エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
imperfect エシカル消費のパッケージ その2
その1から続き)(以下、敬称略)

・エシカル消費 エシカルデザイン

 ethical=倫理的(に正しい)を意味する「エシカル」というカタカナの日本語がここ数年急激に広まっている。特に「エシカル消費」という言い方は、2015年に行われ消費者庁による『倫理的消費(エシカル消費)』調査研究会の枠組み作りの発表から広く使われるようになった。
 エシカル消費とは、消費者庁の説明から引用すると「消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと」である。
 むろんそれ以前からナチュラルで、オーガニックで、フェアトレードで、エコで、と様々な名前でエシカルな商品を扱うブランドや店は多くあり、ことアメリカ、ヨーロッパ都市部では、こうした商品が一般的なスーパーマーケットに並んでいるのは珍しいことではなくなってしまった。アメリカ、ヨーロッパ都市部ほどではないにせよ、日本もエシカル消費に意識を向ける動きは急速に進んでいる。
 現在、表参道ヒルズに出店しているimperfectもこうしたブランドの一つである。

imperfect エシカル消費のパッケージ その2_b0141474_01101308.jpg


・魅力のあるブランドに

 imperfect が扱うのはナッツ、チョコレート、コーヒーを中心とした食品だ。
 現在、これら食材の原産地では劣悪な労働環境、生態系破壊など、多くの問題を抱えている。 imperfect ではこうした問題に対して意識を持った原産者から買い付けを行っている。
 また、収益の一部は
1)カカオ原産国の森林を守るための苗を植える、
2)農園で働く人々の貧困問題を解消するため支援を行う、
3)コーヒー生産地での男女不平等を解消するため、ブラジルで女性が中心となって作られたコーヒー農園「カフェ・デラス」で教育を行う、
という3つのプロジェクトをサポートする。

imperfect エシカル消費のパッケージ その2_b0141474_01103492.jpg

 imperfect はエシカルフードという言葉を使わず、「Do well by doing good. いいことをして世界と社会をよくしていこう」をスローガンに、 販売品をwell (よい)フードと呼んいる。
 wellフードの 「well 」は 生産者、倫理的に「よい」素材を使うことが主旨だが、表参道の店舗を見てみると、素材だけではなく、見た目にも「well」なものを目指していると感じる。

imperfect エシカル消費のパッケージ その2_b0141474_01105607.jpg

 店舗設計は加藤匡毅と加藤奈香による 建築事務所 Puddle  http://puddle.co.jp  が手掛けた。木材と茶系の金属を中心とした内装は、フェアトレード系のブランドにありがちな手作り感や生産地の民俗感を廃し、表参道という美意識の高い場所に合った、シャープなイメージになっている。
 商品は計り売りを基本とし、商品そのものを見ることができる。ナッツや フルーツのちょっと変わった組み合わせのチョコレートなど、見ているだけでも好奇心をそそる美しさだ。
 6D の手掛けた、すでに包装されたパッケージは棚に並び、インテリアの一部ともなっている。

(写真 上2枚 撮影 藤本伸吾/ 下 撮影 長谷川健太)
その3に続く)

# by dezagen | 2019-11-18 11:52 | プロダクト・パッケージ
imperfect エシカル消費のパッケージ その1
ライター渡部のほうです。

 ある日 twitter で見た imperfect https://imperfect-dowell.com というブランドのパッケージが気になり、しばらく頭から離れなかった。twitter の投稿者は6D https://www.6d-k.com の木住野彰悟さん。

imperfect エシカル消費のパッケージ その1_b0141474_00485190.jpg
imperfect エシカル消費のパッケージ その1_b0141474_00492185.jpg

 木住野さんが手掛けた事を知らなければ、どこか外国のデザイナー(例えば日本のデザイン好きのスウェーデン人とか)が作ったのだろうかとも思わせる、日本ではあまり見ない、なんとも説明しがたい魅力を感じた。
 空白の多い、淡い地色の紙に、日英併記。日本語は縦組、欧文は横組。だが、よく見るとパッケージ正面の角で文章が折れていたり、文字が上下ひっくり返っていたり。ぱっと見の印象は「すっきりとしたシンプルなデザイン」なのだが、それだけではない。

