魔法の宝石、オパール

10月の星座石は虹のような七色に輝くオパールです


古代ローマではエメラルドの次に貴重な宝石
オパールの語源はローマ時代の「オパロス」という言葉です
これはギリシャ語の「オパリオス」
「色の変化を見ること」という意味から
派生しています


さてオパールをめぐるローマでのエピソードを
ご紹介したいと思います



クレオパトラ7世の恋人だったマルクス・アントニウスが
ローマ元老院議官のノニウスの持っていたオパールに惹かれました



アントニウスはなんとかそのオパールを愛するクレオパトラに
贈りたく、ノニウスに譲って欲しいと頼みます
しかし、ノニウスは拒否したため
怒ったアントニウスに祖国ローマを追放されてしまいました



ノニウスは全財産の中から
たった一つそのオパールだけを身につけ
ローマを人知れず去ったそうです



国を捨ててまで
守りきったオパール
ノニウスにとって何物にも変え難い
価値を持っていたのですね



もしそのオパールがクレオパトラの手に渡っていたら
アントニウスもオパールの効力で感情が安定して
アウグストゥスとも戦わなかったかもしれないし
そうなったらローマ帝国の確たる地位が揺らがずにすんだのかも
なんて、色々想像してしまいます




高い波動を持った繊細な石、オパール
創造性や自発性をもたらすので
本当の自己への表現を助け
ポジティブな感情を生み出します




芸術性を高める効果も有名ですので
クリエイティブなお仕事をされている方にも
お勧めの石です



今回はアンジェリーナのメルマガの内容を紹介しました
<< 表参道オススメレストラン リス... モテピアス >>

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.