物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

旅にパンツを何枚持っていきますか?
旅にパンツを何枚持っていくか・・・あまり議論されることは少ないけれど、ひとたび旅に出ればこれはかなり切実な問題。移動続きの旅の場合、洗ってもなかなか乾かないのがパンツ。これまで我流で試みたことといえば、

1洗った直後に、空気中で回転させて乾きやすくする
2ドライヤーの熱風をひたすら当てる
3暖房やエアコンの通風口に置く
4最終手段はベッドの中に入れて寝ている間に乾かす。あるいは抱いて寝る

などなど。しかし旅先でなかなか思うように乾かないのが下着というもの。もちろんパンツを1週間分もバックパックに詰めて担ぐというのはいただけない。

ところがわたしの旅はエクスオフィシオのボクサーショーツに出会ってから劇的に快適になった。何しろこのパンツ、洗うと数時間で乾いてしまう。乾いたタオルにくるむだけでいい。さらに風呂に入れない状況下でも不快感が少ない。汗をかいても外に湿気を出してしまう特殊な生地。わたしはエクスオフィシオの下着2枚で世界へ出かける。これ、かなり、イイです。

エクスオフィシオのボクサーショーツ わたしは東京のアウトドア店で買いました(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2006-05-05 11:09 | 探検について | Comments(8)
Commented by maadienne at 2006-05-06 06:24 x
切実なモンダイだったので、早速HPを覗いて来ました。
ナイロン94%で24ドル…。う〜ん、ウチは買わないかも。
男の人は前後裏表で1枚4日ははけるじゃないですか〜(←勝手な思い込み?)。とりあえず現在は、捨てても良い様な古いのを持参して使ったら捨てるというメソッドです。
Commented by happy-camper at 2006-05-06 06:45 x
あはははは!思わず大笑いしてしまいました。私のお勧めは、お湯の出る国ではお湯で洗ったあと、バスタオルの上に広げ、ぬれたもの同士がくっつかないようにバスタオルで挟むか、クルクルと丸める。その後、上から手で押すか足で踏んづけて水分をタオルに吸い取らせる。(この方法の前提は自分の持ちタオルではないことですね)それから干しておくとTシャツでもかなりの割合で翌朝までに乾きます。
ちなみに速乾ソックスのお勧めは、ULTIMAXというブランドのもので、これはすぐ乾きます。
久しぶりのコメントにこんなテーマを選んでしまってすみません!(笑)
Commented by born_to_explore at 2006-05-06 11:03
maadienneさま そうですね。わたしも古いのを捨てながら旅をしていたことがありましたが、手違いで手元に何もなくなるという事態にも陥りました。mmm切実!髙橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-05-06 11:12
happy-camperさま なるほどタオルに巻くだけではなく 踏んづけるのですね。これは究極!五体をフル活用(足裏まで)して下着一枚を乾かすというところが事の切実さをヒシヒシと伝えていて、これはもう座布団一枚です。髙橋大輔
Commented at 2006-05-08 04:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by born_to_explore at 2006-05-08 13:23
happy-camperさま 北米にタラノメが見つかったら教えてください。もし存在が確認され、現地の人からは雑草呼ばわりされるままそれが一面の原野となっていたら、そこはまぎれもなくてんぷら天国です。高橋大輔
Commented at 2006-05-12 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by born_to_explore at 2006-05-13 14:10
飯野亮一さま このショーツ、海外行だけではなく、国内でも活躍しそうです。髙橋大輔