10代の頃に出会いたかった本


最近のベストセラー

「君たちはどう生きるか」



本屋さんで見つけたので

早速手に取ってみました。

原作は読むのに時間が

かかりそうなので漫画版をチョイス。



息子に渡して読んだ後で感想聞きました

すると息子いわく


゛毎日色々なことがあるし

腹立たしいことだってあるけれど

その度に 自分がどうありたいか考えろって

あなたがいつも言ってることでしょ゛


と本を返してきました

あら、わかってくれてたのね

とちょっと嬉しい



d0339681_16093279.jpg

私は

願いを叶えるジュエリーというコンセプトで

ジュエリーの制作を続けていますが

「願いを叶える

それはすなわちどんな自分になれば

その願いを叶えることができるのかということ



゛願いを持つ”

というのはその人が本当の自分らしく

成長していくきっかけだと思ってます

どう生きることで その願いを叶えられる自分になるのか」



意識して自分と向き合わなければ

その理想のセルフイメージは

いつまでもあやふやで漠然としていますが

この問いを繰り返すことで

自分が望む姿と進むべき道が明確になります



なりたい自分像が明確になれば

自分が手放すべき思考パターンと

新たに 自分のものにすべき考え方や

強めるべきエネルギーが何か

理解できるのでそれを少しづつ

自分のものにすればいい



古くから多くの賢者達は

目指すセルフイメージを頭に思い描くために

そしてそれを維持させるために

宝石を着用してきたんですよ


もちろんこの本にジュエリーは登場しませんが


周囲の人々の考え方や感じ方に同調するのではなく

過去の自分らしさに縛れらることもない

自分は何にフォーカスし 何を感じて

どうありたいのか 



それを考え明確にすることが

可能性に満ちた本当に自分らしい人生を

創造する道になる

10代の頃に出会いたかった本ですね



それにしてもこの原作は明治時代に書かれたもの

その後日本が戦争に突入し゛自分がどうありたいのか”

個としての哲学を捨てさせられ

軍隊にとって都合のいい考え方だけを

押し付けられた時代が続いたことを残念に思いつつ

今の時代に生きられる幸せを感謝しました




181.png ランチ会お申込は下記のリンクにお問い合わせください


2月14日 ヴァレンタインランチ会




♦ジュエリープラクティショナー講座のご案内♦

3月17日㈯・4月21日㈯ 基礎講座Basic1

ジュエリープラクティショナー取得講座・短期集中講座





<< 体験型アート展へ 高校生とスキーともなれば >>

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei