ブログトップ | ログイン

エキサイトブログCAFE

すてきなブロガーのおすすめ記事から、ちょっと耳寄りな情報まで。エキサイトブログ編集部が、あなたのブログライフをもっと楽しくする話題&ブロガーをご紹介!日々の話題といっしょに、おうちカフェ感覚で、ほっこり気分をお届けします!

地中海に面した美しい風景と美食が揃ったイタリアのシチリア島から、おいしい食卓と旅レポを届けてくれるブログ「幸せなシチリアの食卓、時々旅」のlatavolasicilianaさん。イタリア料理人・パティシエを経て、シチリアに渡って学んだシチリア料理とお菓子を紹介する「シチリア食文化研究家」としても活躍されています。

旬の食材をふんだんに使ったおうちごはんからスイーツまで、latavolasicilianaさんの作る幸せな食卓は、見ている人にもおいしい幸せをおすそ分けしてくれると評判です。
そんなlatavolasicilianaさんは、これまでも「シチリアのおうちレシピ」(講談社)、「シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子」(誠文堂新光社)という著書を2冊出版されていますが、この夏、3冊目の著書『イタリア菓子図鑑』を出版されました!

【新刊のご紹介】latavolasicilianaさん『イタリア菓子図鑑』出版!_f0357923_12582423.jpg

イタリアといえば、ティラミスやパンナコッタ、ジェラートなど誰もが知るスイーツの発祥地としても有名ですが、それ以外にもビスコッティやパンドーロなどの焼き菓子も豊富だというのは知っていましたか?

【新刊のご紹介】latavolasicilianaさん『イタリア菓子図鑑』出版!_f0357923_12585517.jpg

イタリアの伝統的な焼き菓子は、見た目の素朴さとともに食べ飽きないおいしさがあり、なかにナッツやドライフルーツ、フルーツの砂糖漬け、とうもろこしや麦などの穀類を多く使っています。
そして、土地が変われば工程が変わり、一見見た目が似ていても地方によって名前が変わったり、生地の中身が違い、その味わいは奥深いものがあるようです。

【新刊のご紹介】latavolasicilianaさん『イタリア菓子図鑑』出版!_f0357923_12591904.jpg

イタリアは長靴のように南北に細長いため、郷土菓子もその土地土地の風土や特産物、歴史に基づいた由来や特色があるそう。そんな地方ごとに独自の文化があるのが、イタリア菓子の面白いところ…というわけで、latavolasicilianaさんは、北から南まで、地方(州)ごとに107種類のイタリアンドルチェの、お菓子の由来とレシピを丁寧に解説しています。

【新刊のご紹介】latavolasicilianaさん『イタリア菓子図鑑』出版!_f0357923_13001856.jpg

たとえば、北部では日本でも人気のティラミスやパンドーロ、パンナコッタ、パネトーネなどを。中部ではイタリアンレストランの定番ズコット、南部では日本でサバランでおなじみのババなど。シチリア島の名物として、リコッタクリームたっぷりのカンノーロなど…。
イタリアン・ドルチェの魅力が見開きごとに紹介されているので、初めてのお菓子に新しい発見を覚えたり、お気に入りを見つけたり…といろいろな楽しみ方ができます。


【新刊のご紹介】latavolasicilianaさん『イタリア菓子図鑑』出版!_f0357923_13141165.jpg

お菓子を通して、イタリアやヨーロッパの歴史がわかり、レシピを見ながら実際に作って楽しむこともできるという、楽しみが2倍の一冊。
美しい写真からもイタリアを感じられるフォトブックのようなので、イタリア好きの方&お菓子好きの方はぜひ手に取ってみるといいでしょう。

著者のlatavolasicilianaさんからもメッセージをいただいたので、ご紹介します。

-------------------------------
*latavolasicilianaさんからのメッセージ*

星の数ほどあると言われているイタリア郷土菓子。
イタリアは古くから文明が栄え、また南北に細長いため気象条件も様々で収穫される食材も様々。
色々なことが重なってたくさんの伝統郷土菓子が生まれました。
見た目は茶色くて地味な菓子ばかりですが、頬張ってみるとその美味しさにびっくり!
さすが食いしん坊のイタリア人、と思わずうなってしまいます。

