物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

ロビンソン・クルーソー島、財宝のゆくえ
ロビンソン・クルーソー島、財宝のゆくえ_b0062963_98165.jpgロビンソン・クルーソー島で空前絶後の埋蔵財宝が発見された、と報道されてからまもなく1週間。チリの首都、サンチャゴにある日本チリ商工会議所の浅田和代さんから、最新情報が届いた。それによると、真相ははっきりしないものの、マスコミ報道は依然、加熱気味のようだ。

財宝発見を発表したワグナー社は、アルトゥリトという金属探知ロボットを開発した。
その精度はかつて失踪したチリの資産家の死体を知人宅の庭で探し当てたことでも確かめられたが、今回はロビンソン・クルーソー島を管轄する国営森林保護局(CONAF)の許可も取らずに調査を行い、自分たちの取り分を主張して記者発表を行なった。チリの政府当局はそれに反発、よってワグナー社は800トンもの財宝(1兆1000億円相当)のありかが書かれた書類は、自分たちの取り分がはっきりするまでは公表しないとして金庫にしまったという。

何かの映画で見たような筋書きではあるが、それゆえに話題騒然。
さまざまな人がそれぞれの立場からコメントを発表しているが、中でも長年、ロビンソン・クルーソー島で宝を求めて掘り続けているアメリカの大富豪ベルナルド・カイザー氏は「われわれが7年間もかけて一生懸命調査して見つからないものが、あんな機械で12時間ほどで見つけられるわけがない」とばっさりと切って捨てた。

わたしとしては今後も事態の推移を見守っていこうと思うし、来年1月には再度、チリへ出かけることにしているので、自分でも真相を確かめたいと思う。それまではまたチリから最新情報が届いたらこの場で紹介していきます。

(写真:ロビンソン・クルーソー島で、宝があるといわれる方角をわたしが撮影したもの)


今年4月に紹介したものですが、日本チリ商工会議所ホームページでのインタビューを再掲載します。
日本チリ商工会議所ホームページのインタビュー記事
by born_to_explore | 2005-10-02 09:08 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(12)
Commented by キネマ小僧 at 2005-10-03 16:18 x
NGJ10月号 待ち遠しかったです。日本語版は最初から見ていますが、日本人初の快挙ですよね。オメデトウございます。私は、やっと「ロビンソン・クルーソー(岩波文庫)」上下2巻読み終えました。この小説が「漂流記」だけじゃない事を初めて知りましたし、その後の世界を股にかける波瀾万丈な人生航路(陸路もあったが・・・)にワクワクするやら、特に下巻はその時代の宗教や哲学を感じさせられる含蓄のある読み物と思いました。この本は、髙橋さんの云われるとおり大人の物語でした。物語の時代からすれば、世界はずいぶん狭くなり、未知のエリアも少なくなったかもしれませんが、海賊の宝物を始め、ワクワクさせてくれそうな素材は、まだまだ沢山ありそうですね。
Commented by born_to_explore at 2005-10-03 20:00
キネマ小僧さま 「ロビンソン・クルーソー」はお読みになった以外に、第三部もあります。ただし前2巻以上に内察的で、ロビンソン・クルーソーが晩年、人生を振り返るというものです。3冊並べてみても、やはり最初の無人島生活が光彩を放っている。機会があったら手にとってみてください。探検のワクワク感を忘れない、そんな大人でいたいですね。髙橋大輔
Commented by いづみん at 2005-10-04 21:37 x
高橋大輔様
大ちゃん、南中の同級生のいづみです。覚えてますか?
先月帰郷した私は友人宅で何気なく目にした魁新報社のkyouの表紙、、、。あれ〜大ちゃん?同姓同名かな〜?同姓同名もいるもんだな、、、と思いつつ開いたらページにはやっぱり大ちゃん!驚きました!!すごいね!!夢があってイイね!!おめでとう〜!!!きっと、お父さんもお喜びのことでしょう。(ご家族の皆さんもね)
身体に気をつけて、夢、男のロマン、追い続けてね。
Commented by あやのん at 2005-10-04 23:27 x
なんだかすごいですね!本当に財宝はあるのでしょうか?とっても楽しみです!
Commented by born_to_explore at 2005-10-06 09:31
いづみんさま 中学時代、わたしは生徒会長でした。まさか探検家になるとは・・・高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2005-10-06 09:35
あやのんさま 財宝が本当に掘り出されたら大ニュースです。いずれにせよ、ロビンソン・クルーソー島は、伝説に色濃く彩られた不思議島であることはまちがいありません。こんな場所、地球上にまだあったんだ、と考えるだけで夢があふれてきますね。高橋大輔
Commented by よじろう at 2005-10-07 10:54 x
はじめてコメントさせていただきます。よじろうと言います。
僕は海外に出たことがないので、このブログを拝見させて頂いて無人島に行ってみたいと思いました。

ロビンソン・クルーソー島の埋蔵財宝はとても気になります。見つかると良いのに。
Commented by born_to_explore at 2005-10-07 18:54
よじろうさま 無人島は人間にとって究極の場所のように思います。そこには宝もあれば、自分を見つめる孤独もある。そこが魅力です。高橋大輔
Commented by よっしー at 2005-10-13 11:15 x
高橋さーん、ごぶさたしてます。番組収録で御一緒したよっしーです。お元気そうで何よりです。高橋さんは、夢を一つ一つカタチにしていらっしゃいますねロビンソンクルーソー島めちゃくちゃ懐かしい☆いつかまた行きたいです。あと、銀座のうなぎ屋も。
Commented by born_to_explore at 2005-10-15 11:04
よっしーさま 今は昔、ロビンソン・クルーソー島ではお世話になりました。今度は高橋大輔探検スペシャル、ゴールデンタイム、全国放送の番組でもできたら、わたしもみてみたいと思います。どんなのだろう?高橋大輔
Commented at 2005-10-24 01:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-10-24 01:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。