物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

わずか16ミリの大発見
b0062963_12351977.jpg
ロビンソン・クルーソーの住居確定の決め手になったのが、出土した航海道具だった。
海図の上で距離をはかるためのディバイダ(割りコンパス)。
そのわずが16ミリのピン先が出た時、信じられないような気分だった。
こんなちっぽけなものだが、特殊な航海用の道具であったために、記録を通じての検証が可能になって発見につながった。
この出土に恵まれたのは、幸運の一語につきる。
篩にかけて見つけられたのだが、あと少しでも篩の目が大きければ、永遠に見つかることもなかった。地面を2メートル掘り進む間、10センチごとに土に篩をかけた。そんな気が遠くなるような地道な作業、気が緩んだら見落としてしまうかもしれなかった。

13年間探し求め続けてきたものが、ついに確認できたその瞬間、うれしいというよりも、夢を見ているのではないか・・・と思った。
そう思わせるほど、それはあまりにも小さく、また存在価値は計り知れないほど大きかった。
こんなこと、あるものなのだなあ。注いできた情熱もさることながら、最後はこの幸運に感謝!

(写真:17世紀の英国製割りコンパスと出土したその先端。形状、サイズが一致した。スコットランドにて)
by born_to_explore | 2005-09-16 12:36 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(17)
Commented by 感無量 at 2005-09-16 12:58 x
なんか最近、現実主義になりつつある僕に夢を見させてくれました。
感謝しています。有り難うございました。
Commented by ダーヤマ at 2005-09-16 14:51 x
お返事ありがとうございました。近日中にリンクを貼らせていただきます!
Commented by born_to_explore at 2005-09-16 15:37
感無量さま ぜひ、でっかい夢を!高橋大輔
Commented by kazz0517 at 2005-09-16 16:12 x
久しぶりに心の底から感動しました。
しかも同年代、すごくうらやましいです。自分がすごくちっぽけにも見えました。でも今の自分の場所でがんばろうという気にもなりました。
大好きなロビンソンクルーソー....その物語の中を歩いていた人がいたなんて、しかも同じ日本人...
今後ご活躍を期待しています。
Commented by 高橋大輔 at 2005-09-17 00:02 x
この度はロビンソン・クルーソー住居発見、誠におめでとうございます。
実は私、同姓同名(高もはしごの高です)、しかも実家が秋田市ということで、非常に嬉しく思います。今後の益々のご活躍、心より願っております。
Commented by sho- at 2005-09-17 00:19 x
若いので色んなものに興味を抱いている今日このごろ、、「R・クルーソーの家」発見?!という記事をみました。 探検は幼少時代から好きだったので、なんだかまた燃えてきました! 高橋さんの本これから読みます!
Commented by born_to_explore at 2005-09-17 06:07
kazz0517さま 心の底から・・・とは光栄です。やってきた甲斐を感じました。ありがとうございます。また世界は違っても、お互いさらなる夢へ向かいましょう!高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2005-09-17 06:09
髙橋大輔さま 同郷、同姓同名というのは不思議な気分ですが、ともかく、メッセージありがとうございます。髙橋大輔
Commented by born_to_explore at 2005-09-17 06:15
sho-さま 探検とは未知の領域への旅のことですが、デスティネーションは地理的な場所だけではないと思います。探検すべきフィールドを自分で開拓していく・・・それは探検家にとって頭のひねりどころでもあると思います。がんばってください!髙橋大輔
Commented by mathew at 2005-09-18 07:40 x
朝日新聞ネット版で記事を読んで、こちらに参りました。
本当に感動しました!いくつになってもNever stop dreaming!ですよね。
Commented by born_to_explore at 2005-09-18 09:28
mathewさま ありがとうございます。夢は簡単にかなわないけれど、全く非現実のことではない、そんなことを学びました。高橋大輔
Commented by taji at 2005-09-19 19:05 x
高橋さん、すごい!すごい!ついにやりましたね。何に対しても真っ直ぐなココロで向かってゆく姿に勇気をいただきました。どうもありがとうございます。
Commented by born_to_explore at 2005-09-20 07:46
tajiさま まっすぐなココロで歩き続けた。13年。それを神様が見ていてくれた・・・今回の発見にはそんな運命的な偶然さえ感じています。髙橋大輔
Commented by taji at 2005-09-20 16:12 x
セルカークその人と同化したかのような「発見」に至る13年の月日に思いをはせて、高橋さんの「旅」をこれからも応援しています。
Commented by born_to_explore at 2005-09-20 20:20
tajiさま ついこの前までは、浦島太郎に同化して龍宮城を探し回っていました!思い込みの激しさが探検家のライフラインですかね。でも、物語は決してわたしを裏切らないんです。高橋大輔
Commented by y at 2006-01-04 22:08 x
おめでとうございます!大変感動しました!
世界は、空間的・地理的にだけでなく、過去、そして物語や伝説などの時間的、非現実的にもとことん無限に広がっているのですね。
私の夢はその世界の広がりの明らかになっていないところを、高橋さんのように明らかにしていくことです。今いろいろと勉強中ですっ!
高橋さん、ぜひともお体に気をつけて、これからも探検し続けてください。
Commented by born_to_explore at 2006-01-05 21:51
yさま 夢は実現するためにあるものだと思います。ぜひ、チャレンジしてください。高橋大輔