本書では、107種の伝統菓子を厳選し、1つ1つの菓子のストーリーとレシピを書き上げました。
イタリアの地方の説明、材料のこと、歴史のこと、などなど、菓子のみならずイタリアについても色々と知って頂けるよう、プチ情報も充実です。
240ページの中に「イタリア菓子図鑑」という名に恥じないよう、情報をこれでもか!というくらいたくさん詰め込みました。
レシピも日本でも作れるように微調整を繰り返しました。
とっても簡単に作れる菓子から、ちょっと手の込んだものまで、初心者から上級者の方まで色々な菓子にチャレンジして頂きたいです。

私が料理の世界に入ったころにはまだまだ「イタリア菓子」は日本には知られていない存在でした。
その後、ライフワークとしてもイタリア菓子を研究してきた私にとっては、私の料理人生の集大成のような1冊です。

コロナ禍でおうち時間が増えている現在、レシピブックとしても、読み物としても楽しめる1冊です。
現在はイタリアに旅行をすることができませんが、この本を読みながらイタリアに心を馳せ、旅している気分になって頂けるかと思います。
そしてイタリアに安心して旅ができる日が来たら、本書を片手にイタリアでお菓子の食べ歩きをしてもらえたら嬉しいです!

エキサイトブログでは、私がイタリア留学を始めた2004年より日常生活を綴っております。
私が住むイタリアの南の島、シチリア島より、イタリア人も憧れる美味しい食、美しい風景など、シチリアの雰囲気を楽しんでいただけるよう、写真も多くアップすることを心がけています。
ちょっと一息付きたいときに是非ご覧くださいね!


イタリア好きの皆さん、お菓子好きの皆さん、そして食べる事大好きな皆さん、多くの方に「イタリア菓子図鑑」やブログを通じてイタリアの風をお届けできたら嬉しいです。
-------------------------------

イタリア菓子図鑑 お菓子の由来と作り方―伝統からモダンまで、知っておきたいイタリア郷土菓子107選』
著者/佐藤礼子(latavolasicilianaさん)
出版社/誠文堂新光社
定価/2750円(2500円+税)
▼その他こちらの本も出版されています。


▼latavolasicilianaさんのブログはこちら。


編集部ブログでは、エキブロガーさんの活動を紹介しています。
書籍の出版やテレビ・イベント出演などありましたら、管理画面の「出演・出版の紹介申請」よりお知らせください。


# by blog_editor2 | 2020-09-04 14:00 | ■ブロガーの本・出版情報


妹思いのお兄ちゃんと笑顔がかわいい妹さんの成長を、あたたかく見守るパパのやさしい視線でとらえた写真が大人気。「こちらまでやさしい気持ちに包まれる」と評判のブログ「あに☆いもうと」のパパカメラさんが撮る写真からは、家族のしあわせ感が伝わってきます。
そんなパパカメラさんの写真本がこの夏、出版されました!

【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_16234124.jpg

その名も、“しあわせが写りこんだ写真”が撮れる、『しあわせカメラ』という一冊。小さいころからのふたりを見守ってきた読者ファンにとっても、まさに待望の著書ですね。
子どものキラキラした自然な笑顔、しあわせオーラに包まれたすてきな一枚がどうしたら撮れるのかが、この一冊にぎゅっと詰まっているので、ただいま子育て中という方は必見です。

【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_15592033.jpg

パパカメラさんといえば、キャノンフォトコンテストでの大賞をはじめ、安田生命のCMに6回も採用されるなど数多くの入賞歴をお持ちのプラチナブロガーさんですが、この本は難しい写真の撮り方テクニックはなし。それよりも、子どものいきいきした表情をとらえるには、親がいかに楽しく子どもと関わるかが大切だということを伝えてくれます。

【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_16001166.jpg

「はい、こっち向いて!はい、チーズ」ではいつも同じパターンの写真になってばかり。みなさんもそんな経験はあるでしょう。
そこで、どうしたら子どもが楽しくなれるかを、シーンごとに料理のレシピのように、“魔法の撮影レシピ”として紹介してくれています。
アレンジの仕方はもちろん料理とおなじく自由自在。
【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_16011628.jpg

すてきな背景をうまく生かしながら躍動感を出したり、一瞬一瞬のキラメキをとらえるコツや遊びで楽しませるアイディアなどを、写真とともに紹介しているので、こちらを参考にすればきっとみなさんもいい写真が撮れるはず…。