 なぜこのようなパッケージになったのか、木住野さんにお話を聞いたのだが、パッケージデザインの前に imperfect というブランド、その背景について知っておく必要があるだろう。

(写真 撮影 藤本伸吾)
その2へ)


# by dezagen | 2019-11-18 11:51 | プロダクト・パッケージ
パリのスーパーマーケットで気付く事
ライター渡部のほうです。

ロンドンからパリに移動。
スーパーマーケットに並んでいるものを改めて見てみると、イギリスよりもフランスのほうが色のも形もバリエーションが多い事に気付く。
アパレル同様、生活用品も概して色のバリエーションが豊かで、かつ彩度の高い色が多い。

パリのスーパーマーケットで気付く事_b0141474_18090926.jpg

洗剤のパッケージはいい例。ボトルも洗剤自体の色もど派手な青、ピンク、緑ががつっと使われている。イギリスも同様なブランドが多いのだけれど、例えば水色1つ取ってもフランスのほうが明るめの水色で、白地とのコントラストも強い。イギリスはもう少しグラデーションにしたり、全体的に抑えめの水色だったり。

パリのスーパーマーケットで気付く事_b0141474_18181257.jpg
柔軟剤もご覧の通り。日本も柔軟剤はラグジュリアス路線で、これまた独自ではあるけれど、フランスの柔軟剤のピンク系の強さもかなりのもの。真ん中にあるシャキーンとしたものはドイツのドクターベックマンの製品。ほぼすべての製品にこの斜めボトルが採用されていて、特にうねうねしたボトルが多いフランスでは目立つ。
その右隣は日本でもおなじみフロッシュのフランス版、Reinet。カエルのマークもやわらかくなっていて、本場ドイツよりも日本よりも諸外国よりも、色があざやか。
パリのスーパーマーケットで気付く事_b0141474_18095591.jpg
エコ系洗剤も同様に鮮やかな色。イギリスだけでなく、日本もアメリカも、エコ系の洗剤だとナチュラル=天然をイメージに、透明や白ベース、緑でもくすんだ感じの色合いを使いがち。対してフランスは、トロピカル?くらいな緑の使い方。

先にも書いたけれど、ボトルの形状も曲線を使ったものが多い。スペース上無駄なのでは?と思うようなにゅるっとした形が好まれるのか、特に持ち手の所やそれにあわせたラベルの形などに現れている。

洗剤パッケージ以外で気付いた事は、スパークリングミネラルウォーターのブランドBADOITがパッケージグラフィックのリニューアルをしたこと。

パリのスーパーマーケットで気付く事_b0141474_19171483.jpg
これまで深緑一色の地にBADOITの文字が180度、横真っ直ぐに書かれていたものだったのが、丸い緑(フレーバーによりレモン味は黄色など応用あり)を左に、BADOITの文字は右上がりのグラフィックとなった。
よく見ると、水に限らず、炭酸飲料、ソフトドリンク全般に丸が増えている。

パリのスーパーマーケットで気付く事_b0141474_19203135.jpg
コカコーラライトとフレーバー付きの展開も丸を中心にしたもの。炭酸らしさを表したものだろうか。現状、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダではこのパッケージが出ているようだ。
炭酸飲料に限らず他の飲料もなんだか丸が増えている。と、いうより、フレーバー付きミネラルウォーターや茶飲料など従来よりも味が薄めのソフトドリンク自体の種類が非常に増え、それぞれ主張し合っている様子だ。

全世界的にソフトドリンク市場の売り上げは伸びているという。人口増加率と比例しているのかと思ったがそうではない。データが様々なので、ざっくりとしか言えないがヨーロッパの現在の人口増加率は年率0.1%ほどなのに対し、ソフトドリンクの売上は毎年3%以上(データソースによりかなり異なるのだが)伸びているという。
一方、ワインで知られるフランスでは急速にワイン消費量が減っているとも聞く。
アルコールではなくミネラルウォーターやソフトドリンクを飲むという傾向は、マナーの変化もあるだろうし、これもまた夏の暑さをしのぐ温暖化の1つの現れなのかもしれない。

おまけ。
世は韓国流行り。わさびフレーバーのアーモンドも「korean snack」と書いてあった。
パリのスーパーマーケットで気付く事_b0141474_19482794.jpg

