続 人はなんのために生きるのか 2

先日は
人はなんのために生きるのか?
と一年前に息子に聞かれた時



なんのために生きるのか
と答えを探すより
この瞬間をどう生きるのか?を大切にした方がいい

と答えたと書きました



あれから一年
なんのために生きるのか?
息子に伝えたい私なりの答えのひとつが見つかりました




長年 ジュエリーカウンセリングを続けていて思うのは
人はみんな例外なくそれぞれに生まれながらに
潜在能力というギフト、恵みを与えられているということです




ただ生まれながらに与えられている能力やセンスは
自分にとっては当たり前過ぎて
それが特別だと気が付かずに放っておかれている場合が
結構多かったりします




潜在能力というのは放っておいてはあまり育ちません
ちゃんと自分はこの能力が与えられているのだと
意識して受け取ってこそ
だんだん能力を使いこなし発揮出来るようになるのです



神様からのギフトに
いえいえ私がそんな…とかそれほどでもありませんよ

なんて謙遜する必要はあるはずないし
ちゃんと受け取らないことこそ
失礼だと思うわけであります



そう聞いて
はて 私の恵みである能力ってなに??
とすぐに思い浮かばない人もいるかもしれません




それはダルビッシュや遼くんみたいに
わかりやすいものばかりではありません




例えば 他の人の気持ちを察する共感能力が高いなら
自分は人の気持ちをよく理解出来ると認めたうえで
所属するコミュニティの調整役が適任ですし



美しいものが好きならば 様々な美しいものを見て
自分ならではの言葉で表現し人に伝えたり



自分は健康が取り柄なんていうならば
自分の健康な身体を信頼して出し惜しみせずに
人の為に身体を動かすのだって素晴らしい



自分が与えられた恵みをそれが価値あることと受取り
ブラッシュアップして
出し惜しみなんかせずに思いっきり発揮することが
この世に生まれてきた意味のひとつだと思うのです




だから子供達には 自分の能力は
謙遜なんかせずに受け取って欲しい
そしてそれを感謝して日々磨いて欲しい
いつかきっとそれが発揮出来る日がくるはずだから




d0339681_11471460.jpg




もし自分の与えられている能力が今ひとつわからず
また人生のなかでどう活用すべきか
わかりかねているならば ホワイトトパーズや
ホワイトオパールのジュエリーがお勧めです



d0339681_11471419.jpg

<< 竹の子狩り 続 人は何のために生きるのか1 >>

篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.