ブログトップ | ログイン

エキサイトブログCAFE

すてきなブロガーのおすすめ記事から、ちょっと耳寄りな情報まで。エキサイトブログ編集部が、あなたのブログライフをもっと楽しくする話題&ブロガーをご紹介!日々の話題といっしょに、おうちカフェ感覚で、ほっこり気分をお届けします!



春は卒業や入学、新生活が始まる季節。忙しくなってついつい片付けや掃除などが後回しになってしまいがちですよね。
さらに春モノが欲しくなったり新調するモノも増えるから気づくと部屋がごちゃごちゃに。「ゴールデンウィークに一機に片付けるか!」という声もチラホラ…

…この傾向、思い当たる方は多いのではないでしょうか。(編集部スタッフは毎年です。汗)

なかなか自分の片付けのレベルが上がらないと思っている方、「片付けなければいけない」と使命感を感じている方は少しだけ思考を変えて片付けと向き合うと、暮らし方や家族との関係が良くなるかもしれません。

今回編集部がご紹介するのはプラチナブロガーの橋本裕子さんが出版された「片づける力をつける」。
「急にモノが増えても、生活が変わっても5分で片づく家に。」のサブタイトルが心に響きませんか?


f0357923_18594540.jpg


この本のポイントは家の様々な箇所をピックアップして片付けのHOWやWHYを細かく解説する中で、自然と「好きなものだけ残す」力がつくようになること。
「そうそう、これこれ!」と自分の苦手片付けポイントを見つけたら早速トライ!
片づける力をつけるための5つのルールを試していくうちに片付けのレベルが少しづつ上がっていくかもしれません。

f0357923_19011693.jpg


■橋本さんからの今回の本に対する思いとメッセージをいただきましたのでご紹介■
-------------------------------

我が家の小さな小さな片づけルールがギュッと詰まった本、「片づける力をつける」(ダイヤモンド社)が発売になりました。
部屋の散らかりは、小さな空間の散らかりが集まったものです。

きちんと細分化して小さな空間を明確にすると片づけのハードルがぐっと下がって取り掛かりやすくなります。
子育てで忙しい方や、仕事で忙しい方など、片づけの時間を作るのが大変な方でも、一日5分ならなんとか確保できるはず。
その5分で片づけができるように…と小さな空間の片づけを集めて書きました。
まずはざっと全て読んで、あとはその時々の気になる片づけのページを開いて下さい。

この小さな片づけをコツコツと積み重ねていくことで「片づける力」がついてくるはずです。
人生には悩まなければならないことがたくさんあるのですから…
せめて片づけの悩みだけでもなくしていただきたい。
そんな思いを込めて書きました。是非、読んでみて下さい。

-------------------------------


橋本さんのブログ「暮らしのはこ 」は橋本さん本人にとって、そして家族にとって、どんな片づけ方が合っているのか?を自問自答しながらコントロールしやすいルールを見つけ行く過程が記録されていているので、読者(自分)にとっても当てはめやすく納得感をもって「私もやってみようかな」と自然と思えるようになります。

中でもおススメページは【「暮らしのはこ」とは】のページ。橋本さんが「暮らしのはこ」の屋号と一緒に歩み続けている理由や、片付けのことや暮らしのこともまずは自分と向き合うこと、自分がどうありたいのかを自分で削ったり、掘り起こしてみたりしながら、自分で見つけることが大事なのだと気づいた実体験などが書かれています。

暮らしのことや仕事のこと、家族のことなど日々考えなければいけないことはたくさんあります。
自分と他人を比較したり、流されやすかったり、自分との向き合い方がわからない方はもしかしたらヒントを見つけられるかもしれません。ぜひ「暮らしのはこ」を読んでみてはいかがでしょう。


