物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
刷り上り見本到着
刷り上り見本到着_b0062963_1418851.jpg
新潮社からペリカン便が届いた。中には8月25日の発売日を前にいち早く著者に配られる『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)の刷り上がり見本。

原稿に装丁が施されて本になって届けられる瞬間は、著者にとっては長かった作業の一段落。

感慨もひとしおだが、同時に、探検家としてはそのテーマとの関わりのまた新たな局面のスタートでもある。

旅が本に結実し、その本を読んだ方々からの反響や導きでまた新たな旅がはじまる。

その意味では、この本はわたしにとっては次なる旅への切符みたいなもの。

『浦島太郎はどこへ行ったのか』アマゾンで先行予約販売開始!(こちらをクリック)
by born_to_explore | 2005-08-19 14:19 | メディア | Comments(2)
献本作業
本の出版には、さまざまな局面でさまざまな作業が発生するが、出版後の献本もまた大きな仕事。とくに今回の『浦島太郎はどこへ行ったのか』は、取材先は南は石垣島、北は山形県、そして海を越えて中国までに及んだために取材協力者へのお礼と、献本は一〇〇人ぐらいにのぼる。ということで、封筒とペン、テープなどを買い込み、今から毎日時間を見つけては宛名書きに勤しんでいる。
献本作業_b0062963_14121792.jpg
by born_to_explore | 2005-08-18 14:13 | 探検家の日記 | Comments(0)
浦島とともにTVへ
8月25日いよいよ『浦島太郎はどこへ行ったのか』が発売となります。

それに合わせていくつかのTV番組でご紹介いただけることになりました。

地域限定ものですが、ご覧いただける方はゼヒ!

「あしたまにあーな」(番組詳細はここをクリック)
8月24日 24:10~24:16
テレビ朝日、岩手朝日テレビ、山形テレビ、長野朝日放送、山口朝日放送、愛媛朝日放送、秋田朝日放送

「テレビこまち」(番組詳細はここをクリック)
8月25日 17:10~18:00
NHK秋田

★「おはよう東北」
8月29日 07:30~08:00
NHKの各放送局(東北6県)

中でも「テレビこまち」には生出演して、浦島太郎追跡だけではなく、探検の魅力を語ります。

浦島太郎の調査取材行は全国各地へと広がるものでしたので、今後は機会を見つけて各地の浦島伝承地へ出かけ、各地のみなさんと、浦島太郎を考えてみたいと思っています。

新潮社の新刊案内(詳細はここをクリック)
by born_to_explore | 2005-08-17 20:34 | メディア | Comments(2)
世界史少年
雑誌のインタヴューのために打合せ場所に出かけたら、ライターさんが誰かと話をしていた。後で聞いてみたら高校生の相談にのってあげていたのだという。
「自分の将来を、今急いで決めなくてもいいでしょ」というのがアドヴァイスだったという。
わたしもその高校生と話していたら同じことを言ったと思う。
高校時代に決まってしまう人生なんて、やっぱり窮屈というか、つまらなくない?

その翌日、地元秋田で高校の同窓会40周年イベントがあって顔を出してきた。
わたしは秋田県立秋田南高校の卒業なのだけれど、この学校の先輩は『味いちもんめ』で知られる漫画家の倉田よしみ氏や、TV番組「マネーの虎」でおなじみの安田久氏をはじめ各界に渡っている。現役の在校生のがんばりなど微々たるもので、学校のブランドというのは、やはり卒業生により作られていくものであるなと思ったりした。

そんなことが続いたこともあって、高校時代を振り返ったりしているのだが、高校時代はとても精神的に不安定な時代だったように思う。本当は自分探しをやりたいのに、自分探しの仕方もわからないまま、受験とか進路みたいなことだけがおおいかぶさってきて、にっちもさっちもいかない、おぼれないことが精一杯の時代だったナと思う。それでも大学入試に失敗して一浪したので、実際には沈没してしまったのだが。

自分探しが始められたのは、ようやく大学に入ってから。
ただがむしゃらにバックパック1つで世界へと出かけて、旅の中に自分とか夢とか見つけようとしていた。でも考えてみれば、高校時代、浪人時代にがんばっていたことが、大学時代、あるいは今の自分を大きく支えている。
世界史少年_b0062963_2143963.jpg
そのひとつは世界史。わたしは世界史少年で、世界史用語集に赤線を引っ張っては、ボロボロになるまで読み、学び、繰り返した。

そのとき自分は探検家になるとも、世界中を旅するとも思わず、ただがむしゃらだった。

しかしそのときできた基礎が、探検家としての今の自分にどれほど役に立っているか。

探検家は、たとえば見知らぬ国の、荒野に転がる石の目利きでなくてはならない。

大発見は、見出す力あってこそ。世界史が頭にあって、地域史の本を図書館で読み散らかし、そこまでしても荒野に転がっている石の価値はなかなかわからない。

しかし万が一ということはある。

だからその一のために、世界史用語集は、高校時代以来、いまでもわたしの座右にある。

(写真:山川出版社の『世界史用語集』。読み込むうちに糸もほつれてしまった)
by born_to_explore | 2005-08-16 21:42 | 探検について | Comments(0)
アームチェア・トラヴェルのすすめ
アームチェア・トラヴェルのすすめ_b0062963_13443182.jpgアームチェア・トラヴェルのすすめ_b0062963_13451583.jpgアームチェア・トラヴェル。

