物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:ロビンソン・プロジェクト( 45 )
(イリジウム通信)伝説の古道をついに確認
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_23321610.jpg


ロビンソン・クルーソー島の探検にはブッシュナイフが鋭い欠かせない。棘のあるブラックベリーが繁みを覆い尽くしているために、整備された山道以外はそれなしでは1時間で10メートルも進めないことさえある。

”ペドロ・アレドンド デ 1866”。スペイン系の人物の名前と年号が刻まれた謎の石碑。そこから歴史を追跡し始めたわたしは、島民から別の場所にもアレドンドと彫り込まれた石があった、との情報をつかんだ。しかしそれは今や完全に鬱蒼とした繁みに飲み込まれてしまって存在さえ伝説的となりつつある。わたしは古老の情報を元に、その石を探しに出かけることにした。ブラックベリーの厚い壁を突破すべく、探検隊には島民の有志ペドロとレステルにも参加してもらう。

山へ入って程なく、小さな川に行き当たった。それを越えたところに問題の石はあったというが、予想通りそこはブラックベリーの繁み。これまでだれもその中に踏み込むことができなかった、ということがよくわかる。

しかし3時間の格闘の末、われわれはついにその壁を突破し、その中に隠されていた石をついに発見することができた。ところが石には文字らしきものは見えるが、何が描かれているのか判然としない。

わたしはさっそく拓本技術を駆使して、その石にチャレンジしてみることにした。
すると目には見えない石の上の線刻が、墨によって画仙紙にくっきりと浮きあがってきた。
そこには”ペドロ・アレドンド デ 1866”という文字。
文字の上には”ビバ”(万歳)という文字と共にチリの国旗が見えた。

”ペドロ・アレドンド”しかもまたしても1866年!

このペドロ・アレドンドがいかなる人物であったのか?その疑問と同時に、1866年という年号は無性に好奇心を刺激する。というのは、アレクサンダー・セルカークの島での唯一の足跡である見張り台(ミラドール)がイギリスの軍人、ポーウェル准将により確認され、そこに記念の銘板が据えられたのが1868年だからである。

このわずか2年の違い、それらの関連性について、わたしはまだ何も知らない。しかし山中の石に自らの名前を誇らしげに刻んでいるペドロ・アレドンドは、ポーウェル准将と出会った可能性は充分にある。そしてパイオニア・ルートを通ってミラドールまで案内した、という可能性さえ・・・。

その仮説に確証を得ることは難しいだろう。しかしアレドンドでなくても、土地鑑のないポーウェル准将は島民の誰かをガイドにミラドールまで行ったことは間違いない。

ポーウェル准将の時代、ミラドールまでのパイオニア・ルートはまだ存在していたのだ。
そしていまやわれわれはアレドンドの名前とともに1886年と刻まれた石を2つ確認した。
そのことで、それまでは地図上に点でしかなかったものが線として浮上してきた。

海からミラドールまで通じるパイオニア・ルートは、1960年に新道が設けられて以来、山中に喪失してしまった。

しかしアレドンド・ストーンを探り当てることで、浮上してきた1本の線。

ついにわたしは謎の古道を実際の山中に確認することができたのだ。


b0062963_23544756.jpg


写真:(上)ロビンソン・クルーソー島のタフガイ。ペドロとレステル。(下)拓本により明らかになったもうひとつのアレドンド・ストーン
by born_to_explore | 2005-02-13 23:34 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(6)
(イリジウム通信)探検地図
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_65111.jpg


これまでの島での探検を古地図で振り返ってみる。イリジウムでの通信ゆえにかなり見えにくいとは思いますがですが、どうかご了承ください。

X地点はセルカークの見張り台、地元の島民にミラドールと呼ばれている高台。標高は565m。そこに立つと島の南西側と北東側がよく見渡せる。
島に残る唯一のセルカークの足跡。

A地点はペドロ・アレドンドの名前が彫られた謎の石碑。ミラドールまでの道沿いに立つこの石碑については今後ももう少し調べてみたいと思っている。

B地点はロビンソンの洞穴。洞穴がある場所からミラドールまでは直接アクセスする道はない。そのことからもこの洞穴がセルカークの生活拠点であった可能性はないと考えられる。

