物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
事故の影響

今日は雨。気温もぐっと下がった感じ。ミドルブルグでのシンタ・クラース・フェスティバルに参加したわたしは今度は電車で2時間ほどのところにあるライデンへと向う。ところがその途中のロッテルダム中央駅付近で事故が発生した模様b0062963_116870.jpg。乗っていた電車は途中駅でストップしてしまった。下車して、駅員に尋ねると「地下鉄に乗り換えて、また国鉄へ???」とのこと。こうなると土地勘がないわたしは右も左もわからない。駅には人だかりができ、20kgをゆうに超えるバックパックを担いだわたしはその流れに翻弄されるまま右往左往。そして到着した電車の扉が開いて皆いっせいに駆け込んだので、思わず自分もか、と勘違いしそうになった。こういう時は普段以上に冷静さが大切。目的地のライデンに到着したのは、1時間遅れの午後2時半。もちろん旅は早め早めの移動が肝心。これが夜だったら心細さも加わってくる。
by born_to_explore | 2006-11-21 01:19 | 探検家の日記 | Comments(5)
トマトとリンゴ

b0062963_265950.jpg

旅に出るとかならずスーパーとか市場を見つけて、トマトとリンゴを買う。
特にヨーロッパでは、トマトもリンゴも歯ごたえがあって、味も濃く、おいしいので来るたびに食べるのが楽しみの一つになってしまった。日本で食べるトマトやリンゴは「食べやすさ」を追及して品種改良がなされたために、甘くてやわらかいのものとなってしまったのではないか。その分本来の野性的なおいしさが失われてしまったのではないかと思う。リンゴもトマトも、食べると医者要らずと言われる。わたしはあくまでも丸かじりが基本。むろん旅先でも。
by born_to_explore | 2006-11-20 02:09 | 探検家の日記 | Comments(5)
シンタ・クラースがやって来た
b0062963_16154815.jpgシンタ・クラースは船でやってきた。スペインからここオランダに船でやってくるという伝説にはとても意味深いものを感じる。聖ニコラスはもともとは四世紀はじめ、小アジア(トルコ)の首都ミラの司教だったが、以後、船乗りたちから航海の守護として信仰の対象とされた。その伝統はオランダのシンタ・クラースにもいきている。
b0062963_1617209.jpg

聖ニコラスの祭りは12月5日。
オランダの伝説ではシンタ・クラースは子供の名前や行いが書かれた本を持っていて、よい振る舞いの子供にはキャンデーやプレゼントを、悪い子にはムチ、さらには袋にいれてスペインに連れて行くと脅すという。その日の準備のためにいち早く11月の前半にやってくるシンタ・クラースだが、50人もの肌の黒いズワルト・ピートンと呼ばれる随行者とともにやってくる。この謎の随行者にもいろいろないわれがある。異国人、白いシンタ・クラースの正義に対し、黒い悪魔と考えられたり、各家にプレゼントをとどけようと煙突に入っているうちに煤で顔が真っ黒になったというものまである。

b0062963_16181416.jpg市長が先頭にたって大歓迎し、シンタ・クラースは集まった子供たちとともに歌い、踊り、楽しい時間を過ごした。子供たちにはズワルト・ピートンも人気がある。楽しい道化のような彼らは子供たちにとっては憧れの的。子供の数だけ夢がある。オランダのシンタ・クラース到着に立ち会って、たくさんの夢と出会えたようだった。幸せなひとときだった。b0062963_161962.jpg
by born_to_explore | 2006-11-19 16:26 | サンタクロース | Comments(6)
これだけの人、それほどの存在

b0062963_305049.jpg
数万人が集まった。ミドルブルグの中心部、マーケットという意味の名前がついたここは文字通り、市が立つ広場。今日は大勢の人でぎっしりと埋まった。みんなの願いは一目でもいいから、シンタ・クラースを見ること。一体これほどの人々を熱狂させるシンタ・クラースとは?シンタ・クラースの到着を今か今かと待つ人々を前に、その存在の大きさを知る。そしてわたしの期待は高まるばかりだ。
by born_to_explore | 2006-11-19 03:12 | サンタクロース | Comments(0)
地球の反対側から駆けつけてきた人

