物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

コーヒーセレモニー
コーヒーセレモニー_b0062963_1026052.jpg
エチオピアにやってくると、コーヒーセレモニーで迎えられる。もともとコーヒーはエチオピアが原産で、カファという地名が由来。そこでヤギが実を食べていることを知った人がコーヒーを発見した。

コーヒーセレモニーでは、豆を焙煎し、挽き、炭火で沸かしたお湯で濃い目に入れたものを小さなカップに入れて出す。焙煎するところから客人の前で行なうのがエチオピア流ホスピタリティ(歓待)。脇では乳香を焚き、その馥郁たる香りの漂う中、客人はポップコーンや豆菓子とともにコーヒーを愉しむ。

コーヒーといえば砂糖やミルクを使うことが常識のように思われるが、原産国では時に岩塩を加えたり、バターを落としたりしてコーヒーの味のバリエーションを楽しんでいる。砂糖、ミルクに固執したわれわれのコーヒー文化はまだまだ未成熟なのかもしれない。
by born_to_explore | 2005-12-07 10:27 | 探検家の日記 | Comments(5)
Commented by at 2005-12-07 12:46 x
コーヒーはエチオピアが原産だったんですね。以前、乳香を採取するために争い、一国が滅びたという本を読みました。争うほどの香りとは、どんな香りだろうと通信販売で買ってみたことがあります。
Commented by born_to_explore at 2005-12-08 00:15
海さま イエス・キリストが生まれた時、東方から3人の賢者がやってきて差し出した一つが乳香でした。この乳香がシルクロードを通って日本にもやってきたのではないか・・・そんな追跡も続けています。高橋大輔
Commented by anchuan at 2005-12-10 14:27 x
はじめまして。いつもブログや著書拝見させてもらってます。ロビンソンクルーソー、ワクワクしました。
エチオピアがコーヒーの原産で、バターとかいれる楽しみを持っているのですね。豆を煎るところからコーヒーをいれるなんて、もてなし方もとてもいいですね。僕は中国の華南で働いていています。こちらは飲茶文化が盛んでお茶のもてなしも面白いです。けどエチオピアも素敵ですね。これからもおもしろい色んな文化や風習の記事楽しみにしてます!あっちなみに僕は五島の中通島で幼い頃を育ったんですよ!
Commented by born_to_explore at 2005-12-10 19:45
anchuanさま 中国の華南と五島列島にもなみなみならぬ文化のつながりがあるかと思いますが、実際に暮らし比べてみて何か実感しますか?中国のお茶文化はお茶の種類の多さに比例して、奥深いものでしょうね。コーヒー文化で顕著なのはアラビアから欧州ですね。高橋大輔
Commented by anchuan at 2005-12-11 13:41 x
返事いただけてとても嬉しいです。
僕はクリスチャンではないですが幼い頃五島の中通島に住んでいた時、カトリック教会の保育所に通っていました。シスターがいて。中国華南との繋がりで思い出しましたが、長崎の隠れキリシタン、とかカトリック弾圧で逃亡した信者が流れ着いたのがマカオであった話。長崎の二十六聖人の遺骨がマカオに納められているのを知り驚きました。鑑真和尚、鄭成功、松浦海賊、その昔は国境という線がもっと曖昧で、海を通じて繋がる緊密な関係があったのだとも感じます。いろんな面白いエピソードがあるんだろうな、と思います。浦島さんの物語もそうですよね!海っておもしろいですね。
今日はお茶で一服です。今度アラビアのコーヒー試してみようと思います。ではまた!