エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2013年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
オーストリア航空ビジネスクラス
ライター渡部のほうです。

ウィーンより戻ってきました。
今回どんなものを見て来たのかざっとご紹介。

今回の旅行は、オーストリア航空のプレスツアーで、なんとビジネスクラス。
私のように自費旅行の多い人間はなかなかビジネスには乗れない。
最近やっと5回に1回くらいそういうチャンスがやってくるようになってきたけど。

b0141474_646665.jpg

これは帰りの便の時の写真。
席が四角いのできゅっとした印象があるけれど、座ってしまうと、かなりゆったり。
ベースカラーを、コーポレートメインカラーの赤、白+サブで水色とグレーを起用。
乗務員のユニフォームがジャケットからストッキング、靴まで真っ赤なのがかわいらしいのです。
(「これがブロンドに似合うんですよね」とオーストリア航空の人に言われて、確かにその通り。とはいえ、アジア系の方も赤一色できゅっとしたかわいらしさに。赤一色でない男性のユニフォームもさっぱりしていて素敵)

こちらも帰りの便の時の写真だけれど、一人席。
b0141474_2461445.jpg

見ようによっては寂しい感があるかもしれないが、一人にして欲しい私には極楽。

b0141474_2465799.jpg

昨今はエコノミーでも珍しくなくなっているけれど、電源とUSBがちゃんとあるので仕事体勢万全(仕事しなかったけど)。
下の部分は物入れ、メガネとか小さい道具とか、そんなものを収納するスペース。
鹿や馬など、何種類かの刺繍モチーフはオーストリアの伝統的なモチーフを選んだとのこと。

お食事はおいしゅうございました。
食器がよく出来ているところがミソ。
b0141474_2503896.jpg

三角のプレートなので(確かエコノミーも三角お皿だったと記憶)小さいテーブルが混み合わないのがいい。

最初のナッツが出てきたところで、「あ!」
b0141474_2511588.jpg

顔に並び変えてみました。
こんなことしてる人いないだろうけど。

b0141474_392684.jpg

赤一色でない男性のユニフォームを撮り忘れ。
かろうじて撮っていたのは、上條さんと「ウェス・アンダーソンの映画に出てきそう」で合意したお洒落っ子。
スイーツ好きな人はカートの上のザッハートルテにご注目。
オーストリアンのケータリングを手がけているDO&COは、デメルの親会社でもあるので、もちろんスイーツはデメルのでございます。

で、ギンガムチェックと花柄縁取りという、おばあちゃんの手芸的チロリアーンな寝具にくるまって
b0141474_2524564.jpg

寝てしまいました。
同乗の編集者、上條桂子さん曰く「ちっとも起きなかったので不安になった」ほど寝てました。
ちなみに行きも帰りも食事以外ずーっと寝てました。
このところ、離陸と同時に眠くなり、着陸の振動で目が覚める、飛行機向きの体質になっております。
by dezagen | 2013-12-03 03:00 | インテリア
世界のブックデザイン2012-2013[続き]
編集宮後です。
先ほどの続きは中国から。

b0141474_1549391.jpg

b0141474_15491088.jpg

中国は、毎年必ず手で綴じた系の本が出品されます。
今年は3冊くらいありました。単なる四つ目綴じではない
力技的な書籍たち。

毎年、変な本がたくさんあって楽しいオランダは
やはり今年も期待を裏切りません。
イランで検閲された新聞記事の写真だけを集めた冊子、
すべて二つ折りのページを綴じ込んでいる本(何のため?)、
美容整形クリニックの診察イスばかり集めた写真集、
四つ折りポスターを重ねただけの綴じてない冊子、
水が大好きなおばさんの写真集(しかも防水加工済み!)などなど。
少部数とはいえ、ずばぬけて変。