『片付ける力をつける』はこちら▼




橋本裕子さんのブログ「暮らしのはこ」はこちら▼



編集部ブログではブログテーマから素敵な記事をピックアップして紹介しています。もちろんプラチナブロガーさんの活動情報も発信中。
ぜひ更新されたらお知らせします。読者登録してくださいね。

更新を通知する

by blog_editor2 | 2019-03-23 10:00 | ■ブロガーの本・出版情報 | Comments(0)


七五三や結婚式、入学式や誕生日など…様々な記念日を迎える主役たちとその家族の姿を自然に、そしておちゃめでユーモアにカメラに収める人気の写真ブロガー『Misawa Now blog版』の三澤武彦さん。
家族の毎年の記念写真を撮影するため今日も"旅する写真屋”と書かれたワゴン車で日本中をかけめぐっています。

そんな三澤さんのブログの中で人気のテーマなのが「自宅で花嫁さん」。その総集編ともいうべき『自宅で花嫁のすすめ』が5月31日(木)に発売されました。

f0357923_15263766.jpg

「自宅で結婚式を挙げること」「実家から嫁入りすること」に対する7名の花嫁達の想いや家族への愛情が忠実に描写されており、1人の女性が花嫁に変わっていくと共に、日常からハレの日に時間が流れていることを感じることができます。


f0357923_15263654.jpg


嫁いでいく娘の「花嫁姿」を優しく緊張感を持って眺めるご両親の姿や、柔和な表情で涙を流すおじいちゃんやおばあちゃんの姿など、旅立つ前の花嫁を中心に家族一人一人の繊細な気持ちが映し出された情景写真とエピソードなどが紹介されており、読者がもらい泣きをしてしまうほど。(もちろん編集部も何度も涙しました)


f0357923_15263740.jpg


本のページをめくる毎に温かい気持ちになるのは、もしかしたら花嫁さんとその家族から「幸せのおすそ分け」をもらっているからなのかもしれません。
きっと結婚式は新郎新婦だけでなく家族にとっての「結婚式」なんですね。


■三澤さんから読者の方にメッセージをいただきました■
---------------------------------------------------

この本は自宅で花嫁になった人たちの事例集です。


2017春ごろに本にするお話をいただいて、喜び勇んで書き始めたのですが、自分の文才のなさもあって頓挫してしまいました。
担当編集のAさんが「文章以上に写真に伝わるものがあるから」と写真中心の構成にして再スタートしたのが2018年はじめごろ。
これまで撮影した方に取材を行い、拙い文章では伝えきれないことが、大量の写真で綴ってあります。写真から読み取っていただけたらうれしいです。

こんな結婚式があった。
結婚式に何の賛美も否定もしていません。

ドタバタ結婚式の準備に奔走し、忙しさが気持ちを追い越してしまった迷走気味のプレ花嫁さんにお勧めの本です。

---------------------------------------------------


最近ではバラエティに富んだウェディング形式が多く存在し、結婚式を挙げる意味や目的もカップルによって多種多様になっていますが、「自宅で花嫁のすすめ」を読むことで、家族の温りや、親戚や友人の笑顔を思い出して「自宅で花嫁」の古くて新しい結婚式の楽しみ方を感じることができるかもしれませんよ。

家族の歴史を撮り続けたい…と言う三澤武彦さんの『自宅で花嫁のすすめ』は幸せな家族の結婚式の物語が詰まった1冊になっています。
ぜひお手にとってみてはいかがでしょうか。


自宅で花嫁のすすめ

三澤武彦/玄光社

undefined


書籍の概要◉
書名:自宅で花嫁のすすめ
仕様:天地240ミリ×左右182ミリ (変形判 B5)128ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN:978-4-7683-0968-1

三澤武彦さんのブログはこちら▼



by blog_editor2 | 2018-06-12 17:00 | ■ブロガーの本・出版情報 | Comments(0)


