物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

墓場でも考えた

墓場でも考えた_b0062963_2025110.jpg
東京都江東区にある間宮林蔵の墓を訪ねた。
北海道の北にあるサハリン(樺太)が島であることを確認し、間宮海峡の発見者として知られる江戸時代の探検家。わたしは1997年ごろからその足跡を追いかけてきたのだが、気がつけばもう10年が経っている。10年を節目にお墓参りというわけではないが、すでにお伝えした通り今年は中日新聞で6月(予定)から連載をスタート。そんなことを墓前で考えつつ、2007年の今、現代という立ち位置から、およそ200年前の彼の探検を眺めたらどうだろうとルポルタージュへの構想にも思いをふくらませた。
by born_to_explore | 2007-02-08 20:28 | 探検家の日記 | Comments(5)
Commented by mari at 2007-02-08 22:06 x
江東区にあるとは知りませんでした。
写真の髙橋さん、これからの連載を前に、スッキリとやる気に満ちた印象です!頑張ってください^^
Commented by zennari at 2007-02-08 23:35 x
写真から意気込みを感じますね!
執筆作業がんばって下さい。
Commented by Yute at 2007-02-10 09:59 x
はじめまして。

執筆、探検、頑張ってください。

間宮さんや最上さんもやはりワラジ履きだったんでしょうね。ゴアテックスに甘やかされている私には想像できません。1999年にマロリーとアーヴィンの遺体がエヴェレストで発見されたときも、ツィードのジャケット着ていたのを見てひっくり返りましたが。

それではお体気をつけて。
Commented by at 2007-02-10 18:48 x
お墓の前に立つと、さまざまなことを考えてしまいますよね。久賀島には、深い山の中に埋もれたお墓などが、たくさんあり、それらを見ると、どのような人がどのような人生を送ったのだろうと考えてしまいます。私の場合は、そこまでですが・・・。
高橋さん、新たな旅の始まりですね。
Commented by born_to_explore at 2007-02-10 22:31
高橋大輔です。

mariさま
江東区もいいところですね。江戸の残り香が感じられるようにおもいました。

zennariさま 
今年は意気込んでしばらくは机の前に張り付きます。

Yuteさま
はじめまして。ワラジはある種ゴアテックスに通じるところがあると思います。装備が進歩した分、われわれはさらに遠くへ行く義務があると思います。道具はあくまで、人間の道具にすぎないわけですから。

海さま
人生に墓あり、墓にもまた人生あり。自分が生まれたのが今ではなく100年前でも後でさえあっても、人は墓に関心を寄せる。ゆえに人ありですね。