物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

宮沢賢治を偲ぶカフェ

宮沢賢治を偲ぶカフェ_b0062963_132638.jpg
岩手県盛岡市へ出かけた。
材木町商店街にある光原社の喫茶店でちょっとひといき。
光原社は宮沢賢治の『注文の多い料理店』を出版したことで知られる。喫茶店の名前は可否館。じっくりと考えごとをして、大きな決断をするときによさそうな名前。あるいは原稿を持ち込んで推敲に没頭するのもよいかも。窓には大きな壺の置かれた中庭が見えた。五月の光が注ぎ、新芽がきらきらと輝いていた。
by born_to_explore | 2007-05-09 13:09 | 探検家の日記 | Comments(6)
Commented by n-n at 2007-05-09 21:35 x
おかえりなさーい!チュニジアのブルーもとてもきれいでしたけど、日本の緑も本当にすてきですね。このお庭、季節ごとにかなり違う感じになるんでしょうねー。行ってみたいです。。。
Commented by mari at 2007-05-09 22:36 x
和の雰囲気が素敵なお店ですね。
いろいろ素敵な喫茶店をご存知のようですが、髙橋さんはかなりのコーヒー好きですか?(紅茶も飲まれることってありますか?)
Commented by イケ at 2007-05-10 20:41 x
秋田には、
ゆっくりすごせる喫茶店ってないですね。
最近、川反あたりにできたところは
新緑の時などはいいかもしれないです。


Commented by born_to_explore at 2007-05-11 08:15
高橋大輔です。

n-nさま
チュニジアン・ブルーは一年中、日本の色は季節の移ろいとともに。それぞれの国にそれぞれの色彩あり、です。

mariさま
コーヒーは午前、紅茶は午後に飲むことが多いですが、それに中国茶や日本茶も好きです。

イケさま
軒先にテーブルを出して気軽に紅茶やワインを飲んでいるイギリスにならえば、いつでもどこでも自分だけのティータイムが演出できると思います。
Commented by 紺碧の海☆24世紀ジパング革命 at 2007-05-11 12:46 x
日本の緑といえば、カツ丼以外にも実はバウムクーヘンにもコミットしていて、抹茶のバウムクーヘンの特捜をきっかけにバウムラーが集うサイトで夢想コメントを続けているですが、日本てお茶や、竹や森にあふれた緑の国の国なのかもしれませんね。日本を色で表すと「グリーン」。

繊細で気品のある日本の「ジャパニーズ グリーン」◎をもっと世界に伝えてもいいような気がします。
            「抹茶グリーン」、「新芽グリーン」、「ジパングリーン」
Commented by born_to_explore at 2007-05-11 23:59
紺碧の海☆24世紀ジパング革命さま
国をイメージカラーで表現するというと国旗を思い出しますが、自然環境などからも表現可能ですね。高橋大輔