

というセルフイメージを

組み立てます



でもその前に



「長く抱き続けた自責の念を手放す」

向き合うことが

次のステージへ進む際に

必要なプロセスとなります




何故それが必要なのか

私の経験も含めて

2回に分けてブログに書きますね




以前 本屋さんで読みかけたまま

結末の気になる本があります



タイトルさえ忘れてしまいましたが

母を幼い頃に亡くし

祖母に育てられた主人公



その主人公は美容師のおばあちゃんに

女手一つで育てられ大学生に成長します

でも就職活動は上手くいかず

憧れの女性にも振られてしまう



そんなある日

落ち込む彼が帰宅すると

彼の帰りを楽しみに待っていた

おばあちゃんは嬉しくて

次々に話しかけます



そんなおばあちゃんに苛立つ感情を

抑えられず彼は ひどい言葉を

感情に任せて浴びせてしまいます



悲しそうな顔でうつむくおばあちゃんを

一人残し彼はそのまま

二階の自室へ駆け上がり

閉じこもります



朝になり昨夜の態度を反省して

おばあちゃんと朝食を食べようと

少し照れ臭そうに階下へ降りると




口喧嘩の後に 急死したであろう

冷たくなって倒れている

おばあちゃんの姿を見つけるのでした





本当の親子だと思うからこそ

甘えて口から出てしまった言葉は

もう取り返すことは出来ない





払拭されることのない自責の念を

抱えて生きる主人公が辿る道は、、、





残念ながらその先はわかりません

本屋さんで立ち読みしたのはそこまで





だって読めるはずがない

泣けてしまって

実は私にも似たような

経験がありましたから




「自責の念を抱き続けて生きる」

私もそれこそが罪滅ぼしだと思っている

時期がありました




大切な友人が亡くなる前に

告げた言葉、その思いやりのない態度を

私自身、一生許さない

許す必要もないと





そして 私に出来ることは

たったひとつ

毎朝 彼女に祈り

詫びることだけ



祈った後に

思うのは




この想いは伝わっているのかな?

そんな都合よく伝わるはずないよねと



そんな日々が数年続きました




長くなりそうです

続きは明日アップしますね




8年前の3月11日

この世を去られた方々の

ご冥福をお祈りします







<< 大切な人の死に後悔が残るあなたへ 2 お話しランチ >>

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.