エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
北京で見たもの
ライター渡部のほうです。

昨年からたびたび中国に行くようになり、現地のパッケージも見慣れてきて「とりわけレポートというほどでも」という気分だったのだが、やっぱりよく見ると日本と全然違う。ということで、北京のパッケージ篇。

特に、北京の中心地に泊まっていたためか、旧来の建造物保存のため大型の土地開発がなかなかできない。店も個人商店のような小さいものがほとんど。となると、大型チェーン店とはまた違った品揃えで、新旧混在。

スーパーマーケットのペットボトル飲料コーナー。こうしてみると日本と大差ないようにも見えるけれど、色の使い方はかなり派手。
b0141474_09111888.jpg
北京で一番最初にびっくりしたのはヨーグルトかも。
ガラス瓶入り。瓶はその場で返すので、「ここで食べて」と言われる。
b0141474_09004070.jpg

紙のふたを開けるとすぐヨーグルト。かなり固形なのだが、ストローで飲む(すする)。
b0141474_09005548.jpg
袋入り牛乳。液状、半液状のものが袋入り、というのは割と多い。
b0141474_09023968.jpg
着いた日は30度近く、とかなり暑く、滞在中毎日1本アイスバーを食べる。種類が多かった。
日本にもあるチョコレートコーティング系とかパフェ系とかもあるのだが、あえてここは私の趣味セレクト。
b0141474_09011719.jpg
包み方が簡単なんだな。アイスバー+紙、以上、みたいなの。
b0141474_09021564.jpg
上のアイスバーシリーズが一番うまかった。小豆、緑豆、ヨーグルト、ミルクフレーバー(他に麦味というのがあるらしい)。あえてレトロなパッケージグラフィックにしてるようだが、本当に昔ながらのアイスバーの味。
これもぺろっとうっすい紙を巻いただけ。それにしてもどうやって巻くのだろうか。きちんとアイスにくっついているし、剥がす時は破れないし、棒のところをひねっているところを見ると、手作業なんだろうか。その工場の巻く部署を考えるだけで寒い。
会社のウェブサイトがあった。寿光华银食品 http://www.huayinshipin.com/nav/27.html

最近日本で見ない、割って食べるタイプ。
b0141474_09013938.jpg
このメーカー北冰洋は飲料も出していて、これも懐かしい感じのオレンジ炭酸ジュース↓。ジュースがうまかったんで、アイスも外れなかった(らしい)。
b0141474_09015650.jpg
缶といえば、コカコーラはインターナショナル感溢れる(もしデザインリニューアルしてなければ、アラン・チャンのデザインのはず)しゅっとした感じ。
b0141474_17284870.jpg
漢字ロゴもカッコいいけど、蓋部分の文字の刻みがカッコいい。
中国の漢字は先が尖った鋭い字体がいい。
b0141474_09035464.jpg
毎度おなじみ、「牛」シリーズ。
パッケージじゃないけど、この「牛」は非常に良い。勇ましい。
b0141474_09041912.jpg
乳がピンクなのがダイレクト過ぎるホルスタイン系。
b0141474_09114103.jpg
牛キャラ。どこの国にもいるが、牛ってこんな生やさしいもんじゃない。かわいくしないで欲しい。
b0141474_09115481.jpg

絶対マズいだろうなーと期待しないで買ったフルーツパン。
b0141474_17385529.jpg
これが、ゴロゴロドライフルーツが入っててうまかった。5元は80円くらい。また食べたい!

昨今世界的にもUberEATSとかデリバリーが流行ってるが、中国都市部の出前文化は多分世界の先端を行ってる。スマホで呼ぶだけ。決済もスマホ。しかも種類が半端ない。

容器もデリバリー用に、下にご飯、上におかず二種を入れるパッケージになってる。
b0141474_09102396.jpg
頼めばこんな鍋みたいなのもあっつあつでやってくる。よく容器が壊れないもんだ、と思う程ペコペコのプラスチックだけど。
b0141474_09122353.jpg
パッケージとは関係ない。単なる洋品店。私の世代には懐かしい、YMO増殖的な何か。
b0141474_09104120.jpg

b0141474_09105872.jpg
北京は50代にはたまらない都市。

by dezagen | 2019-05-13 17:47 | プロダクト・パッケージ
高田唯北京個展と中村至男上海個展のPRについて
ライター渡部のほうです。
(今回はです・ます調で敬称略です)