破線は見張り台までの道。

この探検地図は18世紀に製作されたフランスの地図で、古地図にしては地形などが比較的よく描かれている。
出発前に古地図を入手するのも探検家にとっては成果を左右する重要な仕事のひとつで、それが探検の良し悪しを左右する。
古地図をいかに入手するかについてはまた今度ブログで少し紹介することにして、今回、ロビンソン・クルーソー島では、わたしが探検に使用しているこのフランス製のこの古地図を
あしらったTシャツを発見。さっそく入手して毎日泥まみれ、汗まみれにしながらフィールドで愛用している。地図はデザインでありながら、実際にフィールドでの実用品でもある
というこれぞまさに”探検T”。

そんな折、エキサイトのブログ1周年記念で何かをプレゼントしたいと東京の駐在スタッフから連絡があり、さっそく売店に出かけていって同じものを5枚確保しました。
探検(チリ・ロビンソン・クルーソー島)終了後、ワシントンDC(USA)、ロンドン、スコットランド(UK)などを経て、地球をぐるっと回って日本に持ち帰ります。
これぞまさに”旅する探検T”。ぜひゲットしてください!

ロビンソン・クルーソー島の探検Tについて
by born_to_explore | 2005-02-07 06:06 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
(イリジウム通信)プエルト・イングレス
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_5554748.jpg


ロビンソン・クルーソー実在のモデル、アレクサンダー・セルカークが島のどこで暮らしていたのか?それはいまだに謎のまま。

しかし島には通称「ロビンソンの洞穴」と呼ばれる場所があって、彼の伝説的なサバイバル生活はそこを舞台として行なわれたのではないかと
考えられてきた。

ロビンソンの洞穴はプエルト・イングレスと呼ばれる湾を臨む海岸沿いにある。そこは本当にセルカークの住居だったのか・・・?

かつて検証し拙作の中にも書いたが、今回も出かけてみることにした。海まで歩いて30秒というロケーションは一見、理想的な住居のように見える。

しかし小説、『ロビンソン・クルーソー』のイメージには何となく当てはまっても、セルカークが甘んじることになった現実の境遇からするとあまりにもリスキーな場所である。セルカークがこの無人島で暮らしていたとき、イギリスとスペインは戦争状態であった。そしてこの島はイギリスから見れば敵国の領土内に位置していた。セルカークはもちろんそのことを知っており、事実、4年4ヶ月の生活の間、スペイン人が実際にやってきてすんでのところで彼らに見つかりそうになる、という危ない経験もしていている。

その史実から考えると、やはりこの洞穴ではありえない。彼は身を潜めることができるどこか内陸に家を建てたのに違いない。

b0062963_557014.jpg


写真:(上)丘の上からプエルト・イングレスを眺める(下)ロビンソンの洞穴の前に立つ。
by born_to_explore | 2005-02-07 05:57 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
(イリジウム通信)謎の石碑
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_624527.jpg


ロビンソン・クルーソー島の歴史はいまだ多くの部分が謎に包まれている。
内陸の山の中には大きな1つの石があり、そこには昔の人が刻んだ文字や絵が残されている。知られざる島の歴史の一端を理解できる手がかりがそこにあるのではないか・・・何度かその場所を訪れていたわたしはそう感じていた。

人々にピエドラ・コン・レトラ(スペイン語で「文字のある石」の意味)として知られる大きな石。
それは山道を歩くこと約30分、かつてセルカークが無人島生活を送ったときに登った見張り台(ミラドール)までの道沿いにある。

今回、日本で習いたてほやほやのテクニックを駆使して、その謎の石碑の拓本とりに挑戦してみることにした。
拓本というのは画仙紙を石碑の上に敷いて、水を吹きかけながら、レリーフを浮き上がらせ、その上から墨を染みこませたタンポでたたいて写し取る。
わたしが島に持ち込んだ紙のサイズは特大版。これは拓本の師匠、大石一久先生からいただいたものだ。先生はこれで足りるだろうか、と心配されていたが、石碑はそれよりもわずかながら大きく、紙を継ぎ足してようやくカバーできた。
初心者のわたしにとってはいきなりの難題。とても一人ではできず、同行していたスコットランド国立博物館のコールドウェル博士にも手伝ってもらう。

格闘すること2時間。ようやく石の碑文が見えてきた。そこにはアルファベットで、「コロノ ペドロ・アレドンド デ 1866」と名前と年号が刻まれていた。コロノというのは「入植者」という意味。その名前の上には大きな魚が小さな魚を呑みこもうとしている絵と、陸地に立つ椰子の木が大きく描かれていた。果たしてこれは何を意味するのか?入植者の一人、ペドロ・アレドンドは1866年にその絵にあるような情景をこの島で見た、その記録であろうか?

