物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
気がつけば二個目の塩饅頭
b0062963_9175097.jpg

山梨県は鰍沢町より菓子折りが届いた。
中には竹林堂謹製の塩饅頭。
創業明治三十六年というから、竹林堂には百年以上もの長い歴史がある。たまたまそのご子息が東京でサラリーマン生活をしていた当時のわたしの後輩で、彼が偶然このブログを見つけたという縁で、今回、逸品を賞味させていただくことと相成った。

落語界にも熱烈なファンがいて、雑誌にも取り上げられたというが、そんな評判通り、竹林堂の塩饅頭はしっとりと口にとろけていくような食感、気がつけば二個目に手がのびていた。自然海塩とあんこの甘さのバランスもまた絶妙。熱い番茶とともに、ほっとひといき。

菓子司を友に持つ幸運をしみじみと味わう探検家であった。
by born_to_explore | 2006-11-11 09:20 | 探検家の日記 | Comments(2)
冬の国、夏の国、50日以内ぐるっと紀行
b0062963_101622.jpg
今年もあと残り50日ほど。年内の海外行はあと2回。

来週からはサンタ・クロース追跡のためにヨーロッパへと渡る。今年1月から3月にかけて、サンタの足跡を追って世界各地を旅したのだが、今回はその古層、つまりサンタ・クロースの根っこにあるものを求めて、ヨーロッパ各地の祭りを訪ねて旅に出る。

そして帰国後すぐに、夏のオーストラリア、大陸の内奥アウトバックへ。人間の前に立ちはだかる大自然を求めての旅。

もちろんイリジウム(衛星携帯電話)を駆使して、厳寒の冬と灼熱の夏、現地からリアルタイムに旅の醍醐味をお届けします。
by born_to_explore | 2006-11-10 10:22 | 探検家の日記 | Comments(4)
野口健さんと対談
b0062963_0221133.jpg TBSの人気深夜番組『R30』に出演することになり、収録のために都内のスタジオを訪れた。アルピニストの野口健さんが冒険野郎を紹介するという企画。第一夜は故植村直己(11月3日放送済)で、第二夜がわたし(11月10日 深夜24:40~)、第三夜が極地冒険家の大場満郎氏(11月17日)とのこと。
 対談形式で進められた今日の収録。野口健さんと話をしていて、彼がエベレスト山頂に立った後も、その世界最高峰と関係を持ち続けていこうとしていることに感銘を受けた。山頂に立つということは特別なことであっても一つの通過点にすぎない。登頂後、清掃登山へと活動の幅を広げる彼の山への視点にもまたスケール感があっていい。わたしは登山家でも冒険家でもないが、その気持ちにはとても共感できる。探検家にとっての目標は発見。しかし発見は終わりを意味しない。むしろ一過程であり、そこから実にさまざまなものが始まる。実在したロビンソン・クルーソーの住居跡発見後、わたしも野口さん同様、そこに新たな関わりを見出し、また新しい一歩を踏み出している。それが何かはTVで!
by born_to_explore | 2006-11-08 00:26 | 探検家の日記 | Comments(4)
時代は「知的エンターテイメント」を求めている
b0062963_8291313.jpg長崎歴史文化博物館(こちらをクリック!)の大石一久先生に会った。大石先生はわたしに拓本の技術を伝授してくれたり、中世の石塔世界へと誘ってくれた恩師。今回も高麗島伝説に関係すると思われる墓石や石塔に関して、いろいろとアドヴァイスをいただいた。大石先生はもともと高校の教師であったが、新しく博物館を立ち上げることになって現在の職場へとうつられた。わたしもさっそく博物館へ出かけてみたが、歴史を楽しく、面白く、見せる工夫が随所に施され、思わず時が経つのも忘れてしまった。やっぱりこれからの時代、博物館は象牙の塔ではなく、地域密着型の知的エンターテイメント発信地であって欲しいと思う。もちろん新時代の探検家も知的エンターテイナーたるべきと思っている。
by born_to_explore | 2006-11-07 08:31 | 探検家の日記 | Comments(0)
墓をめぐる謎
b0062963_0401595.jpg高麗島伝説が伝わる江迎町の近く、平戸市には「高麗人」と書かれた墓が残されていた。
高麗人とは文字通り朝鮮半島の人のことをさす。
この墓は豊臣秀吉の朝鮮出兵によって、日本に連行されてきた人を祀るものである。

この高麗人と伝説の高麗島の人には接点があるのかないのか。
考えれば考えるほど語られざるその歴史は混沌としてくる。
一方を歴史、一方を伝説と簡単に線引きして区別すべきではないようにも思う。

いろいろと情報を集めると、高麗島から逃げてきた人は久賀島や江迎ばかりか五島列島の奈留島に、またこのような高麗人の墓は福江島にもあるという。各地に点在するそれらを訪ねてまた九州へ戻ってきたい。
by born_to_explore | 2006-11-06 00:44 | 探検家の日記 | Comments(0)
伝説島の生き残り家系
b0062963_23165894.jpg日本のアトランティスというべき高麗島伝説を追って、長崎県の江迎町へと出かけた。ここには伝説の島から逃げてきた人の末裔であると代々伝えている一家が住んでいる。

「その昔、空が真っ赤に染まり、地響きとともに島は海に沈んでいった。命からがら逃げおおせた人は五島列島の久賀島に到着し、後にその一家は、江迎に移り住んだ」

この言い伝えは、一族の墓所の一角にある石碑に彫りこまれていた。果たして真相やいかに・・・。このような伝説に接する時、わたしはまず間違いなく「信じる」所からはじめる。伝説を信じている人がいるということ自体がすでにリアリティではないか。すると伝説が自ずと何かを語り始める、ということは大いにあることなのである。
by born_to_explore | 2006-11-04 23:20 | 探検家の日記 | Comments(8)
皿うどんをペロリ
b0062963_7282785.jpg
長崎に来たならば皿うどん。
揚げた細めんにとろりとからむ具材、長崎ではこれにさっとソースをかける。
それをおかずにごはんを食べる。これが常識!
ソースは長崎製の金蝶ソース。日本各地を旅すると「ご当地醤油」によく出くわすが、ご当地ソースを持っているのは長崎だけではないだろうか?
じつはこの皿うどんに長崎の本質を見つけることができる。
出島で知られる長崎は他に先駆けて外国文化を取り入れた。そんな先取の気質が洋風のご当地ソースを作り上げ、人々はそれを中国ルーツと思われる揚げ麺にかける。そしてそれを日本風に「皿うどん」と呼ぶのであった。和洋中、その混沌に長崎のうまさの真髄がある。
by born_to_explore | 2006-11-03 07:30 | 探検家の日記 | Comments(5)
サイン色紙
b0062963_22562372.jpg長崎県にやってきた。まだ夏を思わせる太陽光と、爽快な海風が心地よい。
さっそく長崎県立長崎明誠高等学校で講演。講演後、学校と生徒会より色紙を頼まれた。
「答えは旅の中にある」
「Because it is there! そこにあるから」
自分が信条とする二つの言葉をそれぞれに書いた。
何事も一歩を踏み出さねば始まらないし、結論は旅、つまり行動の先にある。
そして旅に出ること、行動を起こす理由は、何かが待っているからにほかならない。
本、色紙、依頼を受けるたびに、わたしは自分にも向けてペンを執る。さて長崎ではどんな答えを求めて旅を続けようか。
by born_to_explore | 2006-11-02 22:59 | 探検家の日記 | Comments(0)