現在北京にいます。
高田唯の中国二度目の個展、北京での『一花一日』の開催準備。本日が内覧会です。

b0141474_14164454.jpg
b0141474_14171514.jpg

公式HPはないのですが、以下、主催のNEUEのfacebook
で詳細が見れます。

まずは概要。

「一花一日:高田唯展」
期間 2019 年 5 月 4 日〜5 月 31 日
開場時間:9:30〜18:30
場所:敬人纸语(北京市东城区地安门东大街甲89号南锣鼓巷福祥胡同内)
展示会場の入場料:30元(店舗は入場無料)

となります。この期間中北京にいらっしゃる方は是非。

今回の主催NEUEのデザイナーを紹介する展覧会プロジェクト、北京の高田唯の後には8月上海で中村至男、と続きます。
この二人のプレス用のポートレートを撮ろう!ということで、上海のフォトグラファー、宋万杰(ソン・ワンジエ 欧文表記:Julian Song Wan Jie)に撮影してもらいました。

以下その中から抜粋。

b0141474_14214549.jpg
b0141474_14221334.jpg

b0141474_14223102.jpg
b0141474_14225307.jpg

b0141474_14231608.jpg
b0141474_14233378.jpg

普段の高田唯、中村至男のポートレート写真、もしくは他のデザイナーのポートレートを見慣れている人にはかなり異質な写真に見えるかもしれません。
俳優みたいな雰囲気だし、ヴィヴィッドな服着てるし、顔の表情も強い。
多分、この写真を日本の媒体で(このブログも日本の媒体ですけどね)ポートレート写真です、と使うのは難しいと思います。そんな写真をあえて撮ってもらったのには理由があります。

今回もそうですが、毎回中国に来ると人々の強さに圧倒されます。もともと大陸と日本の島国の気質が違う、というのもあるのでしょう。加えて、成長中の国の「もっと色んなものが欲しい」「もっといい生活がしたい」こういった貪欲さが、日常の生活、道行く人々からも感じられるのです。
人々からの需要の強さに対して、供給の力も強く、そうなるとメーカーの広告も強い、パッケージも強い。デザイン自体も強ければ、デザイナー自身も見せ方が強い。

デザイナーも人々もしくはクライアントの期待に応えられるだけの力強さを持つ必要があります。それが感じられるデザイナー像も存在するわけです。もちろん個人差はありますが。

ならば一度、中国スタンダードに合わせたポートレートがあってもいいのではないか、などと考えていたのが昨年末。
そんな時に出逢ったのが、宋万杰の写真でした。
イギリス発のデザインニュースで取りあげられていたのを見たのが最初でした。

宋万杰のインスタグラム https://www.instagram.com/juliannn_song/ で見ると分かりやすい。色も形も美しさも、時代性も皮肉も、すごくいい瞬間を切り取るフォトグラファーです。


聞けば彼が一緒にプロジェクトをやった時の衣装デザイナー、上海ベースの台湾人Angus Chiang (オフィシャルウェブサイトwww.anguschiang.com インスタグラムページ https://www.instagram.com/anguschiangofficial/  ) は昨年の高田唯上海個展にも来てくれたそうで、作品が好き、とのこと。
ならば!ということで、宋万杰に撮ってもらう写真にAngusの衣装を使わせてもらおう。やるなら徹底的にやってみよう、と、思った事を口に出したら宋万杰が場所やセッティングを決め、モデルさんの撮影も合わせてスタイリストさんも呼んで、とあっという間に独特の世界観作りをしてくれた、という経緯で出来たのが上の写真群です。

プロジェクトとして作ったこれらのポートレートは主に中国語圏でのPR素材に使う予定ですが、冊子にしてみたい欲も出てきました。まだ全然未定なんで、どうなるか分かりませんが、思った事を口に出すと2倍3倍のパワーで返ってくる国なので、本当にどうなるのか。。。

最後に、ポートレート撮影スタッフの記念写真を。黄色の服を着ているのが宋万杰です。

b0141474_14244488.jpg
Hair by ZaiXuan Li, make up by Beata Xu, produced by BiBo,the model is MengGe Yi


by dezagen | 2019-05-03 23:07 | 展覧会