物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
オープンカフェ
b0062963_928898.jpgチリの役所回りが一通り終わって、ほっとひといき。
サンチャゴには気持ちのいいオープンカフェがあちこちにあって、そこでわたしはエスプレッソを飲む。午前中であれば風はまだ爽快で気持ちが良く、コーヒーを飲みながら一日の計画を練り、また連載中のエッセイや書きかけの本の構想を練ることも。充実したひとときはオープンカフェで。
by born_to_explore | 2006-01-19 09:29 | 探検家の日記 | Comments(2)
国立史蹟審議会
b0062963_9231631.jpg文化財を管轄している役所としてわたしの発掘プロジェクトに許可を与えてくれたのが国立史蹟審議会(National Monuments Council〉だった。その責任者アンヘル・カベザス氏に面会し、調査結果の報告と今後の計画を話し合った。出土品の最終的な行き先を決めるのがこの役所であり、アンヘル氏と打ち合わせた結果、今回の発掘の目玉であった実在したロビンソン・クルーソーの航海道具、割りコンパスの行き先はロビンソン・クルーソー島へという基本的な線で落ち着いた。紛失や盗難などに対する完全な対策をとるのが今後の課題だが、ひとまずいい方向へ着地することができた。感謝、感謝。
by born_to_explore | 2006-01-19 09:24 | 探検家の日記 | Comments(0)
サンチャゴのキオスク
b0062963_8435877.jpg昨日に引き続き今日も役所回り。探検家の旅の日常は役所にばかり行っている。ありがたいことに今日もチリの役所回りは大成功だった。探検家としてはロビンソン・クルーソーの住居を発見したことだけが注目を浴びているが、実際それはほんの氷山の一角であり、町でのこのような地味な活動がほとんどなのである。

さてそんな日々、心がふと安らぐのが街角のキオスク。ここでは雑誌から、お菓子、冷たい飲み物まで欲しいものがいろいろと揃っているのでついつい立ち寄ってしまう。やはりおもしろいのはお菓子や雑誌が全て壁にぶら下げていることである。ボンヤリと眺めているとなんとなく日本のお祭の屋台を前にした時の気分になるから不思議だ。そしてここでは雑誌のバックナンバーも売られている。ちなみに「『ナショナル・ジオグラフィック』2005年の10月号は?」と聞いてみると、このスタンドでもちゃんと置いてあった。あめやミネラルウォーターなどといっしょに買ってみる。そして雑誌のページをめくってみるとスペイン語のロビンソン・クルーソーの記事がそこに。

Si quedara abandonado en una isla del Pacifico, ¿donde construiria su choza? Lo mismo se pregunto el explorador Daisuke Takahashi durante mas de una decada. ・・・・・・・・・
(もしあなたが太平洋の無人島に漂流したとしたら、どこに小屋を建てますか?探検家の高橋大輔はこの問いに10年以上もとりつかれてきた・・・)

去年のちょうど今頃は、ロビンソン・クルーソー島で発掘をしていた。そのときの記事と写真をちょうど一年後の今、サンチャゴのキオスクで見ることができるのは、やはり不思議な感じさえする。
by born_to_explore | 2006-01-18 08:46 | 探検家の日記 | Comments(2)
チリ国営森林保護局へ

b0062963_651934.jpg

チリ大統領選が終わって、一夜明けた今日は朋友マウリシオ〈写真中央)と共に早朝からバスに乗り、サンチャゴの西、太平洋沿いのビーニャ・デル・マルにあるチリ国営森林保護局(CONAF)へ出かけた。そこでワイルド・ヘリテージの責任者ロナルド・モデール氏と面会。ロビンソン・クルーソー島でのロビンソン・クルーソーの住居発見の探検成果とともに、今後、その遺跡保護についてお願いに上がった。

2005年に行なわれた探検及び発掘の許可は、チリの3つの役所の審査を得て与えられた。その一つがCONAF第五州オフィスであり、最後に許可状にサインしたのがロナルド・モデール氏(写真左〉だった。厳格な方であり、最初はわたしのことをなかなか信用してくれなかった。だから彼を訪ねて何度ここに足を運んだかわからないし、いい思い出も、そうでない思い出もある。この部屋はまさにわたしの探検が生まれた現場のひとつといっていい。

モデール氏は開口一番、わたしにこんなことを言った。
「あなたの探検は真面目で、誠実で、本物だった。われわれチリ人は大変興味深くそして発見に何よりも感動した」
わたしはこれまでの一途の思いと行動がようやく認められたようでうれしく、改めて感謝の言葉を述べた。何よりも驚いたのは、来週、ロナルド氏がロビンソン・クルーソー島へ飛び、そこで遺跡を視察してくることになっていたことだ。ロビンソン・クルーソー島の遺跡保護活動は、ついに当局に認められ、いよいよ本格的に始まることになったのだ。