b0062963_1514568.jpg
「明日になれば5万人来る。道は足の踏み場もなくなるだろう」
ミドルブルグ市の職員ピーター・ウォドストラさんの言葉がいまだに信じられないが、シンタ・クラースがやってくる日はその様子が全国でTV生中継され、オランダ中の子供たちが熱い視線を向ける。マスコミ関係者も各地から50人以上。その中でわたしが最も遠い所から来た取材者。「日本からこのイベントのために駆けつけてきた」というのはインパクトが強いらしく、さっそくミドルブルグ市長から大歓迎を受けた。(写真)そして市長とともにリハーサルにも随行することなり、夜は市長主催の前夜祭にも招待された。町はシンタ・クラース歓迎ムードにつつまれ、盛り上がってきた。
by born_to_explore | 2006-11-18 15:15 | サンタクロース | Comments(4)
来なかったかもしれない美しい町
b0062963_158113.jpg

オランダに到着。アムステルダムで一泊し、電車でベルギーとの国境に近いミドルブルグまでやってきた。運河沿いに建物が建つここは古き良きヨーロッパの雰囲気が残りとても美しい。この小さな町に明日シンタ・クラースがやってくる。シンタ・クラースというのはサンタ・クロースのモデルとなったオランダの聖人。年一回、12月5日の聖ニコラス祭(オランダでは聖ニコラスをシンタ・クラースと呼ぶ)に合わせて、スペインからやってくるという。このイベントがここで開催されなければ、一生わたしはミドルブルグにやってくることはなかったかもしれない。普段は観光客さえあまり訪れることのないこの美しい町。そんな偶然にも感謝。
by born_to_explore | 2006-11-18 15:10 | 探検家の日記 | Comments(4)
コペンハーゲン到着
 10時間あまりのフライト、ヨーロッパはデンマークのコペンハーゲンに到着した。現地の気温は摂氏11度。ここで乗り換えてオランダのアムステルダムへと向う。
 空港のラウンジでネットにアクセスしたら、先日東京ロータリー・クラブで行なった卓話の講演録がアップされたという連絡が入っていた。東京の帝国ホテルで行なわれた例会には200名ほどのメンバーが集まり、興味深くロビンソン・クルーソーの住居跡発見の話をきいていただいた。(講演内容についてはこちらをクリック!)
 一つの講演をするためには、様々な旅を積み重ねないとならないのだが、今回のロビンソンの講演は13年分の旅の成果が集約されている。このサンタクロース追跡も旅を重ね、いずれ講演をしてみたい。
by born_to_explore | 2006-11-17 00:29 | メディア | Comments(0)
冬かばん、夏かばん
b0062963_55155.jpg鞄を2つ用意した。
1つは冬かばん、1つは夏かばん。
行き先はオーストリアとオーストラリア。
約3週間の冬旅(北半球)の後、今度は1週間の夏旅(南半球)。
2つの鞄を帰国・出国時に交換して、2つの季節を旅するつもり。
それでは行ってきます!
by born_to_explore | 2006-11-16 05:05 | 探検家の日記 | Comments(4)
ヨーロッパ鉄道時刻表
b0062963_1332394.jpgヨーロッパへの旅、出発が間近となり、慌しくなってきた。
今回は、デンマーク、オランダ、オーストリア、スコットランド(英国)の4カ国をめぐるので、交通手段は鉄道をうまく活用することが成功の鍵。ヨーロッパの鉄道旅には何といってもトーマスクック。これは本当に「使える時刻表」。日本でも鉄道時刻表ファンがいるけれど、眺めているだけで旅の臨場感さえ伝わってくる。もちろん中身は外国語表記なのだが、そこからしてもう異国の地にやってきた感じ。それでもひとたび勘所を掴めばわかってくる、そこも旅する感覚と似ていて面白い。
by born_to_explore | 2006-11-14 13:41 | 探検家の日記 | Comments(2)
地方から国際へ
b0062963_17203254.jpg 2006あきた 国際フェスティバルへ出かけた。各国、各団体のブースがずらりと並んで、見ているだけで楽しかった。このように地方都市から「国際」や「海外」を見つめる、考える、というのはこれからの時代とても大切なことだと思う。
 出店を見て歩いた後、「地球へ出かけよう!」という演題で講演した。
 旅をすればするだけ、不思議さ、様々な人々や風景に出合う。知れば知るほど、世界はどんどん大きい存在になっていく。そんな魅力を来場した方々とほんの少しでも味わえたとしたなら最高。
by born_to_explore | 2006-11-12 17:21 | 探検家の日記 | Comments(4)