村に戻って人々に話を聞いてみると、とある老人が別の場所にもペドロ・アレドンドの名前が彫られた石があったことを思い出した。
それは今は出かける人も少ない山の中にあるという。しかし調べてみるとその場所はかつてパイオニアたちがミラドールまで登るときに通った古道沿いであった。

今は完全にブラック・ベリーの繁みの中に姿を消したその石を求めて、わたしは一行と共にブッシュナイフを手にでかけていくことにしようと考えている。
果たして・・・もうひとつの石は見つかるかどうか?そしてそこには何が書かれているのか?

そこにはパイオニア・ルートをめぐるいまだ知られざる島の歴史が隠されている・・・そんなにおいを感じている。

b0062963_6105490.jpg

by born_to_explore | 2005-01-31 06:03 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(5)
(イリジウム通信)セルカークの足跡を求めて
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_23322232.jpg


1704年から1709年までの4年4ヶ月間、スコットランドの船乗り(海賊)アレクサンダー・セルカークはたった一人きりで無人島で生き抜いた。
しかし彼の島での足跡は依然として謎に包まれている。いったい彼はどこに生活の拠点を設けていたのか・・・?

ひとつの手がかりは、ミラドールと呼ばれる高台。標高565mのその地点には鋭角な岩が天を突くように屹立し、一見してとても容易にはたどりつくことができないのではないか、という印象を与える。しかし古くから道が通じていて、そこに立つと島の北東側と南西側が見渡せる。セルカークはここに立って、救いの船を待った。現在、セルカークの見張り台と呼ばれているこの高台こそが、セルカークの足跡を唯一確認できるポイントである。

わたしの興味は、さらにその先にある。今回の探検はそれを確かめるためのものだ。

ミラドールまで通じている現在の道は1960年に完成したもので、島を訪れる全ての人はその新しく整備された道を登っていく。唯一の村、サン・フアン・バウチスタ(人口500人あまり)から1時間半の行程。

しかしこの道ができるまでは、人々は別の道を使って山に入った。それは通称、「パイオニア・ルート」と呼ばれ、ミラドールにまで通じていた。

セルカークがミラドールに登るときに通った道はパイオニア・ルートであった。

その道を徹底検証することで、セルカークの知られざる無人島生活に迫ることができるのではないか・・・。

するとその道沿いに、古人が残した石碑がいくつか存在しているという情報をつかんだ。

b0062963_2344096.jpg


写真:ミラドールに立つ(上)ミラドールから島の南西側を眺める(下)
by born_to_explore | 2005-01-23 23:34 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(7)
(イリジウム通信)海賊の墓
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_1145221.jpg


さまざまな伝説とロマンに彩られたロビンソン・クルーソー島の歴史のなかで、17世紀から19世紀にかけてここを拠点としていた海賊はもっとも印象的な存在。『ロビンソン漂流記』のモデルとなったアレクサンダー・セルカークももとはといえば海賊だった。そこで島と海賊とのつながりを改めて調査してみたら、今回新たに「海賊の墓」があることがわかった。

さっそく出かけてみると、現在の警察署の敷地内に石が積み上げられていて、それが昔から海賊の墓であると言い伝えられているという。そこに一体誰が埋葬されているのか、今となっては名前も時代もわからないが、後世の人が置いた十字架に人々の海賊に対する畏敬の念を感じた。

ロビンソン・クルーソー島では今もなお海賊の存在を身近に感じることができる。
by born_to_explore | 2005-01-18 11:05 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(3)
上陸!ロビンソン・クルーソー島
日本駐在スタッフの助川です。

現在、南米、チリの沖合い約670kmのロビンソン・クルーソー島を探検中!