原稿に追われたり、探検準備の調べ物などで旅をしない日々、わたしはアームチェア・トラヴェリングを楽しむ。

だいたい世間が旅に出かける夏のお盆ごろは、わたしはアームチェア・トラヴェラーとなることが多い。

そんなときは『ナショナル・ジオグラフィック』のバックナンバーをめくってみたり、大判の世界地図を床いっぱいに広げてみる。

今年の夏はそれに加えて、地球儀をボンヤリと眺めている。

春にロンドンの大英博物館へ出かけた時、売店で、古地球儀のレプリカを見つけた。1745年のフランス製。
コレハ!と思い即在に購入し、帰国。夏のアームチェア・トラヴェリングのために封を切らずそのまま書棚に置いておいた。

残暑厳しき今、ついにそのときが来た、とばかりさっそく封を切ってその美しい姿に触れる。

古地図というのと違って、古地球儀というのはとても贅沢な一品だ。

アームチェア・トラヴェルのすすめ_b0062963_1345582.jpgアームチェア・トラヴェルのすすめ_b0062963_13464930.jpgそれは1745年、全世界がどのように認識されていたかが手に取るようにわかるからだ。

日本付近は北海道も樺太もその北にあるカムチャツカも、まだ一つの陸塊として大陸の一部であると思われていた。



南極も北極も人跡未踏ゆえまだ空白のままであり、それはオーストラリア大陸もしかり。

考えても見れば、1745年、まだまだ世界は謎につつまれたままの、探検天国時代だったことがわかる。

それから250年のうちに、地球儀は完成された。しかし当時も、現代も、探検家は変らない。もちろんかつてのように地球の地理的な発見をめざす探検は無くなったけれど、地球儀が完成したあと、それでも探検家はまた新しい地球像を探し求めているのだ。

アームチェア・トラヴェルは、探検家を滋養し、強壮する。一見使い物にもならないようなこんな古々しい地球儀もなくてはならないのだ。

(写真:1745年の世界。(上左)オーストラリア付近(上右)南極付近(下左)北極付近(下右)日本付近)
by born_to_explore | 2005-08-15 13:53 | 探検について | Comments(0)
石敢当
石敢当_b0062963_1327828.jpg沖縄に出かけると道と道がぶつかる交差点や辻の角に、「石敢当」と書かれた石をよく見かける。

石敢当と書いて「いしがんとう」と読む。魔よけであり、守護神。

悪霊は交差点や四つ辻にこもる傾向があるとされ、そこに「向かうところ敵無しの石」という意味の石敢当を置く。

石敢当は道祖神とルーツを同じくすると思われるが、ただの石ではなく「石敢当」と書いたもので石敢当_b0062963_132845.jpgなければならないところから、ある種の言霊信仰でもあろう。

沖縄ではイヌも歩けば棒にあたるくらいの勢いで、石敢当を目にする。那覇市一番の繁華街、国際通りにある三越前にも大きなのが据えられている、と、それぐらいメジャーな存在。

ところが秋田市内を歩いていたら、図らずも敢当石に出くわした。

しかもここでは石敢当ではなく、敢当石となっているところがなんとも興味深い。

なぜ秋田に敢当石があるのか、いまだにそのルーツは謎のままである。

しかし、秋田と沖縄が何らかのかたちで結びついていたことを示す動かぬ証拠である。

南海と北国の接点。船乗りが媒介であることは想像できるが、では一体何のために????

(写真:(上)沖縄の石敢当。(下)秋田の敢当石)
by born_to_explore | 2005-08-14 13:31 | 探検家の日記 | Comments(2)
黒革の旅手帳
黒革の旅手帳_b0062963_21233798.jpgスマイソンのトラベルノートを使い始めて10年ほどになる。

 英国王室御用達スマイソンのこのノートは、フェザー・ウェイト・レザー・ブックスと銘打つように、とにかく羽毛のように軽い。旅行用の野帳としては、軽いことが何にも増して求めらるのだが、わたしはこのノートに旅の相棒として同行を求めるのではなく、インヴェントリ、つまり目録帳の役目を担ってもらっている。

 外国への旅から帰ると、わたしはその旅に番号をつけ、象徴的と思われるタイトルを与え、乗った飛行機のフライトナンバーから、時刻、場所などを一日一行で記録していく。

 すると時系列的に整理された旅の記録は、地球儀に残した足跡を語るだけではなく、自分がこれまでどんな旅をしてきたのか、これからどんな旅が始まるのか、それさえ予感させるものとなる。