毎日の衣食住を丁寧に、その中で見つけた1つ1つの小さな発見を大切にしてブログに綴る…京都の町屋で暮らす幸せな家族のワンシーンを見ているような気持ちにさせてくれるブログ『FU-KOなまいにち』のFU-KOさんこと美濃羽まゆみさんのスタイルブック第4弾『着心地のよい、暮らしの服』が5月10日に発売になりました。

f0357923_10252299.jpg


着る人のことを考えて丁寧に縫い上げられた「FU-KO basics.」ブランドのハンドメイド服はとても着心地がよく、そしてコーディネートがとてもしやすいため重宝できます。

その「FU-KO basics.」ブランドのハンドメイド服を『着心地のよい、暮らしの服』では4つのコンセプトで展開。
「暮らしのなかで、どういう装いがしたいか」という目線で、着る人が主役になるような様々な洋服やコーディネートが紹介されています。

1『これさえあれば、の一枚』
2『装いのストックづくり』
3『人生を、ご一緒に』
4『身にまとう、よろこび』


f0357923_10243547.jpg

また洋裁についてだけでなく、服選びのルールや『「手づくり」が教えてくれること』など、手づくりをすることへの想いが綴られたコラム掲載もあり、
楽しみながら手づくりできる構成になっていますよ。


■FU-KOさんからメッセージ
----------------------------------------------------------------------------------

わたしが手づくり服のデザインを考える上で一番大切にしたいのは、着心地のよさです。袖を通せば思わず頬がゆるみ、心おだやかになれて、いつでも「わたしらしく」いられる服は、きっと心強い人生の相棒になってくれると思うのです。

この本でご紹介している22のアイテムは、そんな「着心地のよさ」にこだわったデザインを集めました。

星の数ほどある既製品から、自分好みの一着を探すのは意外とたいへんなもの。

自分で作れば好みの生地とデザインが選べて、サイズや丈だって思いのままです。

時には失敗することだってあるかもしれないけれど、その分、次はもっと心地いい服作りができるようになります。
やがて、ただ服を買うだけだった頃には知ることのなかった、新しい暮らしの風景が見えてくるはず。

擦り切れるまで大切にしたい、着心地のよい一着を、ぜひあなたの手から生みだしてください。
----------------------------------------------------------------------------------

「FU-KO basics.」の洋服は編集部メンバーも持っていますが、ハンドメイドの「着る人になじむ感覚」というのを初めて感じることができました。
手づくりの洋服を着ることで自分らしいコーディネートができて、毎日を楽しく、そして自分らしく過ごせるようになるかもしれないですね。

『着心地のよい、暮らしの服』は全国書店、各オンライン書店で購入できます!ぜひお手にとってみてくださいね。


【FU-KOさんの新刊『着心地のよい、暮らしの服』3名様にプレゼント!】
--------------------------------------
今回ご紹介したFU-KOさんの新刊『着心地のよい、暮らしの服』を3名様にプレゼントします!
応募方法は、今回の記事「FU-KOさん新刊『着心地のよい、暮らしの服』のご紹介【本のプレゼントあり】」のページのコメント欄に
FU-KOさんへのメッセージを添えて応募してください。【締め切り 2018年5月25日(金)】
(キャンペーンは終了しました)

※当ブログのコメントは編集部のみ確認できます。応募コメントが公開されることはございませんので安心してご応募ください。

※応募の際は、発送先住所等の個人情報の明記はご遠慮ください。

■当選者発表について■
編集部より当選された方のブログコメント欄に当選のご連絡をさせていただきます。(5月31日連絡予定)

たくさんのご応募、お待ちしております!

--------------------------------------


『着心地のよい、暮らしの服』▼

FU-KO basics. 着心地のよい、暮らしの服 (Heart Warming Life Series)

美濃羽まゆみ/日本ヴォーグ社

undefined




FU-KOさんのブログ「FU-KOなまいにち」


第3弾「男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」▼



by blog_editor2 | 2018-05-19 15:00 | ■ブロガーの本・出版情報 | Comments(0)