物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

『仮面をとった浦島太郎』(朝日新聞出版 2022年)

『家事する探検家』(秋田魁新報社 2023年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2023年 08月
2022年 07月
2022年 04月
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

川に落ちた北斗七星
 探検中はイリジウムで写真を送ることができなかったので、ここ何回か、写真整理もかねながら、アムール川探検で撮影した写真をアップしたいと思います。

川に落ちた北斗七星_b0062963_11324062.jpg 今回旅をしたアムール川で、魂が揺さぶられるような絶景といえば、やはり水面に落ちた北斗七星。アムール川は中国名では黒龍江といい、その名の通り水は濁っているのだが、夜になるとまるで鏡のように空を映し出す。夜空は本当に澄んでいたので、わたしは天を仰いで天の川を久々に端から端まで眺めることができた。思わずため息がもれる。

 しかし水面を見つめたとき、今度は息が止まるような思いがした。水面に落ちた星影が水の揺らめきによってゆらゆらと瞬く。光っては消え、また光っては消え。それはまるで川底に落ちた7つのダイヤモンドを眺めるよう。せめてこの感動を写真にと、画像が荒くなるのを承知の上、高感度で何枚か撮った。

 太古から何も変わらないアムールの夜。わたしに降り注ぎ、また水面から照り返す星々に包まれ、夜は静かに更けていった。
by born_to_explore | 2006-10-05 11:34 | 探検家の日記 | Comments(8)
Commented by mari at 2006-10-05 16:28 x
「川に落ちた北斗七星」を写真で見る事ができて、感激です!
しんと静まり返った川がまるで鏡のようですね。水面に映った7つのダイヤモンドが本当に幻想的です。ダイヤモンドは私の誕生石なので、嬉しい写真でした。。
Commented by zennari at 2006-10-05 23:48 x
イリジウム通信での記事を想像しながら読んだ時、幻想的なことをイメージしてしまいました。
でもそれは現実のことなんですよね。
北斗七星が川面に映っていますね~スゴイ!
水面にゆれる星々、実際に見たら言葉にならないでしょうね。
なんだか感動的です。
Commented by 山崎 at 2006-10-06 01:18 x
魂を揺さぶられる絶景
感動しました。
Commented by born_to_explore at 2006-10-06 11:36
mariさま 現実の中にもこんな幻想がある、それが旅の魅力ですね。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-10-06 11:38
zennariさま 旅をして感じる「喜怒哀楽」にはときにこんな「喜」が含まれています。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-10-06 11:43
山崎さま 遠いところに旅をすると、たまにご褒美的に目の前に開陳をゆるされるような宝、まだまだ知られざる自然の美しさがあると思います。高橋大輔
Commented by くりchara at 2006-10-13 01:41 x
ここ新潟でも日本海に低く見える北斗七星は見れますが、低過ぎて少し水面近くは大気の影響で霞んでしまいます。
さすが北の北斗七星は緯度の関係で高いですね・・・・・
9月の記事にアムールに輝く星空の美しい様子を読みましたが、こうして画像を見れるとは。
水面をキラキラと瞬く姿を時間の止まった写真で表現するのは難しいですが、私もそんな写真を撮りに行きたいです・・・
同行取材させて下さい。 (スポンサー探さないと無理か・・・ 汗)
Commented by born_to_explore at 2006-10-13 14:18
くりcharaさま 北半球では北斗七星、南半球では南十字星。それぞれ北進、南進のたびに輝きを増す星は旅の水先案内役でもありますね。高橋大輔