エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
オモケンその2
 いやー、結婚式、面白かったわ〜。ディナーショウ並のエンターテイメント、と前日の余韻に浸っていたら、10分遅刻。アトリエに入るとすでに参加者全員がエプロンを付け、もくもくと作業をしている。い、いかん。早く作業に掛からねば……。

b0141474_23333982.jpg


 ……私の記憶はここで切れている。
 気を失ったわけでも、記憶喪失になったわけでもなく、作業に無我夢中。ひたすらにゴールに向かってまっしぐらだったのだ。
 模範の完成形があるわけではないからあれやこれやのトライアル&エラーを繰り返しつつ、目指すところを自ら見つけ、突き進む。作業中のビデオを見せてもらったら、あまりにもいい顔の自分発見。むちゃくちゃ楽しかったらしい。アドレナリン出たんだな。

 で、できたものが下のものです。作品名「HIDEKI」

b0141474_23344043.jpg


 中古オモチャ屋で見つけたリモコンカーのパーツを100円ショップで見つけたブーメランにくっつけただけである。意図せずリモコンカーがやや壊れていたため、バランス悪く走るのが、なんとなく踊っているように見える。プラスチック感丸出しのブーメランだとあまりにもあんまりなので、木目シートを貼り付け、ややタピオ・ウィルッカラ風仕上げにしてみた。
 ビバ!武蔵小山商店街PALM。なんでもある。

 と、完成できたのは嬉しかったが、参加者皆さんの作品と比べると、私のはまとまりがあるだけにつまらない。まとまりを最初から意識してしまうと、発想力の妨げになる。まとまるのは最後でよろしい。まとまっちゃいかん。

 度肝を抜かれたのは、紅ショウガが出てくる銃「紅しょう銃(ベニショウガン)」(カラシニコフ並の大きさで10メートルくらいショウガがぶっ飛ぶ)と、「デコペン」(ペンを使うと指状なものにばしーんとはったかれ、ペン先からはコーヒーがドバーっと出てくる)。
 「デコペン」作者の鈴木健太君、実はスーパー小学生アニメーター。鈴木君のサイト。
http://web.mac.com/mac_suzy/
 
 この日も夜に予定があり、発表会まで見れなかったのが残念至極だが、作品は映像としてyoutubeにアップしてくれるので、後で堪能することに。

 土佐社長曰く、発想から製品になるまで、二つの壁がある。
 1「発想を形にする、作る時の壁」。
 2「作ったものを人に見せるものにする壁」。
 ワークショップ内だけでなく、youtubeで不特定多数の人の目に触れることで、さらに気が付くこともあるだろう。これは正にプロダクトデザイナーの疑似体験。

 見る側としては、小学生のアイデア最高!できれば65+な方々の作品も見てみたい。あるいはデザイナーさん、商品企画さん、ネタに詰まった、燃え尽き症候群になってしまった、そんな方々へお奨めしたい。

『ナンセンス・オモチャ研究所』問い合わせ。
(次回開催は、12月13日(土)、14日(日)。
 申し込み締め切りは、12月3日18:00だそうです)
http://www.maywadenki.com/info/081015.html
by dezagen | 2008-12-02 00:32