【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_14582476.jpg

子どもと楽しく関わることで、子育てそのものも楽しくなるし、親子の関係もますます良くなり、子どもの肯定感も育つというパパカメラさん。
以前のインタビューで、「子どもの成長は早く、いま撮らなければもう二度とそのかわいさは撮れないと思い、日々撮影しています。だから子どもと過ごす時間は大切にしています」とおっしゃっていましたが、そのとおりだと思います。

まさにいま子育て中のみなさんも、さっそくこの本を手にとって、子どもと過ごす時間を大切にし、子どものしあわせな時間をカメラに写しこんでみてはいかがでしょう。

著者のパパカメラさんからメッセージもいただいているので、ご紹介します。

-------------------------------
*パパカメラさんからのメッセージ*

2009年1月に始めた我が子の写真日記ブログ『あに☆いもうと』
本書ではブログでは書いていなかった撮影の裏側を紹介しています。

親が撮る写真は、基本親がやりたいこと。
「はい笑って!」と言われても子どもは楽しくありません。
その結果、同じような作り笑顔のピース写真ばかりを量産。
やがて、親も子どもも写真にネガティブなイメージを抱き、撮らなくなってしまう。

そんな悪循環の始まりは、最初のステップ、親の都合で写真を撮ること。
写真を撮る前にまずすべきは、“子どもにしあわせな時間を過ごさせてあげること”
遊びでも、スポーツでも、お絵かきでも、おやつタイムでも、子どもがイキイキした表情を浮かべ夢中になれることなら何でもOK。
子どもにスイッチが入って、ここで親は子どもの世界に入り込み、時には離れた所から眺めながら、しあわせな子どもを撮影する。
すると、輝く表情の子ども写真を誰でも撮ることができます。

本書では、様々な場所や条件でマネして使える子どもの楽しませ方と映える写真のコツを料理のレシピのように紹介。
料理作りと同じようにレシピを参考に自分なりにアレンジして撮れるようになっています。

また〝しあわせが写しこむ写真〟で○○すると、子どもの自己肯定感が65%➡90%に上昇!
その○○は本書の中で明かしていますので、ぜひ気になった方は、御一読ください。
この本をきっかけにしあわせな子ども写真、家族写真が増えることを願っています。

【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_16071869.jpg

-------------------------------

8月13日の発売以来、楽天ブックスランキングで1位(写真カメラ)。たちまち重版となった話題の新作です。
パパカメラさんのアイディアを参考に、何気ない日常のなかでも最高の一枚を撮ってみましょう!


しあわせカメラ 子どもの自己肯定感が育つ魔法の撮影レシピ
写真・文/パパカメラ
出版社/自由国民社 定価/1500円(+税)

【新刊のご紹介】パパカメラさん『しあわせカメラ』出版!_f0357923_16074245.jpg




編集部ブログでは、エキブロガーさんの活動を紹介しています。
書籍の出版やテレビ・イベント出演などありましたら、管理画面の「出演・出版の紹介申請」よりお知らせください。


# by blog_editor2 | 2020-08-28 14:00 | ■ブロガーの本・出版情報

こんにちは、エキサイトブログ編集部です。
まだまだ厳しい残暑が続きそうですが、みなさま、体調のほうは大丈夫でしょうか。あと少し、熱中症&コロナに負けないよう、良質な睡眠と栄養を十分とって暑い夏を乗り切りたいですね。

先週に引き続き、今回もまた新しく仲間入りしましたプラチナブロガーさんを4名ご紹介いたします!

おいしい料理やハンドメイド、お菓子作りなど、自分らしい暮らしを楽しむ記事をはじめ、楽しい海外生活を伝えてくれる記事など、どれも興味深い記事を投稿されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

小皿ひとさら(sarara-さん)

プラチナブロガーが新しく追加されました!_f0357923_15030470.jpg

お酒のつまみに合う小皿料理をはじめ、季節の食材を使った保存食や発酵食品などがおいしそう!「さ、飲もう♪」の言葉どおり、“おうち飲み”が楽しくなりそうなsarara-さんのブログは、ひと息ついて一緒に飲みたくなるような気分に誘われます。ときどき登場するハンドメイド作品も、丁寧な手仕事ぶりと暮らしを楽しむ様子が伝わり、心がほっこり癒されます。



