物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
自然と一体になる、それがハンティングの大前提
b0062963_16353382.jpg


 一年ぶりぐらいで、カモやキジなどの鳥を求め猟に出かけた。
 狩猟はまず歩くことから始まる。雪の中、雨の中、風の中、とにかく歩いて自分の足で大地を踏みしめること。そして五感を最大限に働かせること。遠くの茂みからの物音、地面のアニマル・トラッキング(動物の足跡)、風向き、匂い。狩猟はまず何が何でも獲物を探さなければ始まらない。しかし意気込みに反して獲物はそう簡単にみつかるものではない。動物の習性を熟知したうえで自然を前にしなければ、目に見えるものは風景にしか過ぎない。
 そして見つけることができたら、次はいかに獲物にアプローチするか。警戒している動物の側に近寄ることがいかに難しいか。こちらが風上に立っただけで、動物は一瞬のうちに姿を消してしまう。時に相手の裏をかくような戦略さえ求められる。

 野生の獲物を見つけること、気がつかれずに近づくこと、この二点がうまくいけば、ようやく人はハンターとなれる。ハンターは自然に同化し、獲物と同じ目線に立てる人のことをいうのだと思う。つまりその動物そのものとなることだ。

写真:師匠の三浦氏について回る。その背中をじっと見つめ、今回もいろいろなことを学び感じ取った。
by born_to_explore | 2007-01-12 16:38 | 探検家の日記 | Comments(0)
雪国の火鉢
b0062963_17133437.jpg昨年夏、火鉢を買った。
なによりも蒼い釉薬に惹かれた。
その色はどことなく光がようやく届く深海、あるいは空と宇宙の境目を思わせる。人間には届かない遠い世界、そこはきっとこんな色で満たされているに違いない。一つの小宇宙を想像しながら、その真ん中で、火を焚いたらどうだろう。そこはきっと世界の中心。

寒い冬がきたら、火を入れて、手をかざしてみよう。そう思って、セミの鳴く暑い日に買った火鉢。今朝はそんな想像どおり、目覚めると外は一面の銀世界。真っ赤に焼けた炭を火鉢において、手をかざした。心の中にまで暖かさが染みとおるようだった。

雪の降る日はとても静か。パチパチと炭が立てる音はまるで妖精たちのささやきのよう。鉄瓶に水を入れ、火にくべた。やがて鉄は熱くなり、水は湯となり、白い水蒸気をゆっくりと吹きはじめた。のびやかな雪国の冬のひととき。
by born_to_explore | 2007-01-09 17:22 | 探検家の日記 | Comments(5)
いきなり雑誌社から米が!?
「インドの魂は農村にある」
巨星、マハトマ・ガンディーの言葉である。
その本質を突く言葉は、かつてインドへ出かけたわたしにとっても旅の指針となり、帰着点ともなった。

では日本の魂はどこにあるのか?
都会か、田舎か?

その問いにユニークな視点から取り組んでいるのが雑誌『自遊人』だと思う。そもそもそう実感するきっかけとなったのは、昨年末その『自遊人』からいきなり届いた米だった。b0062963_15581491.jpg同梱の挨拶文には、編集部を東京都から新潟県に移し、仕事のかたわら米づくりをはじめたとあった。雑誌出版社が米を!途方もない話ではないか。挨拶文にはその理由が直面したコスト削減という問題から縷々書き綴られていたが、行間にはこれからの時代、本当の豊かさとは何か、それを一メディアとして問い、発信しようという気概さえ漂い思わず感じ入った。

「JTBのパックツアーで秘境へ出かける」をテーマに、わたしが担当しているこの『自遊人』での連載も今回(一月号)で12回目となった。南米ペルーへの旅を書いた後篇では土地に魅入られるように移住した二人の夢の現場を追跡した。ナスカの地上絵に魅せられたマリア・ライヘと、未知のチャンカイ文化の謎を追った天野芳太郎。これほどロマンチックな人生があるものか、と取材をして無性に羨ましくなった。そして彼らから学ぶ究極的な人生のフィールドは都会ではなく、田舎にあると改めて思い知ったのである。
by born_to_explore | 2007-01-08 16:15 | メディア | Comments(5)
モールスキン なくしたとなれば、一大事
旅先で読んだ本を通じてモノと出会うことがある。
そしてそのモノを通じて、旅そのものが変わってしまう。
そういう体験をしたことがある。

モールスキンと呼ばれる手帳のことをはじめて知ったのは一九九四年。
旅の途中で読んだ一冊の本がきっかけだった。ブルース・チャトウィンの『ソングライン』。オーストラリア大陸へ、原住民アボリジニの神話を求めて旅する著者の体験をベースとして書かれたこの本は、わたし自身が「物語を旅する」というテーマへと乗り出すきっかけを与えてくれた本のひとつ。

b0062963_12592647.jpg


そこには手帳のことが短く、このように紹介されている。

『このノートはフランスではモールスキン手帳の名で知られている。モールスキンとは模造皮革のことで、私がもっていたのは黒いオイルクロス張りのものだった。パリに行くとかならず、私はアンシャンコメディー通りの文房具店でこのノートを買った。ページは正方形で、ずれないようにゴムバンドでとめられていた。私はノートに番号をふった。そして拾った人が謝礼をもらえるよう、最初のページに名前と住所を書き入れた。パスポートを紛失してもどうということはなかった。だがノートをなくしたとなれば、それは一大事だった。』(『ソングライン』チャトウィン めるくまーる 1994)