b0141474_15492128.jpg

『シッケンズプライズ・モンドリアンレクチャー』(オランダ)
連続レクチャーシリーズの冊子。四つ折りポスターを重ねただけ。
ポスターとして掲示したあと、重ねて綴じられるというコンセプト
なのだろうか、はっきり書いてなかったけど。オランダは
蛍光色のグラデーション使いが他の国より多い気がします。

b0141474_15493553.jpg

b0141474_15494145.jpg

『シグリード・カロン』(オランダ)
リソグラフで印刷された作品集。日本では「レトロ印刷」として
有名になった印刷方法。インキの色も日本と同じなので、
同じ機械で刷っているのでしょうか。

b0141474_15495113.jpg

『空想動物の動物園』(オーストリア)
ウィーン応用美術大学の学生が描いた空想の動物をまとめた折り本。
折り本は蛇腹のように広げることもできるし、
本のように頁をめくることもできる形態なので、
イラストの表現には向いていそう。

スイスは造本や組版が美しい、
玄人受けしそうな本が安定して選ばれています。
ぱっと見、地味だけど、いい本が多い印象。
写真だと良さが伝わりづらいので割愛します。

全体の展示の傾向としては、
昨年よりも書店で買える本が減って
部数が少ない特殊本が増えている感じがしました。
そのような状況を考えると、書店売りしている
書籍も多数入賞していた日本は健闘しているのかもしれません。

展示されている書籍は約200点あるので、
時間がとれるときの見学をお勧めします。
展示は来年3月2日まで。
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/131130/index.html
by dezagen | 2013-12-02 18:26 | 展覧会 | Comments(0)
石巻ちゃっこいバッグ展
編集宮後です。
クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンで開催されている、
「180人のクリエイターとウェットスーツメーカーがつくる
石巻ちゃっこいバッグ展」を見てきました。

デザイナーやイラストレター約180名が小さいバッグをデザインし、
それを実際にチャリティーで販売するという試みの展覧会です。

1990年より毎年年末に行われている企画ですが、
2011年以降は東日本大震災で被災した地域や企業と一緒に
ものづくりが行われてきました。

今年は石巻にあるウェットスーツの製造会社モビーディック社とともに
ウェットスーツの素材を使ったバッグを制作。クリエイターがデザインした
バッグが会場に展示され、気に入ったバッグを予約注文できるようになっていました。

b0141474_17381796.jpg

b0141474_1738246.jpg

b0141474_17383082.jpg

b0141474_17383745.jpg


バッグは1点5000円で、売り上げから製作費や送料を引いた金額が
「いわての学び希望基金」、「東日本大震災みやぎこども育英募金」、
「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に寄付されるそうです。

注文を集めてから1点1点バッグを制作するため、
完成して届くのは来年5月ごろとのこと。
ウェットスーツ素材なので、デジカメやスマホなどを
入れておくのにもよさそうです。

寄付金を集めるということで考えれば
売れそうなバッグがよいのかもしれませんが、
クリエイターにとっては自己表現の場でもあるので、
その兼ね合いがむずかしいところです。

私も1点、注文してきました。
出来上がるのが楽しみです!
by dezagen | 2013-12-02 07:40 | 展覧会 | Comments(0)
Jan Tschichold ヤン・チヒョルト展
編集宮後です。
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されていた
Jan Tschichold ヤン・チヒョルト展」が
終わってしまいました。約300点近いポスターや
書籍が展示されていたので、1回で見切れませんでした。

会場写真を忘れていたので、アップしておきます。
b0141474_17144765.jpg

b0141474_1715734.jpg


展覧会は終わってしまいましたが、
展示作品を収蔵した図録が制作されています。
表紙のJTの文字はチヒョルトがデザインした書体Transitoでしょうか。
1930年代の書体ですが、今見ても新鮮。
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/news/detail.cgi?seq=0000320&type=1&t=1

チヒョルトのブックデザインはモノトーンなイメージがあったのですが、
ポスターや書籍の色使いも美しく、いま見ても参考になります。
by dezagen | 2013-12-02 07:16 | 展覧会 | Comments(0)
世界のブックデザイン2012-13
編集宮後です。
現在、凸版印刷 印刷博物館で
「世界のブックデザイン2012-13」が開催されています。

