物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

体感!世界同時発表
おかげさまで9月15日の記者会見(ロビンソン・クルーソー住居発見)の反響はとても大きく、先週はあちこちから問い合わせや質問、インタヴューなどが殺到して、ほとんど一日中携帯電話に話しかけているという日もあったのだが、それには世界同時発表だったこともある。

早朝にチリからファックスが届いたり、深夜にスコットランドからインタヴューの申し込みがあったり、昼過ぎに少しウトウトしていたら、香港の新聞社から携帯に直接電話がかかってきたりと、完全に夜討ち、朝駆け状態。しかもジャーナリストは皆、時間に追われているので、その時、その場で情報を取らなければならないので、「あとで」というわけにもいかない。

ニュースは世界を駆け巡り、ロンドンの「ザ・タイムズ」、アメリカの「ヘラルド・トリビューン」さらにはチリ、オーストラリア、果てはインドまで。

しかしさすがに欧米でも土日は休みになるので、この土、日は電話もなくファックスもなく、少しゆっくりして酒を飲みに出かけた。

それでもインターネットの時代だからこそ、やりとりはとてもスムーズ。自分がいる場所が世界と直接つながるオフィスになる、オフィスにしえる、そんなツールとしてのラップトップの物凄さを改めて実感。世界同時発表で、わたしは慢性的な寝不足を体験した。これはやはり、猛烈で異常な体験だった。
by born_to_explore | 2005-09-25 22:25 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
Commented by 林俊宇 at 2005-09-28 02:51 x
台湾人の林です。台湾の新聞で高橋さんの記事を読んだのでここに来ました。ロビンソン・クルーソー住居を発見したと同時に宝も発見したようですね。本当にすごいですね!格好いい!!!夢を叶えた男ってどこに行っても格好良いです!自分の夢に向けて頑張って生きるその姿が僕の人生に大きな力を与えてくれました!これからも頑張ってくださいよ!台湾で高橋さんを応援していますからね!
Commented by born_to_explore at 2005-09-28 08:38
林俊宇さま 台湾からありがとうございます。台湾では2002年に『尋找魯濱遜』高橋大輔 著(馬可孛羅)を出版して、記者会見もしました。この本は日本の『ロビンソン・クルーソーを探して』の中国繁字体バージョンです。台湾ではやさしくて温かい人たちにたくさん出会いました。近著『浦島太郎はどこへ行ったのか』の中では、媽祖信仰を検証していて、日本にたどり着いた林一族を紹介しています。海にかかわる女神である媽祖は、日本の浦島太郎に出てくる乙姫さまともダブル・イメージだということがわかりました。林俊宇さんも、祖先は媽祖の林氏なのでしょうか?ところでいただいたコメントの中で、宝の発見とありますが、それはわたしとは関係がないです。あの報道はどこまでが本当かまだよくわからないのですが、もう少し情報を集めて見極めて見たいと思います。高橋大輔


非公開コメント