# by dezagen | 2019-09-25 19:48 | プロダクト・パッケージ
ロンドンデザインフェスティバル その2
ライター渡部のほうです。
ロンドンデザインフェスティバルの続き。

Somerset House で行われているユニクロの展示「The Art and Science of LifeWear: New Form Follows Function」
https://www.uniqlo.com/lifewearday/jp/ に足を運んでみる。
ロンドンデザインフェスティバル その2_b0141474_17464185.jpg

こちらはデザインフェスティバル(9月14日〜22日)と時期の重なるファッションウィーク(13日〜17日)の一環として行われたもの。
エアリズムやウルトラライトダウンなど、おなじみの商品の素材解説を中心に紹介している。会場のデザインはペンタグラム、映像を使ったヒートテックのコーナーのみ Rhizomatiks ARCHITECTURE が手掛けている。送風機を使ってエアリズムの風通しの良さを見せる、ヘリウムガスのバルーンでウルトラライトダウンの軽さを見せる、と、説明文なしでもぱっと見て分かるダイナミックな展示が良かった。

ロンドンデザインフェスティバル その2_b0141474_17472358.jpg
エアリズムに使われている生地を体感できるコーナー。少し人が動いただけでもふわりと動くような軽い生地なのだが、下がっている生地を引っ張るとかなりの伸縮性があり、かつ非常に強い事が分かる。

ロンドンデザインフェスティバル その2_b0141474_17481677.jpg
他はロンドンの東部のほうで行われているLondon Design Fairや近辺の展示などを見たが、とりわけ目立ってこれは印象的だ、と思わせるものがなかったというのが正直なところ。

ざっくりとした印象しか書けないが、今年のロンドンのデザインの傾向をまとめると
・家具などよりも、インテリアアクセサリー、ステーショナリー類など小型化
・グラフィック、視覚的に重点を置いたものが増えている
・全体的なトレンドは見つけにくく、デザイナー自身が自分のものを好んでくれる買い手(バイヤーだけでなく個人消費者も含む)を探している。よく言えば個性を主張できる。
・雑誌やウェブメディアなど、デザインメディアのイベントへ参加が減っている(これは個人発信が増えたせいなのか、イベント自体が魅力が減っているからなのかは、判断がつかない)


私事になってしまうが、毎年ロンドンデザインフェスティバルを見に来てはいるものの、実質2日か3日くらいしか見る事ができず、ほんの触りだけ、という状態が数年続いている。驚きになかなか出会えなくなっているのは時間の短さのせいなのか自分の不勉強のせいなのか、恐らくどちらもあるのだろうが、今年は特に「デザインイベントの中にいいデザイン見つけられない」感を強く感じた。
というのも、ロンドンに来た次の日に global climate strike (日本語訳がばらけているが、グローバル気候マーチ。が多いよう)が行われていた事が大きな理由だ。国会議事堂のあるウェストミンスター近辺だけと聞いていたが、実際はもっと広がっていたようだ。迂回路を造っても間に合わなかったのか、中心部の道路はかなりの渋滞状態で、ウェストミンスターから離れた自分の滞在場所でも、かなり長い間人々が叫ぶ声が聞こえていた。

衝撃的だったのは新聞各社で使っていた少女の写真で、手のひらサイズのプラカードに「USE LESS PAPER(紙の使用を減らそう)」と書いていたこと。確かに大きなプラカード作って、後で捨てる事になってしまっては環境問題のデモとしては本末転倒になってしまう。こういう発想があったのか、と、はっとさせられた。
デザインイベントにもこれくらいの衝撃があって欲しかったし、特に同じ時期とあっては環境問題に対して提案するデザインが見たい。ただしデザインのプロとして人に見せるものであれば、単に紙を減らした、リユース、リサイクルします、というより、もっと斬新な、見る人の意識を変えるようなデザインコンセプトの提案があってもいいように思う。

先日読んだ朝日新聞の立命館アジア太平洋大学出口治明学長のインタビュー記事で、気になった言葉があった。
そもそもイノベーションとは何でしょう、という質問に対しての答え。
「この言葉を定義した経済学者のヨーゼフ・シュンペーターによると、イノベーションとは既存知の組み合わせです。知と知の間の距離が遠いほど、面白いアイデアが生まれる。」
((インタビュー)イノベーション立国論 立命館アジア太平洋大学学長・出口治明さん)

