物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

3ヶ月の探検 全日程終了 帰国へ
3ヶ月の探検 全日程終了 帰国へ_b0062963_0153174.jpg



ロビンソン・クルーソーのモデルアレクサンダー・セルカークの足跡を求めた探検も
今日で全日程を終了する。

ロビンソン・クルーソー島、チリ、ワシントン、スコットランド、ロンドンと世界をぐるっと
1周した3ヶ月の旅。

特にチリのロビンソン・クルーソー島では、これまでその解明が世界的に待たれていた
セルカークの島での足跡に関して、発掘調査においてきわめて重大な出土をもたらすことに成功した。現在専門家チームがそれぞれチリとスコットランドで編成されており、その精査、分析を経た上で、今秋の『ナショナル・ジオグラフィック』にて正式な発表が行なわれることになる。

セルカークが漂流したのが、1704年。
イギリスの海賊船によって助け出されたのが、1709年。

彼の無人島漂流300周年を記念して行なわれた今回の探検は、まさに記念すべき節目におこなわれ、そして幸いなことに大きな成果をあげることができた。
もちろん現状はといえば、世界的な名作『ロビンソン漂流記』その小説に実在した人物がいたこと、それさえまだまだ充分に知られてはいない。
今回の探検の成果が、世界中のひとりでも多くの人にその史実を伝える一助となることを念願してやまない。

生態系の中での共生をサバイバルというかたちで見事に実践したのがロビンソン・クルーソーであり、そのモデルとなったセルカークの実体験こそ、多くの人が環境について語っている現代社会のなかではひとつの大切な指針を与えるもの、とわたしは考えている。

一探検家としてわたしが挑戦したことは、誰もが作り話だと思い込んでいた物語には実在のモデルがいて、これまでだれも見つけることができなかったその男の無人島での足跡を見つけ出すということにあった。しかしその究極的な目的は、ロビンソン・クルーソーが現代のわれわれに伝えてくれるメッセージに耳を傾けようではないか!と声高に叫ぶこと。そこには自然の中でいかに人間が生きるべきか、という現代社会に生きるわれわれが自問し、自答すべく探し求めている答えがあるからである。

ロビンソン・クルーソー漂流300年。2009年まで、まだあと3年あまりある。
一探検家、一個人として、その究極的な目的のために 今後もロビンソンとともに歩んでいきたいと思っている。

また、皆様からのご声援、この場をかりて厚く御礼申し上げます。
今後とも、よろしくお願いします。ブログも続きます!

(写真:ロビンソン・クルーソー島、パンゲの大きな葉っぱの下で雨宿り。セルカークにとってもこれは傘となった)
by born_to_explore | 2005-03-29 00:16 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(4)
Commented by jack at 2005-03-29 23:32 x
お疲れ様でした。次回以降の探検も楽しみにしています。新しい物語を高橋さんが創っていってくれることを期待しています。
Commented by born_to_explore at 2005-04-03 22:49
jack さま 髙橋大輔です。
日本にようやく帰ってきました。物語を追いかけているうちに、その話が物語りになる、というのがなんとなく夢です。
Commented by koryataihenda at 2005-06-30 14:22
はじめまして。
高橋さんのブログ拝見させて頂きました。
心の奥の方に眠っていた熱いものがこみ上げてきましたo(炎_炎)o

いつかクルーソー島に行こうと思います。
探検日記楽しみにしています。

リンクさせて頂きます。
Commented by born_to_explore at 2005-07-02 14:20
koryataihendaさま
探検は潜在的に人の奥深いところにある熱いものだと思います。
そうですか、こみ上げてきましたか!
こみ上げてきたときが探検時でもあったりします。
髙橋大輔でした。