" 不快に感じる出来事の3つの解決法” vol.2

前回からの続きとなる


今日紹介する1つめの解決策は

自分のための"私の取説"

を作っておくことです


昨日もご紹介した通り

ご相談下さった方は

健康を損なう原因となるもの


例えば


たばこの煙や酔っ払い

不快感を生み出す情報を垂れ流すテレビなどが

大の苦手であり


今まではテレビはなるべく見ない

そして飲み会などお酒が入る会合などは

断り続けていたのだそう



でも遮断するだけの

解決策ばかりでは

自分の世界を小さくしてしまうこともある


だから


一念発起して飲み会などに

参加するようにしたけれど

その環境に馴染むどころか

たばこの煙と酔っぱらった人の態度が不愉快で

怒りが爆発しそうになってしまう

とのことでした


「じゃあ飲み会に行かなければいいじゃない」

という短絡的な返答はやめておき


何故そんなにも不快になるのか

その理由を探ってみましょう



彼女は

周りに気遣いが出来ない

酔っぱらいの無神経さや

健康に悪影響を与えられる恐れ

その環境で過ごさなくてはならない

苦痛な時間


と答えるのではないでしょうか


でもこんな時

不快さを生み出している最大の原因が

本当は何かわかりますか?



それは


"新しい行動を選んだものの

自分の立ち位置が古いままである''

ということです


この答えが腑に落ちないかもしれないので

もう少し詳しくお話しすると



心身共に健康が保たれることが重要であり

それに反する行動(喫煙や飲酒、

心理的に不快に感じる情報に触れることなど)

は全く無駄であり

周りに迷惑をかけるのだから

排除すべきだ


という信念が強い彼女のスタンスは

”不快感を生む環境を断ち切る”

というものでした


でもその世界だけでは

彼女は狭いと感じ始めるようになりました



それで


"今まで避けてきた会合に参加してみる"

と新たな行動を選択したものの

古いスタンスのままで

新しい行動をしようとしているので

更に大きな矛盾を引き起こしている

ことに気が付いていないのです



スタンス=立ち位置(自分がどこに軸を置くのか)

これも見直して新しい行動に合わせたものに

しなくてはなりません


そこで新たな行動パターンに合わせた

新たなスタンスを見直し

それに沿った

自分のための"私の取扱説明書"

を作っておくことで

楽にストレスを避けることが出来るようになります



まずすべきは

あなたはなぜ新しい行動選択したくなったのか

その目的を考えてみましょう



多分


自分とは違う人の意見を聞いてみたい

コミニュケーションを楽しみたい

人間関係を深めたい


そういったことが

目的として挙げられるでしょう



相手だってあなたともっと

円滑なコミニケーションを取りたいと

思っての参加ですから

まさかその間あなたの腹わたが

煮えくりかえっているなんて

夢にも思っていないわけです(笑)



だからあなたができるだけ不快にならず

出来ればその時間を楽しんで

本来の目的を達成するために

自分の行動指針を決める

「私の取説」を

問題が起きる前に作っておくのです



具体的にいうと


会合に誘われてから

参加するかどうか悩むのではなく

あらかじめ

どんな会合なら参加するか

を決めておきます


例えば


どんな人と一緒なら参加するのか

どんな場所なら参加するのか

どれぐらいの時間なら快く過ごせるのか

など


そして逆に

こんな時は絶対に参加しない

というのも決めておくといいですね


そうはいっても大嫌いな

タバコの煙がモクモクの会合に

参加しなくてはならない時などは


不快感で胸がいっぱいになり

歯を食いしばって我慢しながら

いつ帰ろうか考えるのは

もうやめにして


どこで自分が撤収すべきかを決めておいて

周りの人にも最初から表明しておけばいいのです



例えばこんなメールを参加者に送ってみる


「皆さんとご一緒出来るのは嬉しいのですが

タバコの煙が大の苦手で

目がその後数日間も痛くなることがあるので

最初の1時間で帰りますけれど

お許しくださいね」

なんてね



苦しくなってからその場で対応を考えると

古い自分の在り方の価値観

例えば

〝最後まで同席しないといけないに違いない“

などで判断してしまうため

後で後悔する結果となる可能性が高いのです


そうならないためにも

周囲の人に自分を理解してもらうための

メッセージを作っておいて


その度に周囲に伝えることを

自分の取説として決めておけば

いちいち悩むことなく

スムーズに行動に移すことが出来ます



それに毎回それを伝えたのなら

周囲の人ももっと深くあなたを理解してくれ

場所の選択など

時には気をつかってくれるようになるでしょう


不機嫌な顔して最後まで付き合うより

ニコニコ楽しそうに

みんなとコミニケーション取りながら

約束した通り最初の1時間で

きっぱりと和かに帰る


そして途中で帰ったことに

自責の念を持つのは意味のないことであり

新たな行動、参加したことで得られた情報など

どんなに小さくてもいいので

収穫を見直してみるといいですね

それが成長ということなのだと思います



d0339681_18424262.jpg

自分自身と話し合い

”私の取扱説明書”

として決めておけば

その場で沸いてきた

ネガティブな感情に振り回されることは

少なくなります


自分のための

〝私の取説“

これを作るには

「成長する自分を大切にする」

という視点で考えることを意識してくださいね


「成長する自分を大切にする」

意識を高めるパートナージュエリーは

ピンクやオリーブグリーンのジュエリーがいい



あなたはもっと自分や

自分の時間を愛して大切にしていいのです




174.pngショートセミナーのおしらせ

3月9日㈯ 13時~16

初心者さんのための

〝願いを叶える私になるをテーマに

ジュエリーのエネルギーを知るショートセミナー


目標とする新しいセルフイメージを

組み立てて活用すべきジュエリー使いをお伝えします



ご興味のある方は

info@angelina.co.jp

までお問い合わせ下さいね


<< " 不快に感じる出来... "不快に感じる出来事... >>

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.