物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

古地図を買う
b0062963_2233251.jpg



探検家として、わたしにも行きつけの古地図店というのが世界各地に何軒かある。

有名ブランドの個店が立ち並ぶロンドンのボンド・ストリート。
その一角に店舗を構えるジョナサン・ポッターへ通い出してから、もうかれこれ10年。
物語を追跡するわたしの探検の場合、古書の渉猟がプロジェクトの手始めとなる。
神話なり、伝説なり、その背景にある史実を見つけ出す作業は、時に数年がかり、
あるいは10年以上を経た今でも史料を集め続けるというプロジェクトもある。

しかし本だけではなく、時に1枚の古地図が決定的な何かを示してくれる、ということも
あって、それゆえにロンドンへ出かけていくたびに、あれやこれやと地図を見せてもらう。

古い地図は、恐ろしげな海獣が大洋を泳いでいたり、風来坊がいたり、それ自体が大変神話的であり、その一つ一つを手に取るたびに無性に旅ごごろが揺さぶられてならない。

このジョナサン・ポッターは、品揃えも超一流なら、1枚1枚の地図の値段も相当なもの。
童心にかえるような大いなる冒険へと誘う1枚の地図を購入するのには、じつに大人の財布が必要である。その葛藤が、また刺激的でたまらない。

しかしこれまでに購入した地図は、どれもロビンソン・クルーソー探検を進めていく上では
不可欠、無二の存在であり、探検の成功の大きな鍵となった。地図無しの探検はありえない。

3月、東京のスタッフから連絡があり、現在連載を進めている『自遊人』JTB地球交響曲の企画の次の取材先はグリーンランドであるという。ロンドンにいたわたしはさっそくジョンナサン・ポッターで、グリーンランドの地図を見せてもらうことにした。

するとそこで1枚の地図と電撃的な邂逅を果たした。
1616年に製作された古地図。
オランダで出版されたものとしては世界最古のグリーンランドの地図だった。

古い時代の探検家が持ち帰った情報をもとに作られた地図で、現代のグリーンランドへ探検にでてみよう。

1枚の古地図から始まる旅、それ以上に、人の探検心(エクスプローリング・スピリット)に
火をともすものはない。

さっそく購入したわたしは、地図を眺めつつ、スコッチをちびちびと嘗めながら、いにしえの氷の大地と約2週間後にせまった旅に思いを馳せている。

(写真:ジョナサン・ポッター店内。所狭しとならんだ魅惑の地図が、探検家に旅を誘う)

ジョナサン・ポッターのホームページへ
by born_to_explore | 2005-04-03 22:36 | 探検について | Comments(4)
Commented by La_pluie at 2005-04-04 00:57 x
はじめまして。
『古地図』の言葉に吸い寄せられてやってきました。
わたしも古地図が、いえ、古くなくとも地図が大好きです。行ったことのない土地の地図を眺めているだけでワクワクしてきます。
わたしは甲冑好きなので、甲冑やその歴史背景を追って旅したりしますが、神話や伝説を追って旅するというのはなんとも壮大でロマンティックですね。そして楽しそう!
読んでいてワクワクしてきました。
今後どんなストーリーが紡ぎだされるのか、楽しみにしています!
Commented by born_to_explore at 2005-04-04 10:01
La_pluie さま 髙橋大輔です。
甲冑は欧米のものですか?日本のものですか?興味深いテーマですね。甲冑の旅というのも、スリリングなものではないですか? グリーンランドの古地図をめぐる旅は、5月に発売の自遊人に掲載予定です。もちろん、グリーンランドの旅の様子はこのブログでも紹介します。
Commented by shou20031 at 2005-04-04 15:57 x
はじめまして。素敵ですね。私も古い地図見るのは好きですが、今のところ日本のものばかりです。ロンドンの古地図の値段もピンキリでしょうがだいたいどの程度が一般的なんでしょうか?
偽物とかあるのでしょうね?見分けられるのですか?
なんかわくわくしますね。
今後の活躍期待しております
Commented by born_to_explore at 2005-04-04 23:15
shou20031さま 髙橋大輔です。
日本の古地図をご覧のときは、何かテーマがありますか?ロンドンで買う古地図も日本のものと同じように、時代や質、稀少度によってまちまちです。安いのは2000~3000円でもありますが、時代があまり古いものではありません。せいぜい100年くらい前の都市図とかです。偽者をつかまされることに対しての防止の基本は、信用の置ける地図屋と付き合うことでしょうか。日本の古地図でも、それをもとに旅をしたらとっても楽しいですね。