物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
浦島の父
b0062963_20313660.jpg


浦島寺として知られる横浜市の慶運寺。
境内に入ると、歴史を感じさせる立派な仏閣が参拝者を迎える。

浦島太郎と横浜との関係。
調べてみると、浦島太郎は横浜の出身ではない。
当地の伝説によれば、浦島太郎の父が相模三浦の住人で、
彼は公用のために横浜から丹後の国(京都府)に赴任する。
そしてそこで生まれたのが太郎その人。
大きくなると浦島太郎は漁師となり、子供からいじめられていた
亀を助けて、そのお礼にと龍宮へ招待される。

龍宮のきらびやかな御殿での、おいしいご馳走に美酒、
乙姫さまとの楽しいひととき、タイやヒラメの舞い踊りに
時が過ぎるのも忘れて三年。しかしある時、ふと丹後の国に
残してきた両親を思い出し、懐かしさのあまり帰郷を決意する。
乙姫さまや龍王様は何度も引きとめようとしたが、太郎の気持ちは変わらなかった。
そしてついにお土産として開けずの玉手箱と観音像をもらって龍宮を後にした。

ところが丹後に戻るとそこには父母の姿はない。
観音像のお告げがあり、両親はすでに無く、その墓は故郷の相模三浦にあるという。
太郎は一路、京都から横浜へ。
ところが横浜までやってくると、そこで世にも不思議なことが起こる・・・。

写真:横浜の浦島寺として知られる慶運寺
by born_to_explore | 2005-04-13 20:32 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
横浜の浦島太郎
b0062963_2310886.jpg

浦島太郎追跡プロジェクト。スタートと同時にさっそく、横浜のやまざきたかひろさんから横浜の浦島太郎についてメッセージが入った。さらに今年の1月末にはやはり同じく横浜のtabizokuさんからも、ブログにコメントが寄せられていた。そんなこともあり、まずは横浜に浦島太郎を追いかけてみよう。

横浜の神奈川区にはその名も浦島町、浦島丘と浦島ゆかりの地名が残っている。
「浦島」の地名が現存し、さらにその土地に古くからの浦島伝説が伝わっている、というのは
おそらく横浜をおいて他にないのではないか・・・。
そしてtabizokuさんもOBだったと言うように、ここには古い浦島の足跡ばかりか、浦島中学校に通う現役の中学生もいる。今に生きる浦島という感じがする。もっとも中学校では特別「横浜の浦島太郎」について教えているわけではなさそうだが・・・。

さてやまざきたかひろさんが指摘するように、横浜には浦島太郎ゆかりの寺が2つ、3つある。そこに出かけながら、横浜の浦島太郎について考えてみよう。
まずは慶運寺。この門には「龍宮伝来 浦島観世音 浦島寺」と書かれた大きな亀趺が立っている。亀が大きな石碑を背負うこの亀趺はとても印象的。しかしそれ以上に、龍宮から伝来したという浦島観世音というのが気になる。
わたしは寺の境内へと入ってみることにした。
by born_to_explore | 2005-04-10 23:14 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(6)
浦島太郎追跡プロジェクト、はじまり、はじまり
b0062963_19491623.jpg



浦島太郎は実在していた!

そんな信じられないことが、現実にあっていいものか・・・。

はじまりはそんな驚きからだった。

しかし少し調べてみただけで、浦島太郎のことは日本最古の歴史書の一つ
『日本書紀』、あるいは『丹後国風土記』(逸文)や『万葉集』にも出てくることがわかる。
そしてそれらの記録を読む限り、確かに浦島太郎は実在していた、となっている。

実在していたのであれば、現実に追跡してみたくなる。
一体全体、浦島太郎はいつごろ、どこの生まれで、どんな環境の中で暮らしていたのか?
そして浦島太郎の衣食住とは・・・?などと、考えは及んでいく。

しかしその一方で、もちろん、浦島実在の記録が神話をもとにした歴史である、という見方がある。『日本書紀』に書かれていることは、必ずしも史実として実際にあったことではない。
そのこともわかる。大昔、歴史とはすなわち神話のことであり、神話は遠い昔のことを語る歴史そのものであった。

実在した浦島太郎は、その神話の霧の中にいる。
そこは探検家の領域。
道なき道をゆく探検家にとって、神話はつねに最高の相棒であり、旅の水先案内役でもある。そしていざ、旅を始めてみると、浦島伝承地なるものは全国津々浦々に広がっていることがわかった。そんな全国の伝承地を旅しながら、浦島太郎の謎へ。

このブログではこれまでに旅をした伝承地を紹介しながら、さらに全国の皆さんからよせられる情報をもとに旅へと出かけていきます。

さあ、浦島太郎追跡プロジェクトの、はじまり、はじまり。
by born_to_explore | 2005-04-07 19:52 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(3)
古地図を買う
b0062963_2233251.jpg



探検家として、わたしにも行きつけの古地図店というのが世界各地に何軒かある。

有名ブランドの個店が立ち並ぶロンドンのボンド・ストリート。
その一角に店舗を構えるジョナサン・ポッターへ通い出してから、もうかれこれ10年。
物語を追跡するわたしの探検の場合、古書の渉猟がプロジェクトの手始めとなる。
神話なり、伝説なり、その背景にある史実を見つけ出す作業は、時に数年がかり、
あるいは10年以上を経た今でも史料を集め続けるというプロジェクトもある。

しかし本だけではなく、時に1枚の古地図が決定的な何かを示してくれる、ということも
あって、それゆえにロンドンへ出かけていくたびに、あれやこれやと地図を見せてもらう。

古い地図は、恐ろしげな海獣が大洋を泳いでいたり、風来坊がいたり、それ自体が大変神話的であり、その一つ一つを手に取るたびに無性に旅ごごろが揺さぶられてならない。

このジョナサン・ポッターは、品揃えも超一流なら、1枚1枚の地図の値段も相当なもの。
童心にかえるような大いなる冒険へと誘う1枚の地図を購入するのには、じつに大人の財布が必要である。その葛藤が、また刺激的でたまらない。

しかしこれまでに購入した地図は、どれもロビンソン・クルーソー探検を進めていく上では
不可欠、無二の存在であり、探検の成功の大きな鍵となった。地図無しの探検はありえない。

3月、東京のスタッフから連絡があり、現在連載を進めている『自遊人』JTB地球交響曲の企画の次の取材先はグリーンランドであるという。ロンドンにいたわたしはさっそくジョンナサン・ポッターで、グリーンランドの地図を見せてもらうことにした。

するとそこで1枚の地図と電撃的な邂逅を果たした。
1616年に製作された古地図。
オランダで出版されたものとしては世界最古のグリーンランドの地図だった。

古い時代の探検家が持ち帰った情報をもとに作られた地図で、現代のグリーンランドへ探検にでてみよう。

1枚の古地図から始まる旅、それ以上に、人の探検心(エクスプローリング・スピリット)に
火をともすものはない。

さっそく購入したわたしは、地図を眺めつつ、スコッチをちびちびと嘗めながら、いにしえの氷の大地と約2週間後にせまった旅に思いを馳せている。

(写真:ジョナサン・ポッター店内。所狭しとならんだ魅惑の地図が、探検家に旅を誘う)

ジョナサン・ポッターのホームページへ
by born_to_explore | 2005-04-03 22:36 | 探検について | Comments(4)