女性ホルモン補充にピンクのジュエリー

最近どうにも心惹かれる色があります



それはピンク



新作に使う色石を選ぶ時も

まずピンクの石を手に取りたくなる



街中のブティックやコスメショップでも

目に飛び込んでくるのはやっぱりピンク




私はピンクなんて柄じゃない

ってずっと思っていたのにね




スタッフFちゃんにそのことを話すと

゛女性ホルモンが枯れてくると

ピンクを欲するようになるらしいですよ”

とのコメント


こらぁー!105.png




でも確かそれは言えているのかもしれない




アンジェリーナの店内のメインカラーに

淡いグレイッシュピンクを

選んだのはもう20年以上も前




私がアンジェリーナをスタートした頃の宝石店と言えば

茶色やダークな木目などをメインカラーにしている

重厚なお店の内装ばかり




私が目指した女性がいくつになっても女性として

自分を愛し楽しむためのジュエリーのお店には

やはりピンクが相応しいと思ってたから




そしてもう一つ理由は

カラーセラピーを学んでいる時に

女性にとって美しさを引き出し

若々しさを保つための部屋は

ピンク色がいいと聞いていたから




職場として長時間過ごす場所なら

そんな空間がいいに決まってるもの





その後20数年の効果はいかがなもんでしょうか(笑)




その説を裏付けるように

古来から伝わるピンク色の宝石の効果は

愛や美しさに関わるものがほとんどだから

ホルモン補充にやっぱりピンクのジュエリーがいいようです




ピンクを欲しても

ピンク色の洋服に袖を通す気にはなれず


新たに制作しているのは

ローズカーヴィングの細工がある珊瑚のピアス


d0339681_18011222.jpg
















仕上がったら自慢させて下さいな110.png





♦3月のジュエリーランチ会はおかげさまで満席となりました


♦ジュエリープラクティショナー講座のご案内♦


3月31日㈯・4月21日㈯ 基礎講座Basic1

ジュエリープラクティショナー取得講座・短期集中講座







<< 2カラーのパールのリング ウイスキーでノックアウト >>