「世界で最も美しい本コンクール2013」の受賞作、
日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国、
ベルギーで開催された各国コンクールの受賞作約200点を展示。
展示物は実際に頁をめくって見ることができます。
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/131130/index.html

「世界で最も美しい本コンクール2013」の受賞作は入口すぐ
一番手前に陳列されています。日本からは『魯迅の言葉』が受賞。
今年は全体的におとなしめな感じがしました。
b0141474_18265598.jpg

b0141474_1827330.jpg


右側の壁面はカナダの受賞作。カナダはシンプルで控えめだけど
いい造本が多いです。今年も早速発見したのがこちら。

b0141474_18271594.jpg

↑『Warehouse Journal』、直訳すると「倉庫ジャーナル」。
いろいろな倉庫の写真、平面図を集めた定期刊行物。
倉庫っていうのがマニアックでいいですね。

b0141474_18272639.jpg

b0141474_18273462.jpg

↑『バレンツのレッスン 建築2012における教育と研究』
北極地方にあるバレンツ海の資源を記した学術書のようですが、
挟み込みの地図が美しい。この配色、ちょっと真似できないです。

b0141474_18275818.jpg

b0141474_1828436.jpg

↑『挑戦 バーゼル新聞の歴史』
こちらも研究書のようです。表紙の大胆なタイポグラフィや、
中頁に挟まっている新聞のイメージが効いています。
学術書でもこんなに素敵という好例。

b0141474_18281397.jpg

↑私がすきなコーナー「ここがポイント!印刷の技」。
凸版印刷の凄腕プリンティングディレクターがかかわった
書籍の紹介。すごい印刷技術が見られる必見コーナーです。

(次に続く)
by dezagen | 2013-12-02 07:05 | 展覧会 | Comments(0)
『スーパー!』が出ました
ライター渡部のほうです。

今回は自著宣伝のため、です・ます調で書きます。

現在ウィーンにおります。
何をやっているかというと、某プレスツアーの取材を終了し、若干延泊して、サービスアパートメントの中で普通に仕事をし、近隣のスーパーマーケットとドラッグストアで買い物をして、簡単な料理を作って食べて、現地で購入したシャンプーなどで風呂に入り、寝て、また仕事をし、と、ほとんど東京と変わらないことをしております。

海外にはしょっちゅう行きますが、大概は取材他仕事以外に名所旧跡、おしゃれショッピングスポットに行くわけでもなく、フツーの生活をしてしてしまうのは、基本的には面倒くさがりだからだと思いますが、一方で現地のデザインを知るにはデパートや「デザインショップ」ではなくて、住宅街にいてスーパーマーケットとか公共プールとかを見る、使うのが一番早いよな、と思っているからでもあります。

で、こんな本を出したわけです。

b0141474_15414787.jpg


『スーパー!』飛鳥新社刊 1500円(税込み)
www.asukashinsha.co.jp/book/b146003.html

2005年から今年2013年まで、撮り続けてきたスーパーマーケットやドラッグストア、商店、市場の主に商品、の写真を、この表紙の調子でただひたすらに並べていった、という本です。
この8年で巡った国・地域の数は25。旅行回数で言うと53回。
自分でもかなりのものだと思います。
ですが、結局見ているものは普段の生活と変わらず、普通の生活用品やら食品なのでした。

パッケージを主に出していますが、特にデザインや海外市場戦略のためのアドバイスが書いてあるわけではありません。
写真に吹き出しが付いているので、漫画感覚とでもいいましょうか。
海外に行くと、日本の常識では「?」というようなものがある、ということだけ分かってもらえればいいかな、という調子の本です。

そうこうしているうちに、明日はすでにウィーンを去る日になってしまいました。
スーツケースはスーパーで買った食材とドラッグストアで買ったバスソルトで埋まっています。
by dezagen | 2013-12-01 07:22 |