いつか日本の皆さんにも、セルカークが一人で生きた山の中の高台から海を眺めて欲しいと思う。ここは人間が大自然のなかでいかに生き抜いたのかをしることができる場所であるばかりか、自然と人類がいかに調和して生きていくかを学ぶ場所となるはずである。そんな21世紀型の観光地をつくること、それが発見者としての探検家の思い。道のりはまだまだだけれど、ここにわれわれの未来を示す一方向がある、そう確信している。
by born_to_explore | 2006-01-17 06:09 | 探検家の日記 | Comments(2)
チリで初めての女性大統領誕生
b0062963_7475642.jpgチリ、サンチャゴ 2006年1月15日午後7時30分。
この国ではじめの女性大統領が誕生した。町は大騒ぎだ。行き交う車がクラクションを鳴らして、新大統領ミチェレ・バチェレ氏の勝利を祝い続けている。道には警察機動隊が出て交通整理を行なっているが、人々の興奮と歓迎ムードは町、国全体を覆いつくしている。

チリはこの大統領とともに新しい時代をむかえることになるだろう。
政治制度の違いで、日本では一国の総裁を国民が直接選ぶことができない。
だから選挙でこんなに大喜びしている人々をみる事は、日本人のわたしにはやはり印象深い。

サンバであれだけ騒いでいた人々は、今は車で町を走り回り、クラクションを鳴らし続けている。
町にはその音が途切れるともなく、続いている。
by born_to_explore | 2006-01-16 07:48 | 探検家の日記 | Comments(2)
これもぶどう酒
b0062963_359114.jpg今日は日曜日。サンチャゴのダウンタウンで過ごす旅人には厄介な日である。
なにしろ店という店が軒並み休みになるので、何かを食べようと思っても、開いている店を探すだけで一苦労。アメリカ系ファーストフードの店が辛うじて営業していたが、チリに来たらチリのものをと考えるわたしにとっては足がどうしてもそこに向かない。

そんなわけで買いだめしてあったピスコをちびちびと舐めながら、原稿に向かうことにする。
35度というこの強い酒はぶどうの蒸留酒である。発酵させてできたぶどう酒をさらに蒸留してアルコールを強くしたものがピスコである。ぶどうからつくる酒というとワインがすぐに思いつくけれど、ワインは醸造酒。まあ言ってみれば、ピスコは「ぶどうの焼酎」であり、「ぶどうから作るウイスキー」といったところのものである。

さすがにぶどうだけあって、口当たりはマイルド。そのメローな香りに強い酒精が乗ってやってくるという感じ。ラテンアメリカの酒はラムとかテキーラがよく知られているけれど、それに比べればこのピスコは日本ではまだまだレア物、幻の酒といっても過言ではない。

サリュ~!(スペイン語でカンパイ。健康とかの意味でもある)
by born_to_explore | 2006-01-16 04:01 | 探検家の日記 | Comments(2)
ロスト&ファウンド
今日はサンチャゴの南にあるパイネに住む考古学者のイヴァン・カセレス宅を朋友のマウリシオといっしょに訪ねた。目的は昨年ロビンソン・クルーソー島で発掘した出土物のチリへの返却。特に新聞、テレビ、ラジオで大きく報じられたロビンソン・クルーソーの家発見の決め手となった300年前の航海道具、割りコンパスはいまやチリの宝でもある。それを無事に、そしてついに、チリに返却する日が来たのだ。
b0062963_753153.jpg

(写真右がイヴァン、左がマウリシオ)

ところがそんな重要な日に、わたしとしては珍しくも(旅先ではこんなことはこれまで一度もない)カメラを電車に置き忘れて下車するという失態を犯してしまった。カメラがないことに気がついたのは、イヴァンの家に到着した後。すぐに車で駅に駆けつけて、無線で車掌に探してもらうようにお願いした。

置き忘れたのは高額なニコンのデジタルカメラである。無くなっていても不思議ではあるまい。駅員と車掌の無線でのやり取りは5分ほど続いた。手に汗にぎるそのわずかな時間に、わたしは例え無くなっても失望しないという決心を固め、またデジカメをどこかで手に入れないとこのブログの更新はおろか、取材も、探検も満足にできないと心配し、さらには駅で遺失物証明書をもらわないと、保険もおりない・・・など、実に様々なことが脳裏の中を駆けめぐった。

そんな緊張の瞬間、無線の声が弾んだ。何を言っているか聞き取れなかったのだが、イヴァンとマウリシオが歓声をあげた。「あった!」「だれも手をつけていない」「これがチリってもんだ!」「今日はとびきりついている」われわれはバンザイした。

b0062963_734757.jpgカメラは折り返しの電車で運ばれてくることになった。
待ち合わせの時間に再度駅に出かけると、やって来た電車の運転士がドアを開け、「これ!?」といってカメラをわたしに渡してくれた。お礼を言い、頭を下げ、そしてすかさずわたしはシャッターを切った。
電車はすべるようにまた駅のプラットフォームから出て行った。