最初の十年、わたしはただがむしゃらに、野良犬のように旅をしていた。

しかしその段階を過ぎた後、放浪よりは、目的志向型の探検を模索するようになる。

バックパッカーだったわたしが、探検家を志し、そしてそれを手でまさぐるように自分の旅のスタイルを求める。

そんなわたしのトラベル・ヒストリー(遍歴)がこのノートブックが埋まるにつれて完成されていくのだ。黒革の旅手帳_b0062963_21242325.jpg

英国王室御用達スマイソンのホームページ(クリック)
by born_to_explore | 2005-08-13 21:28 | 探検について | Comments(0)
アメリカからフェデックス
アメリカからフェデックス_b0062963_18143433.jpgアメリカからフェデラル・エクスプレス(フェデックス)で国際小包が届いた。

中身は19世紀に刊行された『ロビンソン・クルーソー漂流記』(英語版)。

わたしがエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、2005年の1-3月に実施したロビンソン・クルーソー国際探検の成果は、いよいよ10月号の『ナショナル・ジオグラフィック』誌で発表されることになった。誌面で使用されるのは現地で撮影した写真が主となるが、今回の探検が「物語を旅した」ものとなっただけに、ワシントンDCに本部がある『ナショナル・ジオグラフィック』編集部から『ロビンソン・クルーソー漂流記』の原画をとの依頼があり、今回の探検で使用したこの本を貸し出していたのである。

この本はロンドンの古書店を10軒近くまわってようやく見つけたものだった。

数万円したので、買ったときは高いと感じたが、結果的にはこの本を買わなければ、この探検はうまくいかなかったのではないかとさえ思っている。

百聞は一見にしかずというが、すばらしい挿絵1枚が、多くの人の冒険心に火を灯す、ということはありえるのである。

この本の挿絵はわたしのホームページ内でも何点か紹介しているので、ぜひ、ぺらぺらとめくってみてください(クリック)

この本の挿絵で、わたしはロビンソン・クルーソー島へ行きたくなった。そして気がつけば5度も!
by born_to_explore | 2005-08-12 18:18 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
浦島太郎に会いました!
香川県にも浦島太郎の伝承地がある。
瀬戸内海にはりだす三崎半島の詫間町である。

ここには浦島太郎の墓をはじめ、様々な伝承地が残されているのだが、何といってもユニークなのは実在の浦島太郎氏がいることである。
日本各地に浦島伝承地多くあれども、実在の浦島太郎と出会えるのはココだけである。

讃岐うどんの里には、浦島太郎がいる!なんともそれだけで楽しい気分となるではないか!

うどんをすすりつつ出かけてみたのはまだ寒いころだったが、訪ねていくとあごひげをたくわえ、髷を結ったその人は、分厚い名刺入れから、すっと1枚に抜いてわたしにくれた。

浦島太郎に会いました!_b0062963_1354836.jpg


それには「第3代目 浦島太郎 山田要」と書かれていた。

詫間町の文化大使というようなことになるらしいが、現実の浦島太郎はかなり忙しい。小学校などへ出かけてお話を披露するにとどまらず、海外にまででかけて浦島太郎を顕彰するのだという。

山田氏の後を継いで第4代浦島太郎になりたいという人が詫間町にはすでに何人かいるとのこと。

余生は浦島太郎になりたい、と願う方にはチャンスです。

(写真:左が第三代目、浦島太郎氏。玉手箱も見せてもらった。香川にうどんを食べに行く人はゼヒ浦島太郎にも会いに行こう!)
by born_to_explore | 2005-08-11 13:58 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(5)
伝説の地底都市 アガルタ

(写真:マイルス・デイビス 『アガルタ』 (c)ソニーミュージックエンターテイメント)





探検家の興味関心は、時に音楽にもおよぶ。

アガルタという名前を聞いたことはおありだろうか?

チベットの奥地にあるとされる地底都市。伝説に語られながら、これまで誰も到達することができずにいる。

マイルス・デイビスのアルバムには、その名も「アガルタ」と題する1枚がある。

ジャズの巨星であるマイルスは、70年代、エレクトリック時代を確立したが、このアルバムはその頂点をなすものである。ジャズ、ファンク、ロック、ソウルの要素を取り入れて結実したその音楽絵図はチベットのマンダラさえほうふつとさせる。そこにチラチラと伝説の地底都市アガルタが姿を垣間見せる。

しかもジャケット・デザインが横尾忠則氏という、モノスゴイ、アルバムだ。

収録されたのは1975年、大阪フェスティバル・ホール。全てがアドリブであり、再演は完全に不可能。大学時代、ジャズをやっていた友人から教えられて以後、わたしはいまだにこの演奏の衝撃から抜け出せずにいる。

こんな音楽のような旅ができれば、きっとアガルタにたどり着けるものではないか・・・と夢は膨らんでいく。

この演奏のような旅がしたい、そう感じさせるアルバム、そうめったにあるもんじゃない。


マイルス・デイビス 『アガルタ』アマゾンへクリック
by born_to_explore | 2005-08-10 13:56 | 探検について | Comments(0)