物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

探検用カツ丼
探検を始めてもう20年近くになるが、遠征の前に一度たりとも欠かさず行なってきた事がある。それだけ続けていると、もはやそれ無しで探検にでることは考えられないけれど、そのおかげで、たとえ危険な目に遭うことはあっても、決して命を落とすことは無い、という最強のジンクスを生み出してもいる。
わたしにとって、その探検出発前の儀式は、カツ丼を食べること。
「勝つ」という語呂にも助けられて、勝ちとは言えないような最悪の事態が起こっても、
負けずに帰って来られる、というご利益がある。
たしかに、カツ丼を食べて出かけていったわたしは、これまで、アフリカではあらぬ罪を着せられて逮捕されもし、砂漠の原住民から軟禁を受け、あろうことか、南米アマゾンのジャングルのど真ん中では両足を骨折して、這うしか他に前進する手段が他に無い、という絶対絶命の事態にまで陥った。

それでも、今ピンピンして探検を続けていられるのは、やはりカツ丼に負うところが大きかったと妄信的かつひそかに、カツ丼を食べ続けている。
これまで縁起を担いで、あちこちのそば屋、トンカツ屋、ラーメン屋でカツ丼を食べ歩いてきたが、ここ数年、東京は銀座にある梅林のスペシャル・カツ丼を食べている。

b0062963_2344097.jpg


さすがにスペシャル、と銘打っているだけあって、カツ丼の上にのっけられたエキストラの卵1個がなんとも輝かしい。卵を箸でつぶすと、半熟の黄身がどんぶりの下の白米に落ちていき、「玉子ご飯」となる。そこにじっくり煮込んで仕込まれたカツ煮のたれが交じり合い、カツ丼と特性だし汁の「玉子ご飯」を同時に食べる幸福感に満たされる。そして、どこにでも行ったろか、と気分も高揚してくる。

今日もさっそく、1杯たいらげた。
そして明日からは、グリーンランドへ向けての旅が始まる。
現地からの情報では、北極圏にある当地はまだ冬のさなかにあり、相当寒いという。
しかし、カツ丼を食べたわたしの行く手を阻むものは、もはや何も無いのだ。


銀座梅林について
by born_to_explore | 2005-04-19 23:07 | 探検について | Comments(11)
Commented by at 2005-04-20 17:51 x
私も高橋さんのカツ丼に匹敵するものが欲しい。いろいろ考えて、近くにあるお地蔵様にお参りすることにしようと決心しました。自遊人、楽しく拝見しています。雪と氷に閉ざされた世界を知らない私は、とても楽しみにしています。
Commented by ren at 2005-04-23 14:56 x
銀座梅林のスペシャルカツ丼
とあるグルメ番組で
道場六三郎の「生涯一の丼」に選ばれてましたよ。
Commented by born_to_explore at 2005-04-27 23:49
renさま 髙橋大輔より。
わたしの場合、おそらく「生涯一」ではなく、「旅一」であり、旅の数だけ食べることになるために、まあ、生涯1000とでも言っておきましょうか。
旅を一期一会と取るならば、もちろん、生涯一のカツ丼ということにはなりますが・・・。食べましたか?
Commented by makky at 2007-01-11 18:24 x
マッキーです!
今年もよろしくお願い致します!
大輔さんのブログ、リンク&TBさせて頂きました。
この日はNagさんとヨッシーちゃんと3人で伺ったのですよ♪
Commented by born_to_explore at 2007-01-12 16:29
makky さま カツ丼を食べて「勝ちある」一年を!高橋大輔
Commented by 紺碧の海@24世紀カツ丼革命 at 2007-01-27 22:04 x
はじめまして、高橋様
こんばんは
高座豚トリプルレインボーカツ丼特捜隊@紺碧の海ともうします。
カツ丼大好きで、高橋様のこのカツ丼記事には
以前より大注目しておりました。

今後の高橋様のますますの御活躍を祈ります。

私もカツ丼に関するレシピブログを開設いたしました。
別途メールにて高座豚/カツ丼情報を送ります。
宜しかったら御活用下さい。       お邪魔致しました。
Commented by born_to_explore at 2007-01-28 09:31
高座豚トリプルレインボーカツ丼特捜隊@紺碧の海さま

新機軸のカツ丼ファンサイト開設おめございます。
どんなカツ丼が飛び出すのか楽しみです。
カツ丼はわたしにとって「お守り」「門」「力水」などのキーワードとも結びついています。これは飯物であって、飯物ではないという不思議な存在です。
高橋大輔
Commented by 紺碧の海☆アインシュタイン at 2007-04-03 08:20 x
高橋様   おはようございます。
ありがとうございます♪私にとってもカツ丼は「うるとらマンマ」です。

<うるとらマンマはったん計画◎24世紀カツ丼革命>
「スターボウ☆アインシュタインカツ丼001」レシピ公開いたしました。

*素人ながら気合いだけは入れて創ったら(爆)高橋様にも
     ぜひ御賞味いただきたいけっこうイケル味にはなりました◎^o^◎

人々が争い事の手を止めて寄ってくるような、圧倒的な「カツ丼」を創りたい。

高座豚トリプルレインボーカツ丼特捜隊@紺碧の海
Commented by born_to_explore at 2007-04-03 11:05
紺碧の海☆アインシュタイン さま
圧倒的なカツ丼、というところが気に入りました。
カツ丼は元来、控えめな存在ではないと思いますので、食べる側もドーンといくべきです。
高橋大輔
Commented by 紺碧の海☆ウサギ族ウサギ科 at 2007-04-15 13:43 x
ダメの反対は芽だ!
 春は芽の出る季節ですね。

13日の金曜日の仕事帰りこころがけがよかったのか偶然職場に壱番近いスーパーにしばらくぶりにいったら北海道JAようてい(羊蹄山)の「雪の下にんじん」をゲットできました。

さっそくプロジェクトに取り組み
今年ダメだった人も「芽だ!芽だ!芽だ!」と
頑張れるスタボ☆002カツ丼のレシピ
クックパッドで公開しました。

日記に書きましたがグルメ銀河をモチーフにした「アンドロ芽だカツ丼」というのも夢想中です。

発表が終わってほっとして読売新聞日曜版を広げたら沖縄のキャロットアイランド「津堅島」のにんじん尽くしの島の記事がでていてウサギ族ウサギ科ウサギ年の私は大興奮です。<◎o◎>
Commented by born_to_explore at 2007-04-15 17:02
紺碧の海☆ウサギ族ウサギ科
ダメの反対を「芽だ」と考えるポジティブ・シンキングがすばらしい!
高橋大輔