物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

『仮面をとった浦島太郎』(朝日新聞出版 2022年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2022年 07月
2022年 04月
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

杏の炊き込みご飯!
杏の炊き込みご飯!_b0062963_1730196.jpgある日ロシアの朝の食卓。
テーブルには皿に盛られたご飯、紅茶、トマトサラダ、バター、飴玉が並ぶ。
一見したところ「焼き飯」のように見えたご飯だが、口に入れると甘かった。
なんと、杏の炊き込みご飯!
ロシアでは米も食べたが、ことごとく甘い。杏入りだから塩味というのはないだろうが、それでも彼らはご飯にはよく砂糖をかけて食べていた。別の日は牛乳(コンデンスミルクのような)で炊いたご飯に大さじ2杯もパターを落とし、さらに砂糖をたっぷりかけた。

塩味なら食欲も湧くのだが、いや何も味付けをしなければ最高なのだが、砂糖味のご飯で、それがメインデッシュとなるとさすがにあまり食欲が湧かない。

ロシアと日本は距離的にはとても近いけれど、砂糖と塩ほども遠いのだなあ・・・と堪忍して食べた。自分をそこに適応させさえすれば、どんな食事でもおいしくなるはず。
by born_to_explore | 2006-10-09 17:32 | 探検家の日記 | Comments(6)
Commented by mari at 2006-10-09 21:25 x
写真だと一瞬栗ご飯のように見えますね。甘いご飯・・・珍しいうちは食べられても、いつもだと辛いでしょうね。飴玉はデザートのつもりなのかしら???日本人はやっぱりご飯+梅干、漬物、塩昆布でしょうか。
Commented by zennari at 2006-10-09 23:16 x
日本人には甘いご飯はめげてしまいますね。
おはぎや黄粉をかけて食べるのは美味しいけどなぁ。
文化の違いって不思議ですね。
Commented by せっちゃん at 2006-10-10 13:33 x
甘いご飯で思い出しましたが、秋田(家だけかも知れませんが・・)では最近はあまり見かけなくなりましたが、赤飯・茶碗蒸し・豆餅・等・・甘くありませんでしたか? 納豆も砂糖醤油をかけて食べたりしてましたが(砂糖を使う事がご馳走だったのではないかと母が言ってましたが・・・?)、高橋家では食卓に上った事はありませんでしたか?
ロシアではご飯は主食になるのですか? ヨーロッパの方では野菜という扱いだと聞いた事があるのですが・・・
Commented by born_to_explore at 2006-10-10 14:41
mariさま 飴玉はデザートです!高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-10-10 14:45
zennariさま こういう文化の違いを見つけたとき、旅してきた甲斐があったようで少しうれしくなります。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-10-10 14:46
せっちゃんさま 砂糖はご馳走というのは、冬の長いロシア人の文化の底流にあると思います。戦時中は日本もそうでしたね。高橋大輔