物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

(イリジウム通信)ナスカの地上絵はやはり・・・
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)
(イリジウム通信)ナスカの地上絵はやはり・・・_b0062963_1136181.jpg
 ナスカの地上絵へと出かけた。
 10人乗りのセスナ機に乗って、地上絵が描かれたパンパ上空を飛ぶ。
 飛行機が旋回するたびに、小さな飛行機は左右に揺れ、肩から腰にかけてしっかりと巻きつけたシートベルトに重力がかかる。目の前で交差する無数のナスカ・ライン(線)や幾何学模様。その間を揺れのなかで見つめているとやがて目も回ってきた。
 その心地よい覚醒の中で、青い空と白茶けた大地の間に横たわる宇宙人(フクロウ男)をはじめ、サル、イヌ、コンドル、ハチドリなどが姿を現す。わたしは一瞬、空と地の間の無重力空間に浮遊したまま、それらが発する強烈で不可思議な信号に触れたようだった。それは明らかに、上空から絵を眺めることができるようになった現代人に向けられた古代ナスカ人からのメッセージだと思う。
 数千年の時を超えてわたしにも届いたそのメッセージは、どこか数万光年かけて届く宇宙の星の光にも似て、淡くも確かな存在だった。やはりここに来なければ、その信号をキャッ
チすることはできなかった、来てよかった。いまは興奮の中でただ感無量。
by born_to_explore | 2006-08-21 11:37 | 探検家の日記 | Comments(6)
Commented by at 2006-08-21 22:59 x
実際に目にすると、本当に感動するでしょうね。上空から眺めないと分からない模様を、なぜ、どのようにして・・・・、と思っていました。今を生きる私達よりも、古代ナスカの人々は、先々を見通す大きな心をもっていたかもしれませんね。
Commented by maadienne at 2006-08-21 23:20 x
上空からしか見えないというのは不思議ですね。
サウジにもエジプトにも、これは宇宙人でしょ?という壁画がありますが、ペルーにも巨大版があるのだと思うと、私も興奮してしまいます。
Commented by zennari at 2006-08-21 23:31 x
揺れるセスナはちょっと怖そうですが、写真じゃなく実際に見るナスカの絵、凄そうですね。
未来の人に向けたメッセージなのか、宇宙の仲間に向けたメッセージなのか・・・
ホント不思議ですね~。
Commented by born_to_explore at 2006-08-31 11:06
海さま ナスカの地上絵には時代を超越したメッセージがあります。今を生きるわれらも、やはり、ナスカ人のような生き方をしなければならないと感じますね。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-08-31 11:07
maadienneさま 世界各地の巨大壁画、地上絵を集大成したらきっと、新しい発見があるかもしれません。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-08-31 11:09
zennariさま 古代の彼らからすれば、現代のわれわれこそ宇宙人ということになるのではと思います。だからこれは彼らからわれわれへのメッセージでいいのではないかと。高橋大輔