物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

『仮面をとった浦島太郎』(朝日新聞出版 2022年)

『家事する探検家』(秋田魁新報社 2023年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2023年 08月
2022年 07月
2022年 04月
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

鉄は熱いうちに・・・来年もよろしくお願いします。

鉄は熱いうちに・・・来年もよろしくお願いします。_b0062963_1324896.jpg
 究極のサバイバルナイフ、又鬼山刀(マタギナガサ)を受け取りに出かけたとき、その鍛冶である西根登氏はちょうど目釘を作っていた。
 
 コークスが熾る窯から、真っ赤に焼いた鋼の棒を取り出しては槌で叩く。リズミカルな音がして、たちまちのうちに釘が打ち出されていく。西根氏は「一日に1000本できたら一人前」という。鍛冶として基本中の基本。その手仕事を興味深くじっと見ていたら、ちょっとやってみるかと誘われた。

 自分がこれから使うことになるであろう一生モノの又鬼山刀(マタギナガサ)が生まれたその作業場に立てることは最高の喜び。さっそく西根氏の指導の下、目釘づくりに挑戦した。しかし思うように釘ができない。鉄は熱いうちに打て、というが本当にその通り。鉄は戸惑っているうちにどんどん冷えて固まってしまう。何度も熱いコークスの中に突っ込み、赤く焼けた棒に槌を振り下ろした。そしてようやくいびつな目釘とは言えないシロモノができあがった。
鉄は熱いうちに・・・来年もよろしくお願いします。_b0062963_1334814.jpg 
 それでも熱い鉄を打つ心地よい感触は手に残った。また鉄に対して自然に、一途に向き合う西根氏からは無言のうちに大切なことを教えられるようだった。鍛冶に限らず、大きな夢へと向かうプロセスもまた熱い鉄を熱いうちに叩き、冷めたら熱し、それを繰り返していくことではないかと悟った。
 今年はいろいろなところへ旅に出かけたが、締めくくりは鍛冶の作業場。カーン、カーンと、自分自身で鉄を打つ槌の音は除夜の鐘にも匹敵する一年のエンディングとなった。鉄は熱いうちに打て。冷めたらまた熱し、そしてまた叩け!そうすればたとえいびつでも自分自身の釘ができる。2006年最後の旅の中で出会った言葉と体験を胸に、新しい2007年へ。旅路は遥か先へと続いている。

 このブログも満2周年を迎え、先日3年目に突入。振り返ると今年は皆さんとともに地球のあちこちへ、途中いただいたコメントを大切に、一歩一歩を踏みしめるように歩んだ充実の一年でした。また来年もよろしくお願いいたします。
 
by born_to_explore | 2006-12-31 01:40 | 探検家の日記 | Comments(5)
Commented by zennari at 2006-12-31 15:27 x
凄いナイフですね!曲線が美しいです。
猛獣の襲撃から身を守るって・・・(怖
大輔さんの姿がインディ・ジョーンズに見えました(笑)
熱いうちに叩く・・・そのお言葉、心に響きました。

今年は髙橋さんの旅を拝見してきて、本当に楽しかったです。
来年もいい旅ができますように。
それでは、良いお年を~!
Commented by mari at 2006-12-31 16:00 x
今年はこのブログを通して、家に居ながらにして冒険気分を味わわせていただけたことに感謝です。ありがとうございました。
来年もご活躍、楽しみに拝見させていただきます♪良いお年を!



Commented by born_to_explore at 2006-12-31 22:37
高橋大輔です。

zennariさま
2007年、新調のナイフを持って探検に出ます。来年もよろしくお願いします。

mariさま
家にいながら旅をする人をアームチェア・トラベラーと言いますが、来年もアームチェア気分でどうぞ。
Commented by せっちゃん at 2007-01-02 18:58 x
明けましておめでとうございます。
私も、去年に引き続き、アームチェアー・トラベラーを満喫したいと思いますので、お体に気をつけて地球上を駆け巡って下さい。
Commented by born_to_explore at 2007-01-02 21:18
せっちゃんさま 今年はどんな旅が待っているのか?本年もよろしくお願いいたします。高橋大輔