世界地図ここは便利→MSN Encarta

b0062963_15532073.gif
b0062963_15543098.gif
b0062963_15544781.gif

by born_to_explore | 2005-01-17 16:05 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトのこれまで 7
ロビンソン対決の始まり。
その天王山は2002年のワシントン・ポスト(アメリカ・ワシントンDC)の書評欄。
ダニエル・デフォー研究では世界的な権威として知られるポーラ・バックシェイダー
(Paula R. Backscheider)氏が2冊を読んで論評するというもの。
そこで辛口批判を受けると、前途は厳しい。

ところが論評は互角か、むしろ拙作を評価する印象が濃かった。
欧米人に理解され、評価をうけたことで、ロビンソン・クルーソーの追跡は大きく展開する
ことになった。そして2005年の本格的な探検(石積みの住居跡の発掘)、という一大プロジェクトへとつながっていく。

これまでは個人で稼いだお金を探検のために注ぎ込んできた。
とは言えプロジェクトが大きくなり、各国から専門家の参加を呼びかける場合、自分の稼ぎなど微々たるもの。とてもそれを捻出することができない。しかし英語版、セベリン氏とのロビンソン対決、ワシントンポストの論評、これらに後押しされながら、ついにはナショナル・ジオグラフィック・ソサエティや探検家クラブから実現のための資金他、さまざまな支援を得ることができた。

今思えば、すべては『世界探検史』を紐解いた瞬間から始まった。
そして旅を終えて書いた1冊の本、『ロビンソン・クルーソーを探して』は新たな旅へとつながっていったのだ。

2005年のロビンソン・クルーソー探検、出発はあと2日後に迫っている。(おわり)


(写真:2002年6月30日付 アメリカの新聞ワシントンポストのインターネット版。(C)Washington Post)
b0062963_22125594.jpg

by born_to_explore | 2005-01-03 13:50 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトのこれまで 6
いよいよニューヨークに出版社が見つかって英語版の出版が決定。
タイトルは『ロビンソン・クルーソーを探して』の英訳
In Search of Robinson Crusoe と決まった。

ところが、英国の著名な探検家であるティム・セベリン氏がわたしと同じ時期にまったく同じタイトルの探検本を出版すると発表した。

セベリン氏はいわば探検界の大御所として、王立地理学協会から著しい功績を挙げた探検家としてコールドメダルを受けるほどの存在。(ちなみに現在までのところ日本人受賞者はいない)そのセベリン氏とわたしが始めて会ったのはその1年前。ロンドンの大英博物館でのことだった。2人で会食をした席で、新潮社版(日本語版)を手渡すと、セベリン氏は自分もロビンソン・クルーソーを追いかけていることを告白。わたしの探検はロビンソン・クルーソーのモデルであるアレクサンダー・セルカークを追跡したものだが、セベリン氏はロビンソン・クルーソーの舞台となった島を探っていくという。

探検界の大先輩、憧れの存在に会ったその席で、アドヴァイスをもらうどころか、気がつけば宣戦布告をされたような衝撃があった。そして事実、セベリン氏はその数ヶ月後に、わたしと同じタイトルの本の出版を発表したのだ。(つづく)

b0062963_17234848.jpg(写真:In Search of Robinson Crusoe by Tim severin (c)Basic Books)
by born_to_explore | 2005-01-03 13:49 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトのこれまで 5
現代によみがえった、300年前の無人島漂流。
しかし、現実とは異なる部分もあった。4年間のブランクののち、キャストアウェイの主人公は恋人と再会を果たす。そして様々なギャップを乗り越えながらも恋を成就させる。ところが、実在したロビンソン・クルーソー、アレクサンダー・セルカークの帰国後は映画の世界とは似て非なるものだったのだ。

『キャストアウェイ』を観た後で、わたしは成就されなかったセルカークの恋に思いをはせつつ、それについて綴った『ロビンソン・クルーソーを探して』の原稿を出版社に提出した。そんな現実を世の中に問うてみたいという思いもあった。

ところが、ここでまた予想外の出来事が持ち上がった。
探検界の巨匠がライバルとして急浮上し、前途に立ちはだかったのである。(つづく)

b0062963_17262414.jpg(写真:アレクサンダー・セルカーク像。スコットランド・ファイフ・ラルゴ村の生家に立つ)
by born_to_explore | 2005-01-02 17:40 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)