今のインテリア/プロダクトデザインの範疇から、遠いところにあってまだ気がついていないけれどデザインが活きる方法は何かないだろうか。そんな疑問を持ちながら生活、社会を見ていく事が必要なのではないだろうか。

# by dezagen | 2019-09-23 17:50
ロンドンデザインフェスティバル その1
ライター渡部のほうです。

毎年恒例の弾丸旅行で、ロンドンデザインフェスティバルに来ている。

期間中、200から300の展示やイベントがロンドン中で開催される。エリアを11に分けているが、キングスクロスエリアだけでもこの通り。かなりの物量だ。
ロンドンデザインフェスティバル その1_b0141474_15141638.jpg
ロンドンデザインフェスティバル その1_b0141474_15144904.jpg

まずは、メインイベントの1つ Design Junction へ。
ロンドンデザインフェスティバル その1_b0141474_15153286.jpg
キングスクロスエリア一帯が一大商業地区に変わりつつあり、天気も良好な土曜日ということもあって、エリア一帯(デザインイベントが目的かどうかはともかく)すごい人出。

ロンドンデザインフェスティバル その1_b0141474_15160037.jpg
一番下に見えるのがキングスクロス駅。鉄路が繋がってるので分かるだろうか。
この黄色い部分が、Design Junction が行われているエリア。Steuart Padwick の木製ロボット(的な、とはいえ実は動かないのでちょっと残念だったが、インタラクティブオブジェ)があったり、若手から大手メーカーまで出展するブースの建物があったり、と1つのイベント内でも多様な「デザイン」の表現が見れる。

ちなみにこの地図上で黄色く塗られた1、2、3、5、6の間にある四角い建物の中に、ロンドン芸術大学の1つとなったセントラル・セント・マーチン校がある(2011年に中心地のソーホーエリアから移転)。

・デザインイベント、変わる出展者の傾向

興味深かったのは、これまで「家具」を中心としてインテリアデザイン周辺の物が展示されていた傾向が、ここ数年小さい小物、すぐ買えるようなインテリアアクセサリー、あるいはステーショナリーなど、ざっくり言うとライフスタイル雑貨、が増えている事。
また即売も OK としているところが多いので、普通に買い物に来る、という感じだ。

こうなると、建築やプロダクトデザイン関係の人達が集まるイベント、というよりは、グラフィックデザインやテキスタイルデザイン関係の人達も一緒になり、一般消費者にもアピールできるものが、来場者も多くなってくる。

個人的に面白いと思ったのは、ポスターを売る、という事。

ロンドンデザインフェスティバル その1_b0141474_15162609.jpg
写真は Dorothy https://www.wearedorothy.com というマッピング(実際の地図や、概念図マップなど)を印刷物にして売っているユニット。普段はリバプールをベースに、オンラインでビジネスをやっている。
すでにオンラインで発表、販売の場を持っている人は、こうした見本市は実物を見てもらうのと同時に即売会ともなる。バイヤーとの交渉がともなう見本市とはかなり意味が違う。

他に Tom Pigeon https://www.tompigeon.com の幾何学形態だけで構成されたポスターがとても良かった。(記録を見たらこんな写真しかなかった、、、Tom Pigeonもオンラインで販売しているので、そちらの写真を参照して下さい。。。)
ロンドンデザインフェスティバル その1_b0141474_15172168.jpg

こうしたイベントで販売されるポスターは、アーティストのアート作品複製ポスターや実際の広告に使われているポスター、あるいは映画やアイドルのノベルティとは異なり、グラフィックデザインのポスターである。
グラフィックデザインはポスターという商品として価値があるのだろうか、簡単に言うと、売れるものなのだろうか。
Dorothy、Tom Pigeon ともに聞いてみたのだが、アクセサリーやステーショナリーなど実用性のある小物の方が売れやすいのは事実だが、ポスターも安定して売れているとのこと。また、オンライン上で販売する際に、特に住宅事情が異なるアジアだから売れないということもない、とのことだった。

日本やアジアのインテリア系のデザインイベントでグラフィックデザイナーが印刷物を見せたり販売するのは、まだあまり定着していない。これをどう捉えればいいか、考え中である。

# by dezagen | 2019-09-22 15:21 | イベント