メイフェの幸せ&美味しいいっぱい~in 台湾(meifeさん)

プラチナブロガーが新しく追加されました!_f0357923_15091618.jpg

台湾といえば、小龍包にかき氷に…おいしいものがいっぱい! 屋台の味から女子に人気のスイーツまで、食欲をそそる台湾グルメを現地から発信しているメイフェさんのブログからは、“おいしい幸せ”が伝わってきます。これまで出かけた旅先でのグルメな話題もつづっているので、食べ歩きが好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。




ロンパラ!(LONDON パラダイス)(londepaさん)

プラチナブロガーが新しく追加されました!_f0357923_15095121.jpg

ロンドン在住のlondepaさんが、ロンドン&その周辺の話題とすてきな暮らしぶりをつづっています。「地球の歩き方」特派員としても活躍する旅行の記事もおもしろいので注目。テンポのいい文章と大きな写真からは海外生活の楽しさが伝わるだけでなく、海外のいまを知る意味でとても興味深く読み進められます。




la la la kitchen 2 ♪(kirakiraさん)

プラチナブロガーが新しく追加されました!_f0357923_15101778.jpg

手作りのパンや季節のフルーツを使ったスイーツがとてもおいしそうなkiraraさんのブログ。「いつか小さなベーカリーカフェを開きたい」という夢があるそうですが、さすがそのクオリティの高さにも目を見張ります。ときどき登場する手作りランチやおうちごはんもおいしそうなので、思わず食べてみたくなりますよ。



プラチナブロガーさんのすてきな記事はこちらの一覧からもご覧になれます。

編集部ブログではブログテーマから素敵な記事をピックアップして紹介しています。もちろんプラチナブロガーさんの活動情報も発信中。
ぜひ更新されたらお知らせします。読者登録してくださいね。


# by blog_editor2 | 2020-08-21 14:00 | ■ブロガー紹介

こんにちは、エキサイトブログ編集部です。
毎日厳しい暑さが続いていますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今年の夏は新型コロナウィルスの影響で特別な夏となってしまいましたが、旅行や帰省を取りやめておうちで過ごしている方も、自分らしく充実した夏を過ごしてくださいね。

さて、本日は新しく仲間入りしましたプラチナブロガーさんを4名ご紹介いたします!

おうち時間がより楽しくなるおいしい料理や、快適な暮らしを見直すヒントがたくさん詰まった記事、見ているだけでお出かけ気分を楽しませてもらえる記事など、それぞれすてきなブログ記事を投稿されています。ぜひチェックしてくださいね。

国際中医薬膳師&フードコーディネーターをされているという、ゆりぽむさんのブログ。美味しいのはもちろん、心と身体にやさしい健康的なお料理を日々アップされています。冷蔵庫にある食材で、「きょうは何を作ろうかな?」と思ったときにも役立つレシピが満載なので、読者にとってもうれしいですね。「夏バテでちょっと食欲が出ない」なんてときには、胃腸にやさしい料理もあるので参考にしてみるといいでしょう。



ふたりの男の子のママで、整理収納アドバイザーのはせがわあかねさんが、〝子育て中のママ”を応援。片付けが苦手な人でも、スムーズに片づけができる整理収納術をはじめ、子育てのヒントなどを、独自の視点でわかりやすく紹介してくれています。おうち時間が多くなり、「暮らしを見直したい」「親子で楽しめる時間をもっと充実させたい」なんて方はぜひご覧になってくださいね。




プラチナブロガーが新しく追加されました!_f0357923_18101131.jpg

長崎にお住まいのyaoyao55さんが、大好きな台湾を旅したときのグルメやショッピング、ホテルなどの旅情報をメインに紹介しています。ガイドブックには載らないようなレアな情報も満載。現在はコロナのために台訪が難しいので、「すべてが落ち着いて再び安心して旅ができる時へ向けての更新」としています。再びやってくるその日のために、「楽しい予習時間」を過ごしたいという方はぜひチェックしてみるといいでしょう。



旅行好きな沖縄在住のtomoさんの旅行記ブログ。 青い海と青い空、南のリゾートらしい沖縄の風景をはじめ、国内海外問わず、tomoさんが出会った旅の景色に癒されます。「旅行記の更新は、安心して外出ができるようになった時の参考となりますように」との思いで現在はアップされていますが、いはまオンライン旅行などを楽しむ人が増えているので、涼しい部屋でくつろぎながら、旅気分を味わいたい方にぜひおすすめです。



