物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

図書館と探検
図書館と探検_b0062963_10494458.jpg

この夏、わたしの講演会を開いてくれた秋田市立中央図書館明徳館を訪れた。

図書館の司書というのは人気がある職業の一つ。
本が好きな人なら、一度は進路に考えてみるだろう。そしてこの職業、司書の資格を取らないとなれないが、資格をとっても図書館の数に限りがあるので、皆が皆なれるわけではない。

「憧れの職業についた気分はどうでしょう?」

そう尋ねると、皆さん決まってギャップについて語り始める。司書職は重労働だという。
本を扱うという文化的なイメージの反面、本を運んだり、探したり、夜間勤務のシフトが組まれていたり、土日も休みではなく、時に頭がこんがらがることもあるようだ。

ロビンソン・クルーソーの住居跡を発見したニュースはいまだ反響を呼んでいる。地中2メートルの深さのところに、柱穴と焚き火跡、そして航海用のコンパスを探し当てた考古学の物凄さががぜん注目の的だけれど、じつはそこが実在したロビンソン・クルーソーの住居跡だと特定できたのは、図書館に所蔵されている本が決め手となった。

考古学がなければ、掘り当てられない。しかし掘り当てたものをロビンソン・クルーソーのものだと知るためには、文献がなければならなかったし、図書館で親身に相談に乗ってくれた司書の方々がいてはじめて、それは可能となった。

そんなロンドンの大英図書館での日々を振り返りつつも、ふと秋田の図書館を訪ねて司書の人たちを前にすると、本に対する愛着は万国共通、それを提供しようという思いや重労働はいっしょなのだなあとしみじみと感じた。

しかしそのしっかりとした土壌から、文化は芽吹き、空高く伸びていくものだろう。
図書館は文化的な生活のいわば地層。文化を支え、養う肥沃な地層だと思う。

(写真:秋田市立中央図書館明徳館の館長はじめ司書のみなさんと。お互いが本好きゆえに、訪ねるとついつい長居をしてしまう)
by born_to_explore | 2005-10-15 10:51 | 探検家の日記 | Comments(0)