物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
探検するTシャツ
b0062963_1342177.jpg

裂けてボロボロになった一枚の旗。
それはかつて探検に出かけた旗。
一体どこを旅したのか、どんなドラマがそこにあったのか。
好奇心が揺すぶられる。
ロビンソン・クルーソーの探検でわたしもナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの旗を手にした。この旗には人を遠い世界へと誘う不思議な力がひそんでいる。
そしてこれほどまで勇気を与えてくれるものも他にはあまりないだろうと思う。

そのナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの旗がTシャツになった。
これを着て旅を続けることにしよう。
明日はニューヨークへ。そこでは探検のもう一つの殿堂、探検家クラブを訪ねる。
by born_to_explore | 2006-02-16 13:08 | 探検家の日記 | Comments(0)
ちょいと寿司太郎
b0062963_11261341.jpg

ワシントンDCにやってくると、ホテルには泊まらずここ数年、友人の家に転がり込んでいる。その友人パトリック・マギアンはナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの職員で、もうかれこれ14年の付き合い。ロビンソン・クルーソーの家探しという夢に共感し、協会の中では全く知名度がなかったわたしを様々なセクションに紹介してくれたのが彼だった。今では夢をともに分かち合い、わたしが訪ねていく時は「日本料理」をふるまうことにしている。昨年は彼の家でてんぷらをつくったが、今回は時間的な余裕がないので、日本食のレストランへ出かけることにした。そこでワシントンDC 17th通りにあるSUSHI TARO。秋田の銘酒新政があるというので、それを竹筒でたのみ、つまみにはブリのカマを焼いてもらって、しおからでカンパイした。なんともベタな日本式だが、パトリックはむしろこの方を好むという日本通でもある。
by born_to_explore | 2006-02-15 11:28 | 探検家の日記 | Comments(3)
探検をめぐるジンクス
b0062963_048914.jpgワシントンDCのナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ本部には、来訪者が5ドル出して自由に撮ることができる写真機があって、おなじみのイエローボーダー・マガジン(NGSでは「黄色い枠の雑誌」と呼ばれる『ナショナル・ジオグラフィック』)の表紙のデザインで記念撮影ができる。わたしはここに来るたびにいつも写真を撮ることにしている。1992年に初めて協会に来て以来、今回もさっそく一枚。これをやると探検がうまくいくというジンクスがあるのだ。
by born_to_explore | 2006-02-15 00:49 | 探検家の日記 | Comments(2)
今日のランチ

b0062963_8511640.jpg
アトランタからワシントンDCに入った。さっそくナショナル・ジオグラフィック・ソサエティへ。今日は職員専用のレストランでランチ。サラダとスープのランチ。欧米ではいろいろな種類の新鮮な野菜をたっぷりと好きなだけ食べることができる。だからランチはビックサラダとスープがわたしも定番。ほどよく冷えた野菜とあつあつのスープ、今日選んだマッシュルームのスープはめちゃくちゃうまかった。スープにはパンを浸して食べる。オーガニックで大変結構!
by born_to_explore | 2006-02-14 08:52 | 探検家の日記 | Comments(2)
コカコーラ・サンタ
b0062963_12415276.jpg

アトランタではワールド・オブ・コカコーラを訪れた。世界中で飲まれているコカ・コーラの本社がアトランタにあり、いわばここはコカ・コーラ発祥の地と言うばかりか、アメリカ文化の中心地のひとつでもある。わたしの目当てはサンタクロース。われわれにお馴染みの赤い服、トナイカイ、笑顔の老人像などはみなコカコーラのサンタクロースがもとになっている。いわばわれわれのイメージするサンタはアメリカの広告からきているのである。

と、このように宝島の追跡を終えたあと、わたしはサンタクロースを旅することにした。
これからのブログはサンタを中心に物語を旅します。
by born_to_explore | 2006-02-12 12:42 | サンタクロース | Comments(2)
ドミニカのロックアート
b0062963_11314946.jpg
キューバで無事に宝島の取材を終えた。プエルトリコ、ヴァージン、ドミニカ、キューバでは物語の背景となった現場を訪ね、貴重な海賊の資料を入手した。ほとんどがスペイン語なので、これからそれらを読みこなしていかなければならない。さて宝島追跡が一段落し、キューバを後にしてアメリカへ向う。キューバとアメリカには直接行き来できるルートがないため、再びドミニカにトランジット滞在。首都サントドミンゴの西、サン・クリストーバルにある洞窟には原住民タイノ族が残した貴重な壁画が残されている。一般公開はされていないが、出かけていって頼み込み、特別の許可を得て入洞した。ここには100を越える洞窟に7種類のコウモリが数百万匹すんでいるといわれているが、タイノ族がここに残したロックアート(岩絵)は人と動物、自然がじつに活き活きと描かれていて他に類を見ない規模。懐中電灯を片手に洞窟を探検した。洞窟に岩絵を見に出かけるという体験は、人間の心の奥底へと旅するようにドラマティックなものだ。
ドミニカの滞在を有意義に過ごした後、アメリカへ入国した。最初の訪問地はアトランタ。
by born_to_explore | 2006-02-11 11:32 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)パパダブルをダブルで
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海のキューバから宇宙経由で送信しています)

b0062963_23151100.jpgキューバに来たからにはヘミングウェイ!その晩年彼はキューバに居を構え、『老人と海』などを完成させたのだが、執筆はもっぱら日が昇る頃から午前中に行い、午後は行きつけのバー、フロリディータへ繰り出 した。そして日が高いうちからお気に入りの砂糖抜きのフローズンダイキリを飲んだ。サイズは普通の二倍の大きさのカップでの特注だったので、やがてそれは「パパダブル」と呼ばれるようになった。

むろんわたしもまだ日の高いうちにフロリディータへ出かけて行き、現在では等身大の銅像が置かれた彼の定席の隣でパパダブルをダブル(2杯)飲んだ。コースターにはヘミングウェイのサインと「ダイキリ発祥の店、フロリディータ」とあった。フローズンダイキリも秀逸なら、このコースターにもしびれた。
by born_to_explore | 2006-02-08 23:17 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)キューバ到着
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海のキューバから宇宙経由で送信しています)

キューバの首都ハバナに到着。ようやく来たという感じ。
ここにいたるまでは紆余曲折があった。

まずはキューバに入るためには在外の大使館でツーリストカードを取得しなければならない。それを申請するためにはキューバでのホテルの予約確認書が必要とのこと。わたしはチリでその作業を開始した。 チリからキューバのホテルに電話をかけ、予約を入れてFAXがほしいと言ったが一向にFAXは来ない。改めて電話するとFAXが壊れているという。「電子メールで送るから」と言われてアドレスを教えようとしたが英語が通じると言うわりには@(アット)が通じない。わたしは受話器に向って「アット!アット!」と叫んだが、「理解できない」と言われて電話が切れてしまった。
b0062963_8564180.jpg結局当地の言葉スペイン語で「アローバ」と言えばことすんだのだが、スペイン語で123は学んだけれど@の言い方までは知らなかった。デジタル時代にこれではダメだ。
その後まあ何とか無事にツーリストカード取得。ところが今度はチリではうまく飛行機が予約できないと旅行会社から断られてしまった。その段階で一度は入国を諦めかけたのだが、アメリカに渡るまでにもう1週間あったのでドミニカに入り、そこでようやくチケットを得た。ところが日程が変わったのでホテルに再度変更予約をお願いすると、わたしは自分の名前を正確に、ゆっくりと、丁寧に、何度か繰り返して名乗っているのに「TAKAHASHI」とはならず「PAPACHI」となって確認書が発行されてきたのだ。

そしてこのダイスケ・パパッチ、ついにキューバの地に足を踏んだのである。
by born_to_explore | 2006-02-07 09:18 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)ドミニカの古本屋
b0062963_15244124.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海のドミニカから宇宙経由で送信しています)

どこの国へ出かけても、古本屋さんがあるとついつい立ち寄ってしまうのはわたしのサガである。ここドミニカではコロンブスの足跡をあちらこちら訪ねたり、海賊の歴史を追跡しているので、「コロンブスは?」「海賊は?」「古地図は?」と店主にあれこれ尋ねては食い下がった。終いにここの店主は「自由に見ていい」と、店内を物色する権限を与えてくれたのでわたしはただただヨロコビに満ち溢れてひとときを過ごした。

今日の収穫はドミニカの海賊の本。明日はここから一路キューバへと向う。
by born_to_explore | 2006-02-05 15:27 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)コロンブスの手紙
b0062963_10582837.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海のドミニカから宇宙経由で送信しています)

ドミニカにやって来た。黄金の国ジパングを求めて航海に出たコロンブスが、インドだと考えた西インド諸島ではじめて町を作ったのがドミニカ。ここにはその死後、遺体が安置されているが、それ以外にも彼が書いた手紙やコロンブス一族が暮らした家、その調度品などが残っている。探検家にとってコロンブスが足跡を残したこの地は聖地でもある。しばしコロンブス自身の筆跡を見つめ、偉大なる探検に思いをはせた。世界探検史の現場に立つとなんだかドキドキしてくる。
by born_to_explore | 2006-02-04 11:00 | 探検家の日記 | Comments(0)