イヴァンの家に戻って、お昼をご馳走になりながら、ディバイダを返却した。
何とも記憶に残る一日だった。

ところがこれにはまだ話の続きがあるのだ。
ホテルに戻って写真をパソコンに取り込んでみたら、わたしが撮ったものではない写真が一枚あった。
b0062963_743948.jpg

それは運転士が運転席から撮った一枚だった。
遥か先までレールは一直線に伸びていた。
YES! わたしの旅も、まだ続く。
by born_to_explore | 2006-01-15 07:12 | 探検家の日記 | Comments(8)
青空ギャラリー

b0062963_4275844.jpg
サンチャゴの旧市街、セントロの中心にあるプラザ・デ・アルマス(アルマス広場)には毎日、青空ギャラリーが立つ。ポートレイトや静物画、風景画などここに集まった画伯たちはそれぞれ思い思いの絵を架け、その脇で新作に没頭している。そこでその様子を見ているだけで心が和む。何しろ色使いがとびきり鮮やかだ。
b0062963_4284024.jpg

絵というものは人の心を表す鏡のようなものだと思うが、ここに来ればチリの人たちの心の中をふと垣間見ることができる。風景画を七色に染めるその感性に、ただただ人々のおおらかさと自然に対するそこはかとない愛情を見て取ることができる。こんな絵が描けるような生き方に憧れてしまう探検家であった。
by born_to_explore | 2006-01-14 04:30 | 探検家の日記 | Comments(4)
夏のチリを食べつくせ!
サンチャゴへ来たならば、何が何でも中央市場「メルカド・セントラール」へ立ち寄らねばならない。朝早くからの仕事が終わったので、わたしにとって、午後の予定がない今日のような日は市場日和。ここには旬のチリのおいしいものがてんこ盛りにされていて、見ているだけでも楽しい。しかし見たものをその場で食べられるとあっては、もっと楽しい、ここはそんな究極の市場なのである。



b0062963_4334752.jpg
①まずはコロニアル風の建物のゲートを潜り抜ける。Mercado Centralという文字を見るだ
けで、もう、唾液がこんこんと沸いてくる。





b0062963_4343137.jpg
②中に入ると、まずはフルーツと野菜のセクションが。桃の甘い香り、みずみずしいぶどう、オレンジ、アプリコット・・・どれもたまらなくうまいのだが、ここでいきなり買い物をしてはならない。





b0062963_4352576.jpg
③果物屋や八百屋をあらかた冷やかして、魚売り場へ。とれたての魚がぴかぴかと光輝いている。サーモンとかスズキらしいものはわかるが、見たこともない魚も多い。そして中央には甘エビがドーンと山と盛られ、その脇にはハマグリやホッキ、あるいはムール貝などが控えている。そしてそれらを見たら市場の中央へと進む。





b0062963_4361594.jpg
④今見たシーフードをここではその場で調理して、よく冷えた飲み物といっしょにサーブしてくれる。いつもわたしは混まない開店時、昼の11時から12時ごろを狙って出かけていく。(チリでは昼食はだいたい13時からである)そして席について、まずはキンキンに冷えたビールをぐっと飲み干す!





b0062963_4372897.jpg⑤わたしの毎回のお目当ては、パイラ・マリーニャ・エスペシアル。まあチリ風海鮮土鍋煮とでも言おうか、土鍋に魚や貝、エビ、フジツボ、香草などを惜しげもなくぶち込んで、豪快に煮込んだ逸品。シーフードのエキスがスープに絶妙に調和し、暑い夏でもふうふう言わせながら一気に平らげる。3800チリペソだから、7ドルちょっと800円ぐらい。それをほどよく冷えた上品なチリの白ワインともに。



あとは果物を買うもよし、アイスクリームを買って帰るもよし。
夏のチリはうまかった!
by born_to_explore | 2006-01-13 04:41 | 探検家の日記 | Comments(4)
チリ国立図書館で

b0062963_68923.jpg
ここ連日、サンチャゴでは人に会いに行ったり、ホテルで書類を作成してメールでのやり取りをしたりしているが、暇をみつけては国立図書館へ出かけている。ロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカーク関係の本を検索したら、こんな挿絵に出会った。一人きりで無人島生活を送っていたセルカークは、ヤギやネコを友とし、舟歌や民謡を口ずさんではよくいっしょに踊っていたという。その一場面を描いたのがこのイラスト。彼の家は昨年わたしが発見したものからするとだいぶ立派なつくりであるが、ヤギの毛皮の洋服や伸び放題のひげや髪の毛はよく表現されているなと思う。
by born_to_explore | 2006-01-12 06:09 | 探検家の日記 | Comments(1)