物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

世界史少年
雑誌のインタヴューのために打合せ場所に出かけたら、ライターさんが誰かと話をしていた。後で聞いてみたら高校生の相談にのってあげていたのだという。
「自分の将来を、今急いで決めなくてもいいでしょ」というのがアドヴァイスだったという。
わたしもその高校生と話していたら同じことを言ったと思う。
高校時代に決まってしまう人生なんて、やっぱり窮屈というか、つまらなくない?

その翌日、地元秋田で高校の同窓会40周年イベントがあって顔を出してきた。
わたしは秋田県立秋田南高校の卒業なのだけれど、この学校の先輩は『味いちもんめ』で知られる漫画家の倉田よしみ氏や、TV番組「マネーの虎」でおなじみの安田久氏をはじめ各界に渡っている。現役の在校生のがんばりなど微々たるもので、学校のブランドというのは、やはり卒業生により作られていくものであるなと思ったりした。

そんなことが続いたこともあって、高校時代を振り返ったりしているのだが、高校時代はとても精神的に不安定な時代だったように思う。本当は自分探しをやりたいのに、自分探しの仕方もわからないまま、受験とか進路みたいなことだけがおおいかぶさってきて、にっちもさっちもいかない、おぼれないことが精一杯の時代だったナと思う。それでも大学入試に失敗して一浪したので、実際には沈没してしまったのだが。

自分探しが始められたのは、ようやく大学に入ってから。
ただがむしゃらにバックパック1つで世界へと出かけて、旅の中に自分とか夢とか見つけようとしていた。でも考えてみれば、高校時代、浪人時代にがんばっていたことが、大学時代、あるいは今の自分を大きく支えている。
b0062963_2143963.jpg
そのひとつは世界史。わたしは世界史少年で、世界史用語集に赤線を引っ張っては、ボロボロになるまで読み、学び、繰り返した。

そのとき自分は探検家になるとも、世界中を旅するとも思わず、ただがむしゃらだった。

しかしそのときできた基礎が、探検家としての今の自分にどれほど役に立っているか。

探検家は、たとえば見知らぬ国の、荒野に転がる石の目利きでなくてはならない。

大発見は、見出す力あってこそ。世界史が頭にあって、地域史の本を図書館で読み散らかし、そこまでしても荒野に転がっている石の価値はなかなかわからない。

しかし万が一ということはある。

だからその一のために、世界史用語集は、高校時代以来、いまでもわたしの座右にある。

(写真:山川出版社の『世界史用語集』。読み込むうちに糸もほつれてしまった)
by born_to_explore | 2005-08-16 21:42 | 探検について | Comments(0)