次回もプラチナブロガーさんのご紹介となります。ぜひお楽しみに。

編集部ブログではブログテーマから素敵な記事をピックアップして紹介しています。もちろんプラチナブロガーさんの活動情報も発信中。
ぜひ更新されたらお知らせします。読者登録してくださいね。

# by blog_editor2 | 2020-08-14 14:00 | ■ブロガー紹介

1匹の猫との運命的な出会いから始まり、現在はたくさんの猫に囲まれて生活している咲セリさん。
咲セリさんが綴る猫との日常は、見ているものに癒しを与えてくれ、命の大切さを教えてくれます。
そんな咲セリさんの新刊「優しい手としっぽ」が発売されました。

【新刊のご紹介】咲セリさん『優しい手としっぽ』_f0357923_15512940.jpg

■「優しい手としっぽ」紹介■

「いらない生命なんて一つもない」

著者自身が病を抱えながらも引き取った病気の猫がきっかけで、動物愛護団体「LOVE&PEACE Pray」と出会うところから物語が始まります。
施設では、様々な事情や障害を抱える人々と、ハンデや、病気を抱えながら家族を探す猫たちが一緒に生活しています。

施設で働く人たちは、家族関係、精神障害、アルコールへの依存など、それぞれの事情を抱えている。
それでも、世界から見放されたと感じ、人を信じれなくなった人は猫を介護することで、猫に愛され、救い、救われていき、そして自分の居場所を少しずつ見出していきます。

猫も、人も、どんな事情があれ、差別されるものではなく、尊重されるべき同じ「命」なのだと。

障害やハンデを抱えていても、どんな人にも、居場所は必ずある。
そんな強いメッセージがこもった、施設での生活を追って綴る、あたたかい奇跡のフォトエッセイです。

こんな時勢だからこそ、人と猫、人と人の繋がりに触れて欲しいと思います。
【新刊のご紹介】咲セリさん『優しい手としっぽ』_f0357923_15593191.jpg
   
【新刊のご紹介】咲セリさん『優しい手としっぽ』_f0357923_15525882.jpg
本文は96ページのフルカラーで、施設の猫の写真もたくさん掲載してます。癒されたい人にもおススメです。

作者の咲セリさんからコメントをいただきましたのでご紹介します。

------------------------------------------------------
はじめまして。
「優しい手としっぽ」の作者の咲 セリと申します。

この本は、生きることが少ししんどい今の時代だからこそ、
人の優しさ、動物の優しさという、
生きていることを愛しいと思えるような、あたたかさをつづりました。
 
「飼えない」「いらない」「病気になった」
様々な理由から捨てられた猫を引き取る愛護施設「LOVE&PEACE Pray」。
実はその施設で働く人たちも、社会から疎外された様々な障がいを持つ人々でした。
人と猫、共に見捨てられたモノ同士の共同生活の中で、
生きてゆくふれあいを描くノンフクションフォトエッセイです。

 
いらない生命(いのち)なんて一つもない――。
必要とされる居場所は必ずある――。

 
新型コロナウィルスのこともあり、息苦しい今、出かけられない家の中でも、
支えあうぬくもりを読んで、ほっこりしていただければしあわせです。

また、この本は、出版者様のご厚意で、売り上げの一部は動物愛護団体に寄付されます。
皆さんの優しさが、また、新しい命を救います。
手に取っていただければ、救われます。
------------------------------------------------------


命について考える内容と、かわいい猫の写真で癒されること間違いなしのこの一冊
ご自宅で過ごす機会が多いこの機会に読んでみてはいかがでしょう。
ネットショップや電子書籍でも販売されていますので、是非とも探してみてくださいね。


▼咲セリさんブログ▼


【咲セリさんの過去の出版物】

「それでも人を信じた猫 黒猫みつきの180日(KADOKAWA)」

「絆の病 境界性パーソナリティ障害の克服(ポプラ社)」

「死にたいままで生きています。(ポプラ社)」

 他



編集部ブログでは、エキブロガーさんの活動を紹介しています。
書籍の出版やテレビ・イベント出演などありましたら、管理画面の「出演・出版の紹介申請」よりお知らせください。

# by blog_editor2 | 2020-04-21 16:38 | ■出演・出版 紹介