物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

間違い電話
b0062963_6423496.jpgとても不思議なことが起こった。世にも不思議なこと。

プエルトリコの南に浮かぶ無人島を目指しているわたしは、昨日、船長との間を取り持ってくれるというラファエル氏と電話で話し、明朝ホテルまでやって来てくれるということになった。環境保護の観点から政府が訪れる人の数をコントロールしているため特別の許可を取らなければ島へは簡単に入れない。唯一の手段が、許可を得たツアー会社を通して出かけることでラファエルはその担当者とのこと。

だが朝、わたしの前に現れたのはツアー会社のラファエルではなく、弁護士のラファエルであった。どうも昨日わたしは間違い電話をかけてしまったらしい。普通は間違いにお互いすぐに気がつくはずなのだが、さまざまな共通点が一致して、それに気がつかないままわたしは弁護士のラファエル氏と会ったのである。と言うのも間違い電話をした先に、ラファエル氏がおり、「チリから電話をした」とわたしが言えば、ラファエル氏も数ヶ月前にチリへ2週間出かけていたという偶然があった。さらに「船長とコンタクトして無人島へ」というわたしのリクエストに対しても、ラファエル氏はボートを個人所有していてその無人島へもでかけたことがあったという。しかも無人島へは約80-90キロ離れている島の南岸のポンセから出るのだが、彼はポンセで弁護士を開業しているのだ。

やって来たラファエル氏は、スーツをドレッシーに着こなすジェントルマンであったが、ひょんな偶然で出会ったわたしの無人島へ渡ろうという試みに手助けをしてくれることになった。というのもやはり、ツアー会社はいくら電話をかけても留守電になっているからだ。

わたしは明日までの予定のサンファンのホテルを急遽チェックアウトして、ラファエル氏とポンセに向った。そして政府の環境保護管理事務所へでかけ、そこで許可と船を願い出ようということになった。わたしの興味が「海賊とか宝島」であることを知っていたラファエル氏はわたしに「そこではそういうテーマを口にすると許可とりにも支障が出る恐れがあるから、島に出かける目的を自然環境の取材にしたほうがいい」とアドヴァイスしてくれた。いかにも弁護士らしい助言。

ところが出てきた環境保護管理事務所のオフィサーは、われわれと会うや「その無人島は海賊の逸話がいっぱいで・・・」と海賊のことを話し始めた。私がロビンソン・クルーソーの住居を発見したことを話すと、彼は「それはすげえや!」と興奮してさらに熱っぽく海賊話を始めた。よく見ると彼の机には日本刀のレプリカが置いてある。尋ねてみると彼は元軍人で沖縄嘉手納基地にいたという。これまた何という偶然。案の定、彼は大の日本ファンでもあった。

b0062963_6401888.jpg意気投合したわれわれは、その足で「海賊の洞窟」というパブへ向った。そこには海賊に縁の武器や絵が壁にかけられていた。そしてそこでわたしはまるで海賊の末裔のようなオーナーから海賊の話をきいたのである。

一本の間違い電話から始まったこの旅の果てには何がまっているのか・・・。そしてわたしは無事に島へ渡れるのか・・・。

写真、海賊の洞窟のオーナーと壁に掲げられた本物の海賊の武器。
by born_to_explore | 2006-01-27 06:45 | 宝島 | Comments(4)
Commented by at 2006-01-27 09:24 x
高橋さんの旅には、本当に偶然、それも素晴らしい偶然がついてまわりますね。間違い電話よし、人違いよし、本来ならマイナスに働く作用がすべてプラスに。大きな力が働いているのでしょう。今後の展開を期待しています。
Commented by アマミヤ at 2006-01-27 16:46 x
素敵な出会いですね!やはり偶然は必然であったわけですね!
今後の展開に期待しています♪
Commented by born_to_explore at 2006-01-29 10:18
海さま まるで海賊から導かれるように旅しています。ヨー・ホー・ホー!高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2006-01-29 10:19
アマミヤさま 一つの出会いが別の出会いを生む。その偶然の連続が旅の醍醐味ですね。高橋大輔