物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)


著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮社 2002年に文庫化)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2016年に年文庫化)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

『漂流の島』
(草思社 2016年)

『剱岳 線の記』
(朝日新聞出版 2020年)

『最高におもしろい人生の引き寄せ方』
(アスコム 2021年)

『仮面をとった浦島太郎』(朝日新聞出版 2022年)

『家事する探検家』(秋田魁新報社 2023年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp
記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2023年 08月
2022年 07月
2022年 04月
2020年 08月
2020年 04月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

島寿司
島寿司_b0062963_7331741.jpg
八丈島ですしといえば島寿司。魚の切り身を醤油ベースの漬けにして、練り辛子で食べる。食べていて「くさや」のことを思い出した。くさやは魚をくさや液に浸して干物にしたもの。八丈島では魚をたれに浸す文化があるのかもしれない。温暖な気候のため、腐食を防ぐ効果もあっただろう。また島寿司は、伊勢の「てこね寿司」にも似ている。てこねはちらし寿司だが、やはり漬け寿司だ。海の文化や各地とのつながりに思いをはせながら頬張った。
by born_to_explore | 2010-06-24 07:37 | 探検家の日記 | Comments(9)
Commented by せっちゃん at 2010-06-27 00:19 x
お久し振りのコメントなのに、変な質問ですが、島寿司の写真の右上のお寿司の上に乗ってる黒い物は何ですか?・・・気になっちゃって・・・

ちなみに、八丈島、30年くらい前に訪れた事があったので、懐かしく拝読しました。
その時の記憶は、玉石、流人の話、魚の塩釜焼き、クサヤ、そして黄八丈・・・私が訪れたのは、たしか「山下めゆ」さん(有名な方の様でしたが・・・)とおっしゃるおばあちゃんの工房だったのですが、そこで今まさに織っている黄八丈の反物を注文してきた事が思い出となりました。後日出来上がってから送って貰いました。とても元気なおばあちゃんで、たしか80歳は越えているらしかったのに、とてもしゃきしゃきと工房を説明しながら案内してくれました。
人との出会いは、本当に一期一会ですね。
Commented by hisakajima at 2010-06-27 18:37 x
高橋大輔さま

おいしそうですね。
久賀島は、海のすぐそばなためか、このようにしていただくことはありません。みりん干しなどのように、漬け込んだ魚は焼いていただきます。
所が変わると同じ魚を使った寿司でも違うものなんですね。
Commented by born_to_explore at 2010-06-27 20:34
せっちゃんさま
黒いものは海苔です。潮の風味が格別でした。おっしゃるように八丈島は玉石~流人まで独特の歴史と風土に彩られた魅力的な場所です。黄八丈のやましたにはわたしも行きました。そこでおばあさんに反物を注文されたというのはうらやましい話ですね。

hisakajimaさま
五島で寿司といえば、押し寿司よりも、江戸前ということになるのでしょうか。今月上旬に訪れた南紀では、さんまの押し寿司が名物でした。日本寿司マップを作ったら面白いですね。

高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2010-06-28 11:27
せっちゃんさま
いろいろ調べると、黄八丈のやましたと「山下ゆめ」さんを混同していることがわかりました。今となってはかなり貴重な黄八丈を手にされたのですね。すごいことです。
高橋大輔
Commented by せっちゃん at 2010-07-01 21:31 x
色々調べていただいたみたいで、恐縮です。
私もあの後八丈島には行ってないのですが、山下さんは亡くなってしまって、娘さんかお嫁さんがあとを継いだと聞いたようなきがしますが、詳しいことは良くわかりませんでしたが、貴重な物である事は分かりました。
また何か分かりましたら教えてください。
Commented by mari at 2010-07-05 13:52 x
島寿司美味しそうですね♪
島料理は、地域、県に関わらず共通点があるように思います。
どれも「体によさそう!」が基本ですかね^^
Commented by born_to_explore at 2010-07-23 09:10
mariさま
地域のものは地域で食べるのが一番おいしいですね。風土に合わせて作られた食べ物は健康にもいいはずです。
高橋大輔
Commented by 紅茶卿 at 2011-08-14 00:19 x
 山下めゆさんは、黄八丈の織り元で有名な工房「めゆ工房」の創始者で山下家では二代目の織り手でした。東京都無形文化財保持者で、国からの重要無形文化財保持者(俗に言う人間国宝)のオファーがあった際に、織り手としての方向性から断ったという事でも有名な方ですよ。

 既に亡くなって久しいですが、先日死亡くなっためゆさんの娘で三代目の織り手の八百子さんも、東京都無形文化財保持者で有名な方でした。現代、四代目の芙美子さんが織り手をついでらっしゃいます。現在では黄八丈の唯一の織り元が「めゆ工房」ですし、黄八丈に少し詳しい人なら必ず知っていておかしくない方ですよ。八百子さんの黄八丈は、良いものなら7桁の値段に行きますね。
Commented by born_to_explore at 2011-08-19 21:32
紅茶卿 さま
情報のアップデートありがとうございます。
八丈島に今度行くときは、もし可能なら「ゆめ工房」へ出かけてみたいと思います。
高橋大輔