チャトウィンは旅をしながら、モールスキンにさまざまな断片を記録していく。『それはほとんど判読不可能なメモ、”思想”、引用、束の間の出会い、旅日記、物語のための覚え書き、などの寄せ集めだった』(引用同上)

そこに旅のインスピレーションを得たわたしは、さっそくモールスキンを買い求め、旅に出た。チャトウィンと同じようにノートに番号をふり、最初のページには名前と住所も書き入れた。そしてあらゆる旅の断片をそこに書きなぐり、いくつもの国境を越えた。実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を見つけたときもその発掘記録をつぶさに書き込んだ。やがて気がつけば手帳の中だけではなく、表紙にまで旅のかけらがはみ出してくるようになった。世界中の空港でかばんに貼られた「コワレモノ注意」のシール、ナショナル・ジオグラフィック協会のビジターズ・パスなど、それらはその時々の思い出というよりは、自分の旅の存在理由(レゾン・デートル)そのものだ。なくしたとなれば一大事、いつしかわたしもそう思えるようになった。びっしりと書き込まれたわたしのモールスキンもいつの間にか20冊を越えた。

モールスキン日本公式ウェブサイト(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2007-01-06 13:07 | 探検家の日記 | Comments(7)
まぼろしの手巻き寿司伯爵
 時は18世紀、イギリスのある伯爵はカードゲーム(トランプ)にのめり込むあまり、食事をする間も惜しむほどであった。そこで彼はパンに具をはさんで食べることにした。するとそれはジョン・モンターギュ4世サンドウィッチ伯爵にちなんで、サンドウィッチと呼ばれるようになった。ちなみにこのサンドウィッチ伯爵、探検家キャプテン・クックのパトロンとしても知られ、クックは感謝の印として発見した太平洋の諸島をサンドウィッチ諸島と名づけた。この諸島はその後名前を変えてハワイ諸島に。
 
b0062963_14142429.jpg さて、時は21世紀、その逸話に感動したとある日本の探検家は年末年始のひととき、伯爵と同じようにゲームに興じることにした。しかし何事も同じでは面白くない。「イギリス人がサンドウィッチなら、われわれ日本人は手巻き寿司で行こう!」とばかりさっそくさまざまな具と寿司飯、海苔を大皿にドンと盛り付けた。そして日本酒の一升瓶からおちょこになみなみと注ぎ、ゲームスタート!

 ゲームはモノポリー。この世界的ボードゲーム、昨年2006年には全国47都道府県版に先駆けて秋田県エディションが登場した。駒を秋田犬にしたり、秋田美人の元祖とも考えられる小野小町が出てきたり、いろいろと芸が細かい。しかも今回は特別にモノポリー秋田県エディションの制作プロデューサー千葉尚志さんが参加してくれた。ゲームの制作者からルールやコツ、制作秘話までを聞きつつ、ゲームに興じるというのは贅沢至極。

 英語で「独占」を意味するモノポリーは、サイコロをふって盤上の駒(秋田犬)を進めながら、不動産を取得。最終的には相手を破産させ、独占した者が勝つというゲーム。これぞまさに伯爵好み(?)のゲームではないか!と意気込んだが、結果はあっけなくわたしが最初に破産!小学生の姪に全ての財産(不動産、動産、手持ちのキャッシュなど)をことごとく奪われ、手巻き寿司伯爵への夢はあっけなく打ち破られたのであった。

モノポリー秋田県エディションは秋田のあちこちを旅するようなゲーム展開が魅力だった。(こちらをクリック!)
(写真:右が千葉尚志さん。モノポリー秋田県エディションは秋田杉とナマハゲの切絵のデザインが美しい)
by born_to_explore | 2007-01-04 14:36 | 探検家の日記 | Comments(3)
不惑魚の冒険
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

一年の計は元旦にあり、そして志は書初めにこそ顕れる。書初めは新年の「初心表明」だろうと思う。年初の新しい気分で筆をとり、白紙に向かった。

昨年十二月に満四十歳を迎えたわたしにとって、今、心の中にある言葉は「不惑」。孔子の『論語』の一節(下記参照)は大切な人生の座右の銘のひとつだ。いかに惑わずに生きるか、二〇〇七年の今年から四十代全般にわたり、十年かがりで追求したい人生の大テーマ。

b0062963_0321448.jpg


筆を手に何度も半紙に「不惑」と書いているうち、やがて言葉は自ら語りかけてくるようであった。「惑」とは「或」に「心」と書く。「或」は「或る」とか「或るいは」のように、あいまいなまま存在していることを意味する。つまり正であるか邪であるか漠然とした心の境地が「惑い」。それを「不」で打ち消したものが不惑である。無心ともとれる。そんな解釈から、わたしはもともとの「不惑」という文字を「不」「或」「心」と分解して、むしろ意識的に一字のようにまとめて「不或」に願いを込めた。そうして何度か書いているうちに、文字から一匹の魚が浮き上がってきた。

「不或心」をもってすれば、一匹の小魚も大海で怖いものなし。
二〇〇七年、新たな航海のスタート!

『論語』孔子
吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑はず。五十にして天命を知る。六十にして耳順ふ。七十にして心の欲する所に従いて、矩(のり)を踰(こ)えず。
吾十有五而志於學 三十而立 四十而不惑 五十而知天命 六十而耳順 七十而從心所欲 不踰矩
by born_to_explore | 2007-01-03 14:53 | 旅語 | Comments(5)