物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
大統領選挙
b0062963_6154358.jpgチリでは今週末に大統領選挙が迫っている。町に出るとあちこちでは各陣営の支持者が旗を振り、行進しているのが目にとまる。ラテンの国の選挙はお祭騒ぎだ。カーニバルも、サッカーの応援も、選挙もサンバで行進する。どうして皆が皆、サンバのリズムになるのかは謎だが、「応援」とか「昂ぶる気持ち」を表現しようとするとこの国ではサンバとなるということなのだろう。日本では選挙では鳴り物は禁止だが、この国では笛あり、太鼓あり、パフォーマンスあり。♬サンバ・サンバ・サンバ♪ではいかにも内容がなさそうだが、考えてもみれば名前をただ声を枯らして拡声器で連呼するだけの日本の選挙よりはずっとスマートではある。
by born_to_explore | 2006-01-11 06:16 | 探検家の日記 | Comments(4)
ロビンソン・クルーソーの缶詰
b0062963_5351358.jpgチリへ来たら、どうしても手にしてしまうのが、ロビンソン・クルーソーの缶詰。最初は、ロビンソン・クルーソー島特産の魚介類の缶詰であろうかと心をときめかせたのだが、実際には島とは関係はなかった。しかしチリでロビンソン・クルーソー島といえばロブスターをはじめ魚介類が新鮮というイメージがある。だからこんなブランドができた。ところがそれを知らないわれわれにとってみれば、この缶詰で無人島生活が送れる、まさにこれぞ究極のサバイバル缶!?とさえ誤解してしまうのである。とはいえ日持ちがする缶詰であればこそ、あながちありえない話でもない。深読みすればするほど、実に良くできた缶詰ではないか!(写真は貝の缶詰三種)
by born_to_explore | 2006-01-10 05:36 | 探検家の日記 | Comments(2)
チリの家族に招かれて
もうかれこれ12年の付き合いにあるマウリシオ・カルデロン氏のホーム・パーティに招かれて行ってきた。彼とその家族はわたしのロビンソン・クルーソー探検のよき理解者であり、またマウリシオ氏自ら地質学者とし探検隊に参加してくれた一人だ。この一家とチリで出会わなければ、ロビンソン・クルーソーの家発見は不可能であっただろう。

b0062963_1311468.jpgさっそくチリワインで乾杯し、チリの名物、エンパナーダ(肉詰めパイ)からスープ、サラダ、ミントティー、アイスクリームとチリ料理をフルコースでご馳走になった。食事中、4人の娘さんたちと「学校では何が得意か」とか「夏休みの計画」について話をした。彼女たちも日本という外国に興味を抱いている。

そしてマウリシオ氏自身とは、明日からの仕事の計画を打ち合わせた。発見はしたものの、ロビンソン・クルーソー島の遺跡保護のためには、官憲から理解を得て、保全にすみやかに着手していただく必要がある。
by born_to_explore | 2006-01-09 13:07 | 探検家の日記 | Comments(2)
まずは行きつけのスーパーへ
b0062963_16181916.jpgサンチャゴには行きつけのスーパーマーケットがある。その名もLa Bandera Azul。「青い旗」という意味の食料品店。

さっそく買い出しに出かけた。旅先ではよく市場とかスーパーに立ち寄る。そしてそこで野菜や果物、ワイン、ミネラルウォーターなどを買う。さすがにチリではワインが充実していて、わずか2ドルでおいしいテーブルワインが手に入る。

今日は黒猫でおなじみのGATO(ガトー)の赤を1本買った。それにトマトとレモン。わたしの場合、どちらも塩をかけてまるかじりする。すると病気にかからないばかりか、活力がみなぎってくるのである。b0062963_16192397.jpg

まるかじりトマトとレモンはじつに赤ワインに良くあい、うまかった。

そしてラジオからはラテンのメロディーが。

サンチャゴの夏、土曜の夕方のひととき。
by born_to_explore | 2006-01-08 16:26 | 探検家の日記 | Comments(4)
チリに到着
b0062963_0574536.jpg日本から、一路地球の反対側の南米、チリに到着した。
成田からサンフランシスコまで9時間。シスコから経由地のカナダのトロントまで5時間。そしてトロントからチリの首都サンチャゴまで10時間。ちょうど24時間ヒコーキに乗り続けたことになる。季節は真夏のサンチャゴ。暑い。27-28度はある。乾燥しているので過ごしやすいが、豪雪の秋田で閉じきった毛穴もなかなか開かない。ヒゲもいつしかボウボウ。旅装を解いたホテルの窓の外では背の高いヤシの木が青空に立って、ゆらゆらと風に揺れていた。
(写真:ホテルの窓から)
by born_to_explore | 2006-01-08 00:59 | 探検家の日記 | Comments(3)
地球一周、明日出発
明日の地球一周出発を前に、今日は秋田から東京にやって来たのだが、ようやく、という感じだった。昨夜からの雪は本当にものすごく、今日は秋田新幹線のこまち号は終日運休となるほどだった。

空の便もいつ欠航になるやもしれない・・・そのように戦々恐々となりながら、空港まで早めに出発しようと思って家の扉を開けようとしたら、扉の前には雪の塊が吹きだまっていてこれまたなかなか開かない。そこから雪かきが始まる。40分一心不乱に格闘し、ようやく、かろうじて車が出られるようになった。これが雪国だ!

ところがそんな雪国は、さる有名な小説の書き出しにもある通り、トンネル一つ隔てたところにある存在かもしれない。飛行機が離陸して、雲を突き抜けると、一面は青空となり、1時間後、東京につくとそこには豪雪のことなど意に介さないような雑踏の顔、顔、顔。それを前に、苦労は多くともやはり雪国に生まれ住んでヨカッタなと思うわたしだったが、そんな感慨も感傷もつかの間、あと数十時間後、今度は夏、真っ盛りのチリにいることになる。冬から夏へ、そしてまた冬へ。地球一周の探検とは、季節を旅することでもある。時差ボケばかりか、季節ボケもある。

さて今回はどんな物語が展開することやら。大いなる旅、ここに始まる。
by born_to_explore | 2006-01-05 22:25 | 探検家の日記 | Comments(6)
2006年、新たな旅へ
b0062963_9564289.jpg新年おめでとうございます。
2006年、皆さんはどのように新しい年を迎えましたか?
わたしは今年も世界へ、日本各地へ、物語を追いかけて旅に出ます。
今年はどこまで遠くに出かけることができるでしょうか?

まずは今月、1月6日から地球一周の旅を始めます。神話や伝説の舞台をめぐる地球の旅。世界はまだまだ驚きに満ちている!そんな発見を求める旅人には、つねに大いなる旅路が今前途に開けているものです。

ロビンソン・クルーソー、浦島太郎から、次なる物語へ。今年も旅から旅へ。
果たしてどんな旅の365日となるのだろう・・・わたしにとって新年はいつも夢あふれるときです。
by born_to_explore | 2006-01-02 09:58 | 探